2015年08月09日

明日10日は夕方まで会社が留守になります!

 本日昼過ぎ、「青林工藝舎サマージャンボフェア」開催中の神保町・書泉グランデさんへ、後藤友香さんの自費出版本と丸尾さんの「DDT」サイン本を高市ぴいこといっしょにおじゃまして納品。サイン本もかなり欠本が出て来たので、後半に向け、また徐々に補充して行きますのでお楽しみに! また来週日曜16日は、近藤ようこさんのサイン会が開催されるのでよろしくお願いします!

CL80AYyUsAABR-b.jpg
渋谷直角さんもオススメ!後藤友香さんの自己啓発本3種。


CL8z1p8UAAEG6vo.jpg
これはかわいい!ひろせべにさんのポストカードセット2種。


CA391968.JPG
神保町もずいぶん様変わりしてしまいましたが、路地に入ると昔のままの風景も残ってます。ラドリオとミロンガ、良く通った喫茶店ですがまだ健在です!


 ドトールで一服してから【虫がおしえてくれること
〜「二十四節気 虫のお話」原画展〜】開催中の神楽坂・かもめブックスへ。秋山あゆ子さんのすばらしい原画を堪能し、本のコーナーへ移動したら、秋山さんとバッタリ! お会いするのはかなり久しぶりだったので、場所を変えて3人でお茶。胆石を患ってからというもの、食生活を見なおしているという秋山さん、すっかりやせてしまい、最初分からなかったくらいでしたが、今はもうお元気そうで何よりでした。で、話題はハシビロコウから深夜バスまで、好き勝手にいろいろ雑談。書泉グランデの追加サイン本も明日から着手してくれるそうなので、ファンの皆様、もう少々お待ちを!

CA391973.JPG
秋山あゆ子さんお手製の小冊子。レジで申し出れば無料で配布してくれます。是非ゲットして下さい。


 早稲田まで歩いてバスで会社まで。お盆休み前にやらなきゃいけないことがいろいろあるんだけれど、でも何だか疲れてしまったよ。
 明日は朝10時から、2月に他界した香田明子さんのマンションの荷物撤去作業を全員で。ですので、朝から夕方まで会社が空っぽになります。ご迷惑おおかけします。

 しかしまあ、亡くなってから約半年、やっと部屋が片づけられる。身内ではないので手続きがいろいろとややこしくて大変でしたが、やっとここまで来たか、という感じです。仕事の合間合間にいろいろと動いてはいたのですが、出口が見えない状態が続き、正直かなりのストレスでした。11日には業者が入って完全撤去となるので、これで半分はカタがつきます。あとまだ残ってるのは公的な手続きや納骨ね。それもあと半年ぐらいかかる、とうことなので、ま、気長にやろうと思います。

 しかしまあ、人間死ぬときは軽い身の方が圧倒的に良い。いつあっちの世界へいっちゃうかわからないからね。あと、自分にとっては宝物でも、世間ではそれを「ゴミ」と呼んでいることも良く分かりました。自分の部屋を振り返ってみれば、もうゴミばっかだ。「これ、可愛いなぁ」なんて買った趣味の小物も自分が死んだらただのゴミ。そう考えると買うことさえ虚しくなってくる。
 さらに、今回の件でいろいろ経験をした結果、自分の部屋に金目の物は一切無いことも良くわかりました。
 それ以前にもウスウスは感じてたんですがね。何年か前に、日中泥棒に入られたことがあったんですが、何処をどう見ても取られた物が一個もない! 現金もなければ質屋に売れるようなジュエリーや貴金属もないし、ブランド物のバッグも洋服もない。泥棒も入ってはみたものの、あまりの物のなさに相当焦ったと思いますね。昔箱根で買った寄せ木細工の箱、簡単に開かないヤツね。それも頑張って丁寧に開けてあったんだけど、そこに入れてたのは…、ニャラキーのピンバッジ1コのみ。ベトナムのお土産でもらった螺鈿の小物入れ、これも開け口のカメの形をした金具がピンッてなってたんで、あけたんだろうなぁ、泥棒。でも中に入ってたのは、以前丸尾さんとバルセロナのコミックフェスに行ったとき、パリから合流した友沢親子のこたおちゃんと丸尾さんが、砂浜でひろってくれた奇麗な石1コのみ…。
 泥棒にしてみれば大ハズレの部屋でさぞや落胆したと思うけど、そのお陰で分かったのは、私の部屋に、世間で認めてもらえるお宝は一個もない、ということでした。「ゴミしか集められないクズめ!」と世間から罵倒されてもおかしくない私の人生、しかし「それもまたよし。」ということで、ゴミは徐々に処分しようと思います。死ぬときぐらい人様に迷惑かけないよう、生きてるうちから心がけたい、とつくづく思ったワケであります、ハイ。(手塚)

