2016年01月13日

風門のツボ?&絶賛予約受付中!&簡単!温奴の作り方

 年明けからずっとバタバタの日が続いています。仕事が重なり、新年の墓参り帰省は元日日帰りでした。2日から仕事始めでしたが、それでも間に合わない。今月末のアックス入稿までずっとこの状態が続くワケなので、絶対に風邪を引かぬよう、対策してます。その対策とは、webアックス「放電横丁」に連載中の、筒井ヒロミさんの『もちが焼けたよ』第14回の最終頁「ゾクッときたら風門≠フツボ」にある通り。これね、すごく効きますよ。皆さんもお試しあれ!

CA392569002.JPG
先日仕事で武蔵小杉にでかけたときに立ち寄った京浜伏見稲荷神社。何もかも派手すぎてまるで舞台のカキワリのようなココが、不覚にも初詣の場所となってしまいました。


 さて、16日から京都・メリーゴーランドで始まる「ガロ^アックス」展の準備も大詰めでして、本日最終便を発送しました。ガロ、アックスの70名を越す作家たちの作品が一斉に展示されます。壁中埋め尽くされ、まさに曼荼羅のような雰囲気になるのは、と今からワクワク。でも準備はまだ続行中。15日の午後、全員で京都に向かうのですが、会社を出るギリギリまでやってるんだろうな、多分。というワケで、15日(金)は、午後2時以降留守になります。
 16日には、長井(勝一)さんの菩提寺、徳正寺でトークショーが行われます。お寺の本堂でのトークショーだけに、あまり罰当たりなことは話せないな、と思いがちですが、トークショーのメンバを見れば、そんなことはお構いナシ!の方々ですので、どんな話が飛び出すのか今から恐ろしいワタクシ。長井さんのはなしにからめて当然水木さんの話も出てくると思いますので是非ご来場さい。現在絶賛予約受付中です!くわしくはコチラから。
 あ、そのトークショーが始まる前に、没20年になる長井さんの勤行と、この日やっと納骨を迎える故・香田明子さんの勤行もありますので、そちらも是非ご参加下さい。お待ちしております。

CA392575.JPG
安部慎一氏の「美代子阿佐ヶ谷気分」より。こんな貴重な原画も展示されます!


 もうひとつお知らせです。明日から国立市・ギャラリービブリオで【つげ忠男原画展「懐かしのメロディ 1969/2015」】が開催されます。傑作「懐かしのメロディ」の初出とリメイクの生原稿が全頁並列展示されますのでお見逃しなく!

ただお009.jpg
サイン本や希少本も並びますので、お早めのお越しを!


 次号アックスでの水木さんの追悼特集も着々と編集中でして、これから収録する鼎談やインタビューもあるのでさらにバタバタしそうですが、皆さんの水木さんに対する想いをかみしめながら進めたいと思います。

IMG_8138.JPG
こちらの写真は8日に収録した、池上遼一さんと近藤ようこさんの対談。水木さんの隠れたエピソードやマンガに対する貴重なお話をたくさんお聞きすることが出来ました。


 で、本日の夕食は、作業でご来社の根本さんも一緒に、寒いのでキムチ鍋!(キムチ・白菜・長ネギ・ニラ・大根・ニンジン・エノキダケ・豆腐・豚肉・キムチ鍋の素)、薩摩芋の檸檬煮、昆布煮、そして〆はキムチ鍋の汁でラーメン+とろけるチーズ、これ最高に美味しい! &ヨーグルトでした。
 ちなみに昨日の夕食は、ニラ玉とじ(ニラ・卵・舞茸・豚肉)、昆布煮、温奴(きさみネギ+生姜+おかか+醤油ポン酢)、味噌汁(ジャガイモ、絹さや、油揚げ)、以上。
【おまけ】
・電子レンジで簡単にできる温奴
木綿豆腐を器に出し暫く置いて水を切り、ラップをかけて電子レンジで熱々になるまで温めます。ラップを外してヤケドに気を付けながらもう一度水を切り、おろし生姜と大量の刻みネギ、おかかをのせ、醤油ポン酢をドバッとかければ出来上がり。湯豆腐よりもずっと簡単で身体も温まるのでお試し下さい。(手塚)

CA392576.JPG
底冷えの朝、石油ファンビーターをつけたら、遠慮しがちな距離で暖まるらっちゃん。
posted by 青林工藝舎 at 23:19| 日記

2016年01月07日

後藤友香「狂いゆく男」第6回

 webアックス・放電横丁に後藤友香「狂いゆく男」第6回を放電しました!閲覧無料です。
こちらからどうぞ→ http://houden.net/

mad man#06.jpg
化け物に変貌したジェームズの追跡から逃れ、
ようやく耕一の祖父が営む温泉宿に辿り着いたミランダだが……
 
posted by 青林工藝舎 at 19:02| 日記

2016年01月02日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

CA392551 2.JPG
通常営業は5日(火)からとなります。


 というワケで、2016年は「新春 えびすリアリズム〜蛭子さんの展覧会〜」からスタート!

ebisu_realism_web_rgb_yoko.jpg


 昨年、もめ事多発だった東京オリンピック。2020年開幕ってホントに大丈夫なの?と誰もが心配する中、無謀にも蛭子さんデザインのエンブレTシャツをいきなり販売! これで全てうまくいく、ってホントか!? このTシャツは現在会場のみの販売となっていますが、のちほど弊社のショッピングサイト、アックスストアでも販売を予定しておりますのでお楽しみに!