KIMG0098.JPG
今月24日搬入予定の『アックスVol.106』の表紙校正紙。特集は神村篤氏です。9月には初の作品集も出ますので、乞う御期待!


CA391944.JPG
少し前になりましたが、隅田川花火大会。今年も丸尾末広さん宅の屋上で。向かって右からカネコアツシさん、丸尾さん、都スロコンブさん、そして写真には写っていませんが、コミックビームの岩井さん、フランスからルカさんもいらっしゃってました。


CA391929.JPG
猛暑でグッタリが続くかわいこちゃん。涼しい机の下に潜り込んでは仕事のジャマをしてくれます。でもかわいいから許す!
posted by 青林工藝舎 at 21:17| 日記

2015年07月19日

フェア・カレー・ポンチャック・句会〜の日々

 16日午前、世界堂でフェアに使う諸々を購入してから出社。
 午後、筒井ヒロミさんがwebアックス『放電横丁』に連載中の「もちが焼けたよ」の新作データを持ってご来社。で、SEの経験もありwebに詳しい筒井さんに、その新作とまどの一哉 さんの「ロマンガロン」をアップして貰いました。私と言えばそーゆーことには致命的なほど音痴ときているので、説明書を読んでもまったくわからない。アップするまでのデータ作成までは出来るんだけれど、肝心のアップが未だに出来ないのでやって貰っちゃいました。筒井さん、ありがとうございます。ホント、助かったわ。で、アップ作業をしていただいてる間、書泉グランデのフェアの準備をバタバタと。

CA391898.JPG
前に一度やっていただいてるので「今度はすぐにアップできると思います」という筒井さん。なんでみんなこんなややこしい作業を簡単にこなせるのか…、フシギだ。


 17日、朝からフェアの準備。18日からだっつーのにこの為体。こちらが急がないと書泉グランデさんの準備が遅れてしまうので、焦りまくって汗びっしょり。夕方、グランデの増尾さんがわざわざフェア商品を受け取りに来て下さいました。ホントにもー、すいません!
 夜、ベンチウォーマーズミキジくん、カレーの島田さん、カラスヤサトシさん達がご来社で次号「ほっかほっか通信」のカレー対談をちゅんこ部屋で。島田さんがマサラワーラーのカレーをたくさん持ってきてくれたので、レコジャケイラスト作業中の根本(敬)さんも一緒に皆でいただきました。相変わらずウマイ! 島田さん、ごちそうさまでした。
 その島田さんが来ていたカレーTシャツですが、地色はもちろん黄色、しかもプリントされた文字は米粒を並べて描かれた文字だ、ということを「あれ、何処に売ってるんだろう」と食いしん坊の高市ぴいこがずっと気にしていました。

 18日昼過ぎ、この日から始まった「青林工藝舎サマージャンボフェア」の様子伺いで書泉グランデさんへ。「秋山(亜由子)さんのサイン本がもう完売しちゃいました」とのことでビックリ! 他の本もサイン本を中心に順調な売れゆきだったので一安心。フェアは8月31日までと長丁場なので、時期を見てまた新たにサイン本を増やそうと思います。本を買われた方には栞やポストカードを差し上げますので、レジで貰って下さいね!

CA391902.JPG
こちらの発送が遅れてしまいましたが、当日何とか棚に収めていただきました。すいません! これからいろいろ変な物を増殖させてカオス状態へと持って行きたいと思います。


 会社に戻りちょこちょこと次号アックスの準備をした後、8時過ぎ、高市ぴいこと一緒に両国RRRへ。お昼12時から開催中の「★Pongchackify Your Life★幻の名盤解放同盟によるポンチャックDAY」に参加。大好評だったポンチャック占い(1回300円)はすでに終了し、これからポンチャックDJが始まろうとするところでした。体の芯から力が抜けるような独特な心地よさがたまらないポンチャックを全身に浴びながら、慌ただしかったここ数日間の疲れを癒してみました。夜11時解散。

KIMG0073.JPG
会場には所狭しとポンチャックのカセット約800本が並んでました。でもまだまだあるらしいよ。


KIMG0081.JPG
ポンチャックDJも終わり、挨拶する同盟。前半のポンチャック占いとDJの時間も人生相談を受けていた船橋さんは声がガラガラになってました。


CA391909.JPG
壁に貼ってあったポンチャックカセットジャケ。おっとタイムリーだぜ!


CA391906.JPG
イベント終了後は同盟、スタッフ、お客さんみんなで片づけ。お疲れ様でした!


 本日は昼過ぎ出社。2時から長嶋有さん主催の「なんでしょう句会」がちゅんこ部屋で開催されるので、志村クンと一緒に軽く掃除。句会のゲストは堀道広さんで、お題に「パン」があったらしい。ということで、総勢12名でパンを食べながらの句会は時々笑い声が聞こえてきて楽しそう。パンをお裾分けしていただきましたが、これまたスコブルうまかった! ジンジャー味の糸瓜(多分)のスープも美味しかったです。ごちそうさまでした。

 で、本日の夕食は引き続き作業にきていた根本さんも一緒に、ジャワカレー、トマトとブロッコリーのコンソメスープ、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

IMG_7951.JPG
18日夕方、突然現れた大きなW虹。河田町ビル4階からパチリ。高層マンションがなければきれいなアーチがとれたのにジャマだなぁ、金持ちのみが住めるマンション、ホントにジャマ!


CA391896.JPG

CA391912.JPG
猛暑になってから、クーラーの風が当たるところで寝てばかりいるらっちゃん。しかし夜は打って変わってハッスルタイム! お気に入りの人形を咥えてきたり散歩をせがんだりと元気モリモリになるけど、夜になると萎んで行くおばちゃんは、ついて行けまへん。
posted by 青林工藝舎 at 22:55| 日記

2015年07月13日

神村篤さん、静岡からご来社!

 本日午前中、タコシェの中山さんご来社で、仏で行われた「MANGARO」「HETA-UMA」展の作品、汗だくになりながら最後の返却作業。結局夕方近くまでかかってしまいました。この暑い中ホントにご苦労様です。

CA391886.JPG
中山さんからお手製のパウンドケーキ(フルーツ&クルミ入り)をいただきました。もうね、お店に出せるくらいプロの味、おいしかったぁー、ごちそうさまでした。


 午後イチでアルバイトのはっち(八谷さん)出勤。18日から始まる書泉グランデフェア用の缶バッチとキーホルダーを夜の7時までビッチリ作ってもらいました。助かったわ、ありがとう!

 午後2時、静岡より神村篤さんご来社。次号『アックスVol.106』の単行本発売記念巻頭特集で約1時間半のインタビュー。前回来社されたときにちょこちょこっと話をきいていたのですが、今日はいろんなことを詳しく聞けたので面白かったし楽しかったナ。マンガの他に本や音楽の話等々、いっぱいあるよ。今回はその関連写真も多数掲載予定。ちなみに神村さんは我が社のスタッフ志村クンと誕生の年・月が同じ、ということも判明。
 インタビュー後、駅前の喫茶店に移動しまたまた話し込んでしまいました。本日は暑い中、ホントにありがとうございました! というワケで、本日の自炊夕食はおやすみでした。

IMG_7938.JPG
自宅を出るときは雨が降ってたので傘を持って出ました、といってた神村さんですが、会社に置き忘れてしまいました。私もあわててたので気が付かなかった、取り置きしておきます。すいません!