CXiYUyhUEAAUECF.jpeg
これがモンダイのエンブレムTシャツ。いかにもやっつけ仕事といった趣がにじみ出てるので、パクる気すら起こらないシロモノとなっております。缶バッジのおまけ付き!


CXna3hFUoAAoNo-.jpeg
2016年のめでたい門出にと、きちんと列に並びサインをいただく根本敬さん。元旦から押さえるべきところはちゃんと押さえる、さすが根本さん!


 また、16日からは、京都・メリーゴーランドにて「ガローアックスー長井勝一」展が始まります。60名を越す作家の原画展示(販売有)、そして初日16日は徳正寺本堂でトークショーもあります。こちらは予約が必要なので、観覧ご希望の方はお早めのご予約を! 私達スタッフも伺いますので、1月は京都でお会いしましょう!!

CXdfmogUAAEOycv.jpeg
年末に届いた花輪和一さんの展示作品「セミの世界はイダイなり」。もちろん販売します!
posted by 青林工藝舎 at 15:24| 日記

2015年12月31日

年末のごあいさつ&楽しすぎだぜアックス忘年会!

 2015年も本日で終了。この一年、大変お世話になりました。皆様に支えられての一年でしたので、世界一の幸せ者だと思います。応援、ご支援いただきました作家の皆様、関係者の皆様、そして読者の皆様に心より御礼申し上げます。何かと騒がしい世の中になってきましたが、ブレることなく仕事が出来ればと思います。それでは良いお年をお迎え下さい!

青林工藝舎 スタッフ一同

ーーーーーーーーーーーーーーーー
 さぼってたブログネタ、やっと書きます。といっても全部は無理なので…。僭越ながら、今年還暦を迎えたワタシでありますが、誕生日の10月24日、そして暮れのアックス忘年会でと二度にわたり作家の皆様にサプライズ祝いをしていただきました。誕生日なんてこれまであまり意識していなかったので、びっくりするやらテレちゃうやらでドキドキでした。零細ながらもあたたかい心で支えて下さってる作家の皆様にお祝いしていただけるなんて、もんのすご〜く嬉しいです。皆さん、ありがとうございます! これであと100年は生きられるかもな、わははは。
 で、その様子は写真で(いっぱいあります!)。

◎10月24日のサプライズパーティ
 夕方過ぎ、「ほっかほっか通信の打ち合わせをするからちゅんこ部屋を貸して欲しい」と永井ミキジさん他大人数でドヤドヤとやってきて、ドアを締めてなにやらコソコソやってるな、と思ったら「ちょっとこっちにきませんか」と呼ばれてドアを開けるとそこには…。

DSCN4525.JPG
ビックリするくらい大きなバースデーケーキが!! これは中野シズカさんがB4の紙にびっちりと書き込んだ指示書をもとにつくられたもの。こんな立派なケーキ、初めてです。良く描かれてるし何より美味しかった! さすが中野さん!(アックス108のほっかほっか通信をご参照)


DSCN4528.JPG
みんなが持ち寄ってくれたご馳走。よく見ると私の好物ばかりでした。向かって左端にみえてる茶色い粒々は茹でピーナツ。もちろん大好物だけど、すごいリサーチ力!


DSCN4533.JPG
齋藤裕之介さんお手製の赤いちゃんちゃんこには刺繍も入ってました。ホントに器用だなぁ、どうもありがとう!(アックス108のほっかほっか通信をご参照)


DSCN4535.JPG
皆で記念撮影です。


DSCN4541.JPG
一斉ににクラッカーを鳴らしたら、その音にビビッたラッキーがしがみついてきました。


 堀さん、斎藤さん、ミキジくん、中野さん、後藤さん、詩子さん、小口さん、筒井さん、にゅすけさん、佃さん、志村くん、高市ぴいこ、どうもありがとう!

◎アックス有志による大忘年会!(12月19日・ネイキッドロフトにて)続きを読む
posted by 青林工藝舎 at 22:16| 日記

2015年12月30日

末井昭『流れる雲のように』 第14話、放電しました!

webアックス「放電横丁」に、末井昭『流れる雲のように』 第14話[自宅で出来て高収入]を放電いたしました。結局キャバレークインビーも止めてしまい、今度は自宅でできて高収入の緊迫貼り?…。これが今年最後の放電となります。どうぞお楽しみ下さい!

touyouirasuto.jpg
イラスト/お東陽片岡先生


年末年始、このビルに住んでるあんちゃん(明月堂書店タコ社長)が帰省するため、今夜別宅(元飼い主)に連れて行かれることを早くも察知してるのか、いつもと様子がちがうらっちゃん…。2日には戻れるから少しの辛抱だよ!

CA392545.JPG
どこか淋しげで、とにかく甘えてきます。


 さて、泣いても笑っても明日で2015年もおしまい。だけど笑わずに泣いてます。先週末に入稿したデータなんだけど、3色分解データまでは手が回らないので印刷所にお願いしてたところ、今週になって「今さらなんですが、うちでは難しくて出来ない」と言われちゃって「ええーーーっ!」…。しかも1色頁の修正が、というか、一応修正は終わったんだけど、プリントしてチェックしたら、濃いアミが潰れてて、60頁もやり直しが出ちゃった。ウッソでしょ、って感じ。間に合わないと思ってスキャン頼んだんだけど、いきなり二階調で戻って来ちゃってアミの調子がよくわからなかったしな。結局社内でやった方がマシだったって、ガックシ…。3色分解についてはもう絶体絶命的に間に合わないので、昨日井上デザインの井上親方に泣き入れて面倒見てもらうことになりました。ホントにすいません!
 というワケで、帰省して墓参りは元日日帰り。あとはひたすら仕事、というスケジュールになりました。ま、それで進むんだったらいいか。これが終われば次の仕事に入れるしな、と気を取り直してお仕事お仕事。
 1月は水木さんの追悼特集編集、それに京都で行われる「ガロ・アックス・長井勝一展」の準備、とこれまたハードスケジュールでの幕開けとなるので、とにかくこれ以上引きずらないように、正月休みを有効に使いたいと思います。それにしても「人生60から!」てホントだったような気がする年末であります。ま、「それもまたよし」とするか。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 22:54| 日記