 フェアの件でミニ色紙プレゼントに参加していただくニューヨーク在住の近藤聡乃さんとメールのやりとりの中で、今月発売の近藤ようこさんの初期作品集「仮想恋愛」の話になったとき、
ーー『はこにわ虫』の解説で林静一さんが
作家は、その処女作に、その作家の生涯にわたる主題を書き記しているという
と書かれていたのですが、最近になってそのことをよく考えます。」ーー
という一文がありました。「あっ!」と思い、私も考えさせられました。今日インタビューした神村さんのデビュー作について話していただいたとき、同じようなことを強く思いました。他の作家さんでも当てはまる人が多いのです。林さんも描き手側であるので深い言葉ですね。聡乃ちゃん、グッドタイミングで思い出させてくれてありがとう!(手塚)


CA391882.JPG
昨日両国RRRで行われた「両国アウトレット天国」に来てくれたデザイナーの後田さん、お久しぶりでした。久々に後田節が聞けて楽しかったよ!Tシャツ買っていただいてありがとう&差し入れの両国コロッケと両国あんこ煎餅、ごちそうさまでした!


0712harumi.jpg
そして両国RRR初登場の山崎春美さん。アウトレットセールの後はDJで参加! オハコになりつつある松田聖子の「赤いスイートピー」を写真がぶれるくらいの迫力で熱唱!


P1010010 (2).JPG
丸尾末広さんが本日のメールに添付してくれた愛猫のイワン。こういうおちゃめな顔の写真、時々添付してくれるので楽しみにしてます。イワンフォルダに溜め込み中。


CA391883.JPG
あまりの暑さに、久々に冷房を入れた編集部に避難してきたらっちゃん。気持ちよくなって眠りに落ちる寸前…クカ〜〜。
posted by 青林工藝舎 at 21:52| 日記

2015年07月11日

明日は両国RRRで「両国アウトレット天国」やります!

 朝8時半に起きて、洗濯、布団干し、掃除、風呂に入ってから身支度…、午後1時に高市ぴいこと阿佐ヶ谷駅で待ち合わせして、故・香田さんのマンションへ。阿佐ヶ谷の香田さんのお友達、伊澤暁子さんと濱野恭子さんもいらして久しぶりに4人で部屋の片づけ。まだ処分しなければならないものがいっぱいあるので大変。みなさんご苦労様です。
 終了後、会社に来て昨日シマトラからいただいたあんパンをバクバク食べた後、明日両国RRRで行われる「両国アウトレット天国」と18日から始まる「書泉グランデ+青林工藝舎:サマージャンボフェア」の準備を粛々と…。やっぱりいろいろやることがあるなぁ。13日月曜日は午後から神村篤さんのインタビューがあるのだけれど、まだ全然準備入れず。明日ガレージセールが終わったら会社に戻って準備しないと…。

 しかしまあ、毎月台所事情が厳しくてな〜んにも買えやしない。長靴の両底に穴が空いてしまい、雨がしみてきて靴下が濡れてしまうので長靴を新調したいなぁ、と思ってももったいなくて買えない、という話を高市ぴいこにしたら、靴底穴修理専用のボンドみたいなもんを貸してくれた。「これ、大丈夫なの?」ときいたら「何回かはくとやっぱりヒビが入るよ」だって、何だよもう…。でも一時しのぎでいいか、と夜中に靴底修理。どうかゲリラ豪雨に耐えられますように。

 私の住んでる部屋の隣りに若い男性が引っ越してきた。隣の部屋は私の部屋の2倍の広さなので家賃も高いはず。若いのにすごいなぁ、と思ってたら、先月日曜のお昼頃、クオカードを持ってご丁寧にも挨拶に来てくれたのです。今時の若者にしてはずいぶんリチギな人だと感心することしきり。しかし、挨拶に来てくれた時の私の格好が問題だ! 運悪く白髪染めの最中で、下はヨレヨレの短パンに上はバスタオルとビニールケープを肩にかけ、頭はダウンタウンが昔バラエティでやっていたアホアホマンみたいにテカテカのオールバック。何でよりによってそんな時に…。ドアをちょっとしか開けず、お礼を言ってバタンと閉めてしまったよ。その男性もビックリしただろうな、ドアがあいたらアホアホマンそっくりのババアが出て来たんだもの。私だったら友達に絶対いってるよ。「隣に住んでるババアがすごくてさ、化け物かと思ったよ!」ってな。くっそー、いいネタ提供しちまったぜ、ケッ! それ以来顔をあわせていないけど、どう汚名を晴らせばいいのか思案中。ヘタにやると逆効果ってこともあるしな。

 で、本日の夕食は冷やしきつねうどん。トッピング(ハム・大葉・茗荷・梅干し・刻んだ油揚げをフライパンで煎ってごま油、ラー油、醤油で味付けしたもの)、冷やしトマト、ライチジュース、でした。(手塚)

DSC_0084.JPG
6月29日、大阪のLOFT PLUS ONE WESTで行われたトークイベントのメンバー。向かって左から根本敬・ひさうちみちお・川崎ゆきおの各氏。濃いメンバーですね、もうほとんどもののけ!? トークショーでは80年代初頭、平口広美監督が撮った自主制作映画(主演/蛭子能収・助演/根本敬)も上映した模様。豚の臓物を砂場に置いてはそれを洗い、の繰り返しを延々一時間というどえらい映像、でも会場は和やかだったとか。それはそれですごいな。


CA391870.JPG
タコシェの個展で上京された逆柱いみりさん。帰りの高速バスのチケットを一日間違えて買ってしまい、その夜はバスに乗れず新宿のカプセルホテルで一泊。朝、そのホテルから我が社に寄ってくれたのでした。お疲れ様!


写真 4.JPG
先月、夜突然ラッキーの散歩に来てくれた神馬さんが撮った散歩中のラッキー。今月後半は大忙しなので、よかったらまた散歩しに来て下さい!
posted by 青林工藝舎 at 22:15| 日記

2015年07月10日

お久しぶりでございます

 大変ご無沙汰してしまいました。申し訳ないです。同時進行でいくつかの案件、そして入稿作業等で更新をさぼりまくってしまいました。先日、弁護士さんとの打ち合わせで、2月に他界された香田明子さんの件は、全ての手続きが終了するまであと1年ぐらいかかる、ということでした。ご親族がいらっしゃらない独り身の方が亡くなると、何でも裁判所の決定を待たなければならずで、これが恐ろしいほどに遅い。なので、京都・徳正寺さんへの納骨は早くても年末か年明けになりそう。ということで、お骨は長井(勝一)さんの分骨といっしょに我が社のちゅんこ部屋に仮安置しております。お参りされたい作家さんは、昼間でしたらOKですのでお気軽にお立ち寄り下さい(スズメっこたちは日が沈むと寝てしまうのでなるべく明るいうちにね)。

 さて、今月18日から約1ヶ月半にわたり、神田神保町の書泉グランデ2Fコミックフロアにて【書泉グランデ/青林工藝舎サマージャンボフェア+近藤ようこサイン会】を行います。面白企画盛りだくさんですよ、詳しくはイベント欄をご覧下さい!

 すでにニュースで大問題になってますが、取次店業界第4位の栗田出版販売が民事再生に入りました。出版社が抱える負債額が尋常じゃないほど大きい。我が社も他社に比べたらほんの少しですが被ってしまいました。
 でも泣き言をいってるヒマはありません。明日の飯代(ラッキーとスズメっこを含む)を稼がないことには生きて行けないので、まずはフェアの準備頑張ります!