2015年12月28日

通常営業は本日でオシマイ

 2015年の通常営業は本日でオシマイです。波瀾万丈で低空飛行の1年でしたが、何とか持ちこたえました。ご支援いただきました皆様ありがとうございます!

 というワケで今日は朝から3階フロア住人全員で大掃除。隅から隅までグチャグチャになっていたので、終わるのか?と不安でしたが、根本敬さんと後藤友香さんという二人の助っ人とアルバイトのハッチも参加で、何とか終了しました。片付くと気持ちが良いですね。これでまた来年頑張れる! というものです。
 とはいっても、年明けに入稿があるので、仕事はまだまだ、暮れまで続きます。貧乏ヒマなし、ってうまいこと言ったもんだよな、と思いながら、もう少し頑張ります。ので、暮れのご挨拶はもうちょっと先にいたします。溜に溜めたブログネタも放出しておかないと、年越しになってしまうのでちょっと焦ってしまいますが、まあ何とかなるだろう、と開き直ったりもしてます。スイマセン。(手塚)


CXTl9U0UQAEqJ5B.jpeg
今年一年、レコジャケ制作で作業部屋に通い詰めた根本敬さんが、お世話になったので、と手伝いにきてくれました。約3時間かけて作業部屋を掃除。ありがとうございます。


CXTlu7GUoAAlXsf.jpeg
「放電横丁」の連載原稿を収めに来た後藤友香さんも、大掃除に参戦!雀の間のちゅんこたちのフンを拭き取ってくれたり、隅っこを拭いてくれたり(隅をきれいにすると運気がアップするそうです)大活躍でした。ありがとう!


2015.12.28sushi.jpg
そしてお昼は、一年に一度の楽しみ、恒例のちらし寿司を皆で。津野裕子さんから送っていただいた詰め合わせ、蒲鉾とにしんの甘露煮も頂きました! 津野さん、ありがとうございます。おいしかったわぁ! 因みに歯の治療で抜歯した私だけ、コンビニのグラタンとトマトジュース…、くやしかったぁ!
posted by 青林工藝舎 at 23:49| 日記

2015年12月07日

鳩山郁子さんトークショー&具伊さんご来社

 6日、塩竈の長井勝一漫画美術館で、鳩山郁子さんのトークショーが開催されました。朝、東京駅に鳩山さん、特別ゲストの中野シズカさん、そして弊社スタッフが集合し、10:20発の東北新幹線で仙台へ。仙台から東北・仙石ラインで塩釜駅へ向かい、12:34に塩竈駅到着。
 まずはふれあいエスプ塩竃の事務所で昼食。東京ではなかなか口に出来ないような新鮮なネタのとっても美味しいにぎり寿司をご馳走になりました。漁港の町なのでホントにネタがちがう。「海老が甘い!」「帆立がぷりぷりしてる」と騒ぎながら全員完食!ごちそうさまでした。
 その後、お二人は長井勝一漫画美術館を見学し、私達は物販の準備。鳩山さんの手作りのグッズや原画も出るので、すでにファンの列が!
 14:00にスタートしたトークショーでは、長井さんとの思い出話、デビューの頃のことやマンガ制作秘話、またマンガ家稼業をどう捉えているのか等、普段滅多に聞けないようなお話をたくさんしていただきました。鳩山さんを師と仰ぎ、敬愛して止まない中野シズカさんとの軽妙なやりとりも、ファンにはたまらない時間だったと思います。
 サイン会時では、みなさんから「今日は貴重なお話がきけたので、来てよかったです」「感動しました!」という言葉をたくさんいただきました。こちらこそ、お越し頂きありがとうございます。皆さん、幸せそうな表情で帰られて行くのを見て、「今日はとても良いトークショーだったんだなぁ」と改めて思った次第です。
 鳩山さん、中野さん、そしてふれあいエスプスタッフの皆様、どうもありがとうございました!
 そして打ち上げは港近くのイタリアンレストランで。ワインで乾杯し、美味しいピザをいただき、爆発しそうなくらいお腹いっぱいに! トークショー以外、なんだかずっと食べていたような気もしますが…(笑)。
 塩竈は海産物が有名ですが、実は和菓子、洋菓子もおいしいお店が揃っています。お茶請けにだしていただいた和菓子もぜ〜んぶ美味しかったし、お土産に頂いた藻塩のショコラもとても美味いスイーツでした。
 他に味噌ジェラートやお取り寄せグランプリで優勝したオレンジシャーベット、軽い食感の松島こうれん、餅米粉と塩竈名物の藻塩を使った和菓子「志ほがま」など、美味しい物がたくさんあります。酒好きにはもちろん浦霞! 口当たりが良くて最高! 
 また、塩竈桜で有名な塩竈神社、この日は日帰りのため時間がなかったので立ち寄れませんでしたが、エスプからタクシーで港に移動する途中、神社前まで寄っていただき、その荘厳な姿を拝見し手を合わせました。鳩山さんはずっと塩竈神社が気になっていたらしく、改めて時間をかけて訪れたい、と切望!