 ということで、本日の夕食は根本さんも一緒に、餃子(根本さんのお土産)、サラダ(混合豆・ハム・アスパラ・キュウリ)、冷や奴(茗荷+大葉+アサツキ)、ザーサイ、みそ汁(キャベツ・若布・長ネギ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

CA391878.JPG
本日夕方、フェア用の色紙を描きにご来社されたシマトラとラッキー。久々のご対面でした。


CA391876.JPG
先日のご来社は、根本敬さん、まどの一哉 さん、ツギノツギオさん、のベテランチーム。ご苦労様です。


IMG_0438.JPG
大嫌いな予防注射に耐えてリカコ先生にほめてもらったらっちゃん。まだ怯え顔。


CA391875.JPG
今年も咲いてくれました、きれいな水色の朝顔。朝出勤すると朝顔が出迎えてくれるシアワセよ!

posted by 青林工藝舎 at 23:12| 日記

2015年07月03日

後藤友香個展「祝祭」オープニングへ

 1日。夕方、ヒロマートギャラリーの後藤友香個展第1部「祝祭」のオープニングへ。今回キャンバス地を縫いあわせてペイントした立体作品に初挑戦の後藤さん。「チューリップの精霊」「木の精霊」「虹の精霊」…等々と名付けられたそれらは何処かの部族のお祭りで使われる装飾品のようで、並々ならぬ生命力を放っています。「この作品が置いてある場所パワースポットになりそう」と先にギャラリーに来ていた小口十四子さん、筒井ヒロミさんが言う通り、精霊たちが放出する“なんか良さそうな”パワーを浴びていたら運が上がった気分になりました。
 この多幸感に満ちた会場で、ワインを飲み、差し入れのお菓子を食べ、後藤さんに制作過程を伺ったりしていると、齋藤裕之介さん、続いて永井ミキジさんがご来場。みんなで今回の立体作品についてアレコレ質問してたのですが、あーそういう見方もあるのか!となるので他の人の感想を聞くのは面白い(例:ミキジさんの「ギョーザみたいやな」)。また、聞いた後で作品を見直してみると、新たな発見があったりして更に面白い!のでした。
 なお、立体作品と一緒に花をモチーフにした作品も展示されてまして、こちらも生き生きとした、やはり生命力旺盛なパワーを放ってます。梅雨で外出が億劫な季節ですが、カラッと晴れやかな気分になれる後藤さんの展覧会へぜひお出掛け下さい!(高市)

★後藤友香個展 第一部「祝祭」/第二部「喜び」
会期/第一部:7月1日(水)〜7月19日(日)
   第二部:7月29日(水)〜8月16日(日)
   13時〜19時(月・火休廊)
場所/hiromart gallery tokyo(ヒロマート・ギャラリー)
東京都文京区関口1丁目30–7 三村ビル1階
電話:03-6233-9836
http://hiromartgallery.com/

0702-01.jpg
オープニングに集まったアックス作家の皆さま。
左から齋藤裕之介、筒井ヒロミ、後藤友香、
小口十四子、永井ミキジの各氏


0702-02.jpg
人気の高かった精霊「悪魔」
苦しみを長引かせないよう
一撃で殺してくれそうな爽快感を湛えています。


0702-03.jpg
立体作品を購入すると手描きの箱が付くそうです。
これはかなりお得!
posted by 青林工藝舎 at 15:52| 日記

2015年06月05日

近藤聡乃著「いつものはなし」若干数受け付け!

近藤聡乃著「いつものはなし」の在庫、若干数出ました。ポストカードと栞つき。満数に達し次第品切れ扱いとなります。早い者勝ちです!ご購入はアックスストアから。
https://ax.ofthemall.com/products/detail.php?product_id=109

CA391827 2.JPG
posted by 青林工藝舎 at 23:18| 日記

2015年06月03日

5月30日

5月30日、阿佐ヶ谷・よるのひるねで行われた、藤枝奈己絵田中六大+堀道広「スクスク子育て対談」に行きました。堀さんの司会の元、育児あるあるを描いたイラストを見せながらのトーク。子供のいない自分にもわかるあるあるで楽しかったです。途中イベントを見に来ていた三本美春さんの紙芝居が急遽はじまったりして、それも良かったです。(三本さんの紙芝居原画展はよるのひるねで開催中。6月21日(日)には「紙-1グランプリ」も久しぶりに開催されます。)