 仙台駅でお土産もしっかりゲットし、20:54発の新幹線で一路東京へ。22:56着。みなさん、どうもお疲れ様でした! バタバタとしてしまいましたが、とても楽しい一日でした。そしてご来場いただきました皆様、あらためて、ありがとうございました!

IMG_8111.JPG
仙台から塩釜駅に向かう車中で彩雲≠発見! 鳩山さんによれば、滅多に見られない現象で幸運をよぶ雲だとか。それをきいた途端、これは幸先良いじゃありませんか! とばかりにワイワイ騒ぎながら写真撮りまくり! ちょっと色がキレイに出てませんが、オパールのように虹色にかがやいていて、見事な雲でした。彩雲に飛行機雲の影が映ってるのもスゴイかも!


CA392490.JPG
サイン会では長蛇の列! お二人とも丁寧にサインして下さったので、1時間以上かかりました。


IMG_8125.JPG
お二人が長井勝一漫画美術館に寄贈した色紙、美しい!


 本日朝10時、アックス108号の念校校正、これでホントに責了! 発売は18日の予定です。
 午後、つい最近、広島から東京に引っ越してきた具伊井戸夫さんが原稿を持ってご来社。就職も決まり、すでに働き始めているそうです。そこへイラスト作業で出社?の根本敬さんが。お二人は無事初の対面を果たしたのでしありました。

 で、本日夕食は、生わかめとさつま揚げと長ネギのさっと煮、白菜と豚肉と塩昆布の牡蠣油炒め、温奴(ネギ+おかか+生姜+ポン酢醤油)、味噌汁(ジャガイモ、モロッコインゲン、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚) 
posted by 青林工藝舎 at 22:51| 日記

2015年12月03日

アックス108責了!&鳩山郁子さんのグッズ紹介!

 本日夕方、アックス108念校チェックしてやっと責了! 18日取次搬入予定、なんとかクリアできそうです。年末進行とはいえ、やはり3人態勢はキツイですね。編集中にも編集以外の仕事が突発的にどんどん流れ込んでくるので焦ってしまいます。もうすぐ最終入稿だというのに一日何も出来なかった、とか心臓に悪すぎ。ついつい「搬入日1日延ばすか?」と弱音まで出ましたが「いや、とにかく頑張ろう!」と気持ちを切り替え、何とか乗り切りました。ああヨカッタ!

 水木さんの訃報は瞬時にネットを駆けめぐり、多くの方が惜しまれていました。ご自身「百歳までいきる!」とおっしゃってたので、また誰もが「水木さんなら百歳は軽くいくでしょう」と信じていたので、やはりショックです。水木さんのエピソードは数えきれないほど有りますので、これからゆっくり思い出してまとめようと思っています。

 さて、いよいよ近付いて来ましたよ! 12月6日は、ふれあいエスプ塩竃&長井勝一漫画美術館で鳩山郁子さんのトークショー&サイン会が行われます。特別ゲストとして中野シズカさんも同行します。勿論サイン会にも参加して頂くので、この日は美人のお二人が並びます、ふふふふ!
 また、この日のために、鳩山さん自ら手作りのグッズ、それに小さいサイズの原画も特別価格で物販に並びます。数に限りがありますので、迷わずお早めのご購入を!
 トークショー入場ご希望の方はこちらから。

【鳩山さん手作りのグッズはこちらです】


CA392474.JPG
ポストカードセット+栞/ゆきしろばらべにカードセット/カケスの羽根のマフラー<Jード


CA392472.JPG
図書カード製ブックマーク


CA392471.JPG
丸形クリスマスオーナメント(色違い7種)


CA392478.JPG
夢見る潜水夫。OX


CA392479.JPG
スパングル<yーパーオーナメントBOX(ラメ入り)


CA392475.JPG
カケスの羽根<~ニ額画 


CA392477.JPG
額装画カケスの羽根のマフラー


現在、まだ制作中の物もあるそうで、当日は増えている可能性もあります。どれもこれおも美しい、素晴らしい作品です! 購入ご希望の方は是非塩釜まで!



 で、本日の夕食は、イラスト作業に来ていた根本さんも一緒に、ちんき堂の戸川さんから送っていただいたハム、ソーセージを焼いたりボイルしたりのハム盛り合わせ、カリフラワーとモロッコインゲンのサラダ、小松菜とさつま揚げの煮浸し、卯の花、味噌汁(キャベツ、大根、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。ちなみに昨夜はキムチ鍋を作りました。おいしかったなぁ。(手塚) 
posted by 青林工藝舎 at 23:20| 日記

2015年11月30日

水木しげるさん、永眠。

水木さん、まずは長い間お疲れ様でした。あの世ではハフッとお楽しみ下さい。

水木さん.jpg
posted by 青林工藝舎 at 13:10| 日記

2015年11月28日

鳩山郁子トークショー「鳩小屋通信 at 塩竈」で原画販売も決定!

 12月6日(日)14時より開催の【鳩山郁子トークショー「鳩小屋通信 at 塩竈」】もあと一週間後に迫ってまいりました。
 ここで朗報を2つ。まずは特別ゲストとして中野シズカさんも壇上に立たれます。読者の時から熱心な鳩山さんのファンで、マンガの師と仰ぐ中野さんにもご協力いただき、お話をすすめたいと思います。
 もうひとつ、ナント、当日の物販では鳩山さんの原画も販売決定! モノクロ中心の原画(カラーも多少出る予定)が、長井勝一漫画美術館主催、ということもあり、特別にお安め価格での販売となります! また、200〜300円のお求めやすいプチプライスのハガキやしおりセットから、版下に使った直筆ペン画(モノクロ)を額装したもの、紙のBOX入りペーパーオブジェのオリジナル作品なども販売予定。当日に間に合うよう、鳩山さん、密かに準備中だそうです。楽しみですね!

 まずトークショーに出演されること自体、それだけでもファンの皆様にとっては大変貴重な日となると思いますが、終了後、中野さんと一緒にサイン会、そして原画・オリジナルグッズの販売となれば、これはもう寒さなんか気にしないで、是非ご来場いただかねばなりません! 絶賛ご予約受付中ですので、どうかこの機会をおみのがしなきよう、当日、塩竈でお会いいたしましょう!
◎観覧ご希望の方はこちらをご覧下さい。http://bit.ly/1PKRy2U

※なお、サイン会での記念撮影はSNSにアップされないことをお約束いただければお受けいたしますので、撮影ご希望の方はサインの時にお申し出下さい。
posted by 青林工藝舎 at 18:51| 日記

2015年11月26日

福満しげゆき初期作品集「娘味」(福満しげゆき著)アックスストア会員限定お名前入りサイン本発送しました。

福満しげゆき初期作品集「娘味」/福満しげゆき著を アックスストア会員限定お名前入りサイン本でご注文いただきました皆様、本日発送いたしました。到着までしばらくお待ちください。1〜2週間程たっても届かないようでしたらご連絡ください。
151126.jpg
posted by 青林工藝舎 at 22:09| 日記

2015年11月17日

宮西計三の新バンドThe Hundred Devils、1stアルバムをリリース!

 孤高の絵師宮西計三氏がこれまでの画業、音楽、詩等の創作活動すべてを統合した集大成にして新境地の新バンドThe Hundred Devilsを結成! 来年1月に1stアルバム「Japanese Original Rock Style」がリリースされます。なおジャケット画は宮西氏の依頼でヘタうまの根本敬氏が手掛けました。対極の画風ながらも絶妙な均衡を生み出しています。勿論ライナーノーツには宮西氏ご自身の耽美的な挿画も。必聴盤です!(高市)


hundred_jk_p.jpg

The Hundred Devils「Japanese Original Rock Style」
レーベル:Pataphysique Records http://www.majutsunoniwa.com/pataphysique.html
品番:DD-013〜014
発売日:2016年1月30日(土)
定価:¥2800(税抜)
ジャケット画:根本敬
ライナーノーツ:遠藤ミチロウ

●The Hundred Devils
宮西計三(Vo、G)
ロイキ(G)
ルイス稲毛(B)

思いだすがいい!思い出すがいい!思い出すがいい!
百鬼夜行。
この批評を拒絶した宮西さんの呪いの歌(音)は知性を火傷させる。一度聴いてしまったら、もう手遅れだ。
(遠藤ミチロウ ライナーノーツより)

新生Pataphysique Records第二弾!
画家、ミュージシャンとして長く活動を続ける宮西計三の総てを統合した新バンドThe Hundred Devilsの1stアルバムを魔術の庭の福岡林嗣が全面的に録音、プロデュ–ス。
トータル約2時間20分に及ぶ降霊会の実況は、延々と続く反復の果て、貴方をこの世の果てへまで連れて行くだろう。
posted by 青林工藝舎 at 10:56| 日記

2015年11月15日

「Puzzle Moon」「泥沼通りお茶の時間」

トムズボックスギャラリーで開催中のたむらしげるさんの展覧会「Puzzle Moon」に先日行ってきました。今までたむらさんが描かれた下絵などを色鉛筆で着彩・加筆された作品が展示されているのですが、とても素晴らしくてずっと見ていたい気持ちになります。グッズなども販売されていました。
期間/11月1日(日)〜11月30日(月)
営業時間/11時〜20時木曜日定休
会場/トムズボックスギャラリー
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−14−7
電話/0422−23−0868
http://www.tomsbox.co.jp/index.htmlDSC01476.JPG


そしてビリケンギャラリーで始まった田中六大さんの個展「泥沼通りお茶の時間」に行ってきました。人と動物が同じテーブルでカードゲームをしたりお茶を飲んだり、ヘンテコな店があったりする、なんだか楽しい泥沼通りに迷い込んだような気持ちになる展示で面白かったです。迷い込んだまま、絵に描かれた人が実際に目の前を歩いていたような気がしますが、多分それだけギャラリーの中全体が泥沼通り化していたからだと思います。
今日(15日)も田中さんは在廊されてる予定だそうです。突発的に行われる紙芝居を見る事ができるかもしれませんよ。
期間/11月14日(土)〜11月25日(水)
会場/ビリケンギャラリー
営業時間/12時〜19時・月曜日定休
港区南青山5−17−6青山グリーンハイツ101
電話/03−3400−2214
http://www.billiken-shokai.co.jp/