15060301.jpg


15060302.jpg

その後、島尾伸三さんも参加されている写真展「LOST "number" UPDATE」へ。
LOST "number" UPDATE part.1会場のespace biblio

15060303.jpg

LOST "number" UPDATE part.2会場のThe White
posted by 青林工藝舎 at 18:25| 日記

2015年05月28日

29日(金)は棚卸です。

29日(金)は棚卸のため、朝から倉庫に出向きますので連絡が取りにくくなります。大変ご迷惑をおかけいたしますが何とぞご了承下さい。

◎書店の皆様へ 
ご注文はファックスにてお願いいたします。
◎作家・関係者の皆様へ
ご連絡は各担当の携帯へお願いいたします。

お手数を掛けして申し訳ございません。

青林工藝舎 スタッフ一同



posted by 青林工藝舎 at 22:41| 日記

2015年05月09日

村岡マサヒロ個展「ピエーポ ! 2015」へ。

 本日お昼過ぎ、出社前に目白駅で手塚さんと待ち合わせ、ブックギャラリーポポタムで昨日から始まった村岡マサヒロさんの個展「ピエーポ ! 2015」に行ってきました。

m00.jpg

 ギャラリー入り口ではためく特製ピエーポ幟は発注後1日で届き、しかもお手頃価格なんだとか。すごいな今どきの印刷技術…。

m01.jpg

 高知在住のマンガ家・村岡マサヒロさん。入って左側の一番広い壁一面を埋める「裸眼ドローイング」の前で記念写真。この作品はド近眼の村岡さんが矯正器具なし・利き手と逆の手(←反対語がわからない)で描くシリーズです。元ネタと並べた写真がファイリングされているのですが、全然別モノに変換されてるので元ネタを推理するのはかなり難しい。

m02.jpg

 こちらは「いやな場面にスポットをあてたオリジナル50音しりとりかるた」。最後の文字が次のかるたの頭の文字になっていて、なかなか難易度の高い縛りが設定されてますがどれも面白いーー。ですよ!ちなみにパッと見でプリンタの出力だと思いながらよくよく見ていると、版画みたいな風合いのもあったりで着色したようにも思えてきて、これ出力ですか?と尋ねると、出力なんだけどもアレコレ手を加えているんだそうです。伺ってみてなるほどーなデジタルに見えなくする加工法、勉強になりました。

m03.jpg

 マンガのネームコーナー。ペン入れまでしてあるので本番原稿かと思ってしまった。このスペースは重ね貼りしてたりで無造作な感じの展示なのですが、前述の2箇所はピシーーッとキレイに揃っていて設営力高いなーと感心していたら、村岡さんに楽々設営出来る優れモノを教えて頂きました。
コレです→http://osu.pw/afeaa
(村岡さんのツイートより)
 レーザー光線でアタリをとる機械! 天蚕糸なんかを張ってアタリとったりするとたわんで斜めになっちゃったりするんですよね。これは便利だ。

 さてさて。そんな楽しい「ピエーポ!2015」展の会期は5月12日(火)まで。村岡さんは会期中毎日在廊とのことですので直接質問なども出来ますよ。どうぞお見逃しなく!
 ちなみにポポタムのshopスペースには、3月にフェアを開催して頂いたル・デルニエ・クリのシルク印刷本が少数ですが引き続き置いてあります。そして根本敬さんの自家ブランド「家作」コーナーも! 他にも可愛い楽しい面白い本・雑貨がたくさんあって充実の一時を過ごせます。ぜひ足をお運び下さい〜。(高市)
popo01.jpg

popo02.jpg


◎村岡マサヒロ マンガ・ドローイング展「ピエーポ ! 2015」
場所:ブックギャラリーポポタム
東京都豊島区西池袋2-15-17
03-5952-0114(電話のみ)
http://popotame.net
会期:5月12日(火)まで
時間:12:00〜19:00
会期中無休、入場無料、作家毎日在廊予定
muraokaDM.jpg
posted by 青林工藝舎 at 22:04| 日記