DSC01480.JPG

田中六大さん



DSC01478.JPG
アックスフリマ、出店されたみなさんお疲れ様でした。

posted by 青林工藝舎 at 11:58| 日記

2015年11月09日

久々更新。関係者及び読者の皆様、ありがとうございます。

 またまた更新をさぼってしまいました。すいません。このところ目まぐるしい毎日でなかなか更新できませんでした。
 その間にもいろいろありまして、10月にはひろせべにさんの個展、日芸での授業、アックス作家さんが開いてくれたサプライズの還暦祝い、高円寺フェス参加イベント、そして突然の『ねこはい』ブレーク。23日にNHK「あさイチ」で紹介されたその日、そして翌週の月・火あたりはずっと注文の電話が続き、全員電話対応で通常仕事がまったく手につかず、嬉しい悲鳴のまま、在庫が空っぽになり重版決定。因みに重版分は明日上がってきますが、懐具合をみながらの少部数だったので、すでに予約で満杯。なのでもう一度重版の手配をしました。南伸坊さんの『ねこはい』売れて嬉しいです。でも初回入金は年明けなので、年越し危機の問題はまだ残しつつ、ですが…。
 10月に更新できなかった出来事は、写真だけはとりあえず撮ってあるので、時間を見て少しずつ更新していきます。

CA392396.JPG
「ねこはい」最高!
 

 さて今月は、17日に福満しげゆきさんの初期作品集『娘味』が発売です。映画「フリーキッチン」の原作となった「娘味」を始めとする初期短編集。初期作品はまだ未読の方も多いと思いますのでファンにとってはかなりお楽しみな新刊。アックスストアでもお名前入りサイン本の予約を17日まで受け付けてますのでよろしくお願いします。
 それから、急遽再発決定した内田春菊さんの名作『南くんの恋人』リニュアル版は19日の発売予定です。4度目のドラマ化が決定したときにはすでに品切れ状態。でも、再版するには材料費の値上げ等で原価が合わず、結局〈新装オリジナル版〉としてイチから作り直し。またこの機会にとアナログ製版だったのを全部デジタル化したので、思いの外時間がかかってしまいました。今日から始まるドラマは内容が少し違ってるようですが、本書で原作をお楽しみ頂ければと思います。

 印刷業界もアナログから完全デジタルに移行で、これまでフィルム印刷で再版していた以前の出版物も全てDTP印刷、という流れになってきました。そんなワケでまず『少女椿』の原稿をデータ化中。これがねぇ、ものすごく細かい絵なので画像処理にすざまじく時間がかかってしまってます。1頁の処理にいったい何時間かかるんだってくらい。でもさすがに丸尾さんですね。細かい部分の汚れはもの凄い大きさに拡大するのですが、それでも全然絵が乱れてない。もう感嘆しながらやってます。でもいつ終わるんだろうか…。
 さらに年末進行で「アックス108」の編集も前倒しになるので、今月もかなりキツイ進行になると思います。
 というワケで、本日午前中、新装オリジナル版『南くんの恋人』白焼き校正最終チェック。昼過ぎ北海道から車満吉さんご来社で打ち合わせ。夕方、白焼き戻し&修正箇所データ渡し。そんなところへ元バウスシアタースタッフの神馬さんがラッキー散歩に来てくれて大助かり! 神馬さん、ありがとね。

 それから以前HPイベントコーナーにアップしましたが、12月6日は塩竈の長井勝一漫画美術館で鳩山郁子さんのトークショーが開催されます。参加ご希望の方はお早めのご予約を! 鳩山さんのトークショーは滅多に開催されないので、とっても貴重! 是非おいで下さいませ。

 そして最後に、仕事の進み具合がずっとギリギリだっためツイッターもあまりチェックしていなかったのですが、突然フォロアーが増えだしたので「なんだろう?」とエゴサーチしてみたら…。関係者及び読者の皆様、ありがとうございます。多くの方に暖かい励ましをただき、とても感謝しております。苦しいながらも諦めずに続けてきてよかった、と言う思いを噛みしめています。10月で創立19年目に突入したワケですが、台所事情は相変わらず。でも「ねこはい」のヒットと皆様のあたたかい言葉をいただき、久しぶりに先に光が見えてきました。嬉しいなぁ、ホントに嬉しい。ま、とりあえず、ピンチの年末まで、何とか乗り切ることが先ずは目標ですが、わんことスズメっこ共々、元気に乗り越えたいと思います。ありがとうございます!

 で、本日の夕食は、イラスト作業に来ていた根本さんも一緒に、切り昆布とタラコの醤油煮、ジャガイモと挽肉とインゲンの甘辛煮、大根おろし+じゃこ、味噌汁(白菜、カリフラワー、椎茸、油揚げ、豆腐)、ヨーグルト、以上でした。(手塚) 

CA392415.JPG
7日(土)にご来社のみなさん。向かって右から根本敬さん、まどの一哉 さん、大山海さん。ベテラン&新人が一緒に並ぶのはいいですね、すごくいい!


CA392413.JPG
いつもマイペースならっちゃん。ちゅんこ部屋で寝てると、ちゅんこがすぐそばまで寄ってきて、ラッキーをおちょくったりしてます。スズメっこのほうが上、というヒエラルキー。
posted by 青林工藝舎 at 23:28| 日記

2015年10月21日

後藤友香「狂いゆく男」第5回を放電しました!

webアックス・放電横丁に後藤友香「狂いゆく男」第5回を放電しました!
復讐に取り憑かれ身も心も化け物に変貌していくジェームズは、妻・ミランダを追跡する道中で…
◎アクセスはコチラ→http://houden.net/

mad man#05.jpg
posted by 青林工藝舎 at 22:16| 日記

2015年10月20日

幻の名盤解放同盟の「泥船人生相談」第2回を放電しました!

 webアックス「放電横丁」にて幻の名盤解放同盟の「泥船人生相談」第2回を放電しました!
 今回の相談は、食いしん坊でダイエットが出来ない35歳・女性と苦手な食べ物を克服したい40歳・男性からの、食欲の秋にちなんだお悩みです。ぜひご覧下さい。(高市)
◎放電横丁へのアクセスはコチラ→http://houden.net/

dorobune.jpg
posted by 青林工藝舎 at 21:44| 日記

2015年10月12日

南伸坊「昭和なねこ」展at昭和のくらし博物館

 本日は晴天なり、ということで、南伸坊さんの個展「昭和なねこ」展が開催されている大田区・久が原の「昭和のくらし博物館」へ、高市ぴいこと一緒にでかけました。五反田から東急池上線で久が原まで。なつかしいなぁ、池上線。何年ぶりだろうかね。降りて総菜屋があったらコロッケ買って食べながら行こう、と話してたら、ホントにあったよ。「肉の山本」という精肉店で2コ140円の美味しいコロッケをゲットしてパクパク頬張りながら散歩気分で久が原栄会通りを歩くこと約8分。
 さ、ここからは写真でどうぞ。
 
CA392329.JPG
「えっ、ここが入り口?」と思わず口に出してしまいました。裏口になるのですが、いい感じの路地です。気をつけてないと見落としてしまうかも。


CA392330.JPG
建物が見えてきました。昔懐かしい木造の二階屋です。昭和30年代、二階屋は庶民の中でもまあまあ裕福な家だったと思いますが…。


CA392331.JPG
よし、ここで間違いないぞ。


CA392341.JPG
門をくぐると大きな柿の木のある庭が。建物に立てかけてあるのは、浴衣などを洗濯したときに使う張り板です。着物の縫い糸を外して洗濯し、この長板に貼り付け糊付けして乾かすんですね。子どもの頃手伝わされた記憶があります。


CA392332.JPG
玄関を入ると下駄箱が。文字通りゲタがたくさん並んでました。


CA392333.JPG
玄関横にある四畳半ぐらいの部屋はナント洋間。この時代洋間があるのはかなりハイカラ。机の上には文房具などが展示されてました。


CA392334.JPG
二階には部屋が二つ。写真は子ども部屋です。当時のおもちゃやお菓子の空き箱などがたくさん展示されてました。日当たり良好の四畳半!

CA392335.JPG

CA392336.JPG

CA392337.JPG

CA392338.JPG


 このほかにも茶の間や台所、奥座敷などに当時使用されていた物がたくさん展示されていました。各部屋で実際使用していたものを展示しているので分かりやすいです。昭和生まれにとっては「あ、これもあった、あれも使ってた」となるのですが、レトロ好きの若いお嬢様なんかにしてみれば、まるで夢の世界かも知れません。必要最小限の道具と、ささやかな嗜好品やオモチャ類…。物であふれかえってる今と比べたら、限られた中で知恵を活かし、ずっと賢い生活をしていたのかもしれませんね。

CA392340.JPG


 そして肝心の南さんの「昭和なねこ展」は撮影禁止だったのでここにはあげられませんが、庶民と共にに生きていた野良猫たちが、昭和の風景と一緒に描かれていて、これまた懐かしくて可愛くてどこか図々しくて、と思わずニヤリと微笑んでしまう、ハイレベルなイラストでした。一切のムダを省き、安定した線とレトロ感タップリの色づかいがたまりません。なお「ねこはい」(小社刊)や、手拭い、Tシャツ、ポストカードなども販売していますのでご利用頂ければと思います。好評のため会期も11月29日まで延長されましたので、是非お立ち寄りを!(手塚)

みなみねこ.jpg

posted by 青林工藝舎 at 20:40| 日記

2015年10月07日

近藤ようこさん、つげ忠男さんの個展、他いろいろ!

 「アックスVol.107」の入稿も終わり、本日は初校をみっちりと。入稿時に何度も見なおしたはずなのに、誤植があったりね、毎回どこか直しが出てしまう。訂正データを作って再入稿。
 今回もギリギリでした。今度こそは、と最初は意気込むんだけれど、結局ヒーヒーいうハメに。ということで、4日は日曜にも関わらず会社に泊まり決定。気合いを入れるため、夜10時、高市ぴいこと一緒にチャリをぶっとばして弁天湯へ。薬湯にどっぷりとつかって生き返り、5日昼ぐらいにやっと稿了。しかし、ホッとしたのもつかの間、高円寺フェスの「アックス複製原画展」設営のため、夕方から全員で座・高円寺へ。スタッフの方々が先に始めて下さっていたので、7時前には終了することが出来ました。お疲れ様です。
 終了後、高円寺の行きつけの安い定食屋「赤城屋」で夕食。食べ終わったら途端に睡魔が襲ってきたので、久しぶりに早く家に帰りましたが、そのまま力尽き果て畳の上で朝まで熟睡。起きたらえっらい寒かったよ。

CA392313.JPG

CA392316.JPG
思ったより広いスペース!この壁の反対側にはカラー原画を展示。是非見に来てね!


 というワケで、ブログの更新もしばらくさぼってしまっていたので、これまでの出来事を写真と一緒に…。

9月19日、近藤ようこさんの『死者の書 上』(KADOKAWA刊)発売記念個展「物語る絵」のオープニングでビリケンギャラリーへ。その前に高市ぴいこと福島から上京した山ノ井君と3人で山田花子の墓参りに高尾まででかけてたので、高尾から直行しギリギリ間に合いました。絵は既に半分以上赤丸がついてて大盛況。でも数日後には完売したそうです。近藤さん、おめでとうございます!

CPUkB6uUsAAdr5U.jpg
「死者の書 上」にサインをいただいてるシマトラ! 近藤さんの個展の常連です。


21日、午後2時、藤宮史さんご来社。来春発売予定の彫り下ろし木版漫画単行本「或る押入れ頭男の話」の打ち合わせ、そして早々とカバーも仕上げてきて下さいました。もちろん木版のカラー! 細部まで拘る藤宮さんと造本まで打ち合わせ。木版画付きの限定50部もあるかも…。詳細はもう少ししたら決まると思いますので、それまでお楽しみに!

CPaH-d_UAAA1XXg.jpg
カバーに使用する版画です。カラーなので刷りだけでも4日かかったとか…。版画は想像以上に大変な作業なんです。


 ただただ迷惑なだけのシルバーウィーク、明けて24日朝8時、蛭子さんがテレビ収録でご来社。我が社の雀の間で撮影すること小一時間。このあと昼から生放送が入ってるらしく、終了後ゆっくりすることもなくバイバイ。相変わらず忙しそうだね。顔もほっそりしちゃってずいぶんくたびれた感じ。やっぱパンパンに太ってたほうが蛭子さんらしいや。

CPoBpbfUYAEATKj.jpg
いつもは犬にまったく興味を示さない蛭子さんなのに、この日は「この犬、おとなしいね、かわいいね」といったのでビックリした。何かあったのか?


 夕方、鈴木翁二さん久々のご来社。「ここに泊まり込んでさ、アックスの原稿と限定版「うみのきらきら」の付録を終わらせるからさ」と初日は大変意気込んでおられたオージ先生ですが、途中でライブをやったり、疲れて寝てしまったりで、3日目の最終日は徹夜、明け方新幹線で名古屋へと飛んでいきました。

CPq1kBAU8AA220n.jpg
初日の夜、この日ご来社だった根本さんも一緒にみんなで晩ご飯。「これから徹夜で頑張らないと」、とご飯のおかわりまでしたオージ先生ですが、お腹いっぱいになり明け方寝ちゃったそうです。


CP4yC-BUcAAwPOW.jpg
「ホントに終わるの?」「わかんないよ…」疲労が顔に出て来たオージ先生ですが、最終日は頑張って徹夜して何とか終わらせ、早朝に用意したおにぎり2コを懐に入れて旅立たれたのでした。ご苦労さん!


26日 大山海さんが、やっと仕上げた原稿を持ってご来社。部活の合宿もあり、このあと課題の小説20枚を2日間で仕上げなければならずで疲労困憊ぎみ。しかし、自分はいかにモテないか、という話でついつい盛り上がってしまい、帰るときには元気モリモリになってました。若いやねぇ。

CP0TGNcUEAAc1Lz.jpg
作業部屋でイラストを描いていた根本さんに特殊イラストの描き方(考え方を含む)を伝授された大山さん、いたく感動していました。


10月3日夕方、つげ忠男さんの個展「成り行き」のオープニングでビリケンギャラリーへ。ギリギリまで仕事して駆けつけたので遅くの到着でしたが、人が外まであふれかえるほどの大盛況! 満員のギャラリーに入ると、ナント、手前のテーブルでつげ義春さんがサインを、そして奥では忠男さんがサインを! とご兄弟でサイン会、なんだかすごい光景になってました。個展のためにたくさんの絵を描き下ろしされた忠男さんは、自ら絵の説明を皆さんにしてくださり、もう大感激! 会場では出来たてホヤホヤの新刊『成り行き』(ワイズ出版)が山積みされていたので、さっそくサインを頂きました。このあと皆さんは打ち上げに行かれましたが、まだ入稿作業が残ってるので、会社に戻り仕事。短時間でしたか充実したひとときでした。

CQY97V0VEAA6e3a.jpg
シマトラ、近藤ようこさん、まどの一哉 さんに絵の説明をされるつげ忠男さん。皆さん真剣に聞き入っています。


CQY-AtFUsAAneLD.jpg
末永史さんと歓談する近藤さん、お二人とも大人の女性って感じ。なんかいい雰囲気ですよね。


CQYdlKqUEAACLD8.jpg
つげご兄弟にお願いして記念写真! 素晴らしい並びです!


CQY-HzLUkAAb3oc.jpg
私も記念写真をお願いしてしまいました。義春さんが椅子からおりて一緒に並んで下さったのでビックリ。感激と緊張で固まってしまいました。



 で、本日の夕食は簡単に、切り昆布とタラコ煮、コロッケ、味噌汁(小松菜、大根、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

そして、ここ何日かでご来社いただいた方の写真はコチラ。


CA392269.JPG
9月25日、筒井ヒロミさんと齋藤裕之介さんが原稿を持ってご来社。筒井さんにはweb関係の仕事を手伝って貰っちゃいました。ありがとうございます。


CQC7CsgUYAI5JbO.jpg
9月29日、駕籠真太郎さん、自転車でご来社。いつもフットワークが軽く、突然現れるような印象があります。


CQYzHhVUAAAHdUZ.jpg
10月3日、ラッキーの散歩にきてくれた川崎タカオさんとあきやまみみこさん。忙しいので助かりました! 帰り際、あんちゃんの小屋にひっこんじゃったラッキーをおやつでおびきよせようとするみみこさん。


CA392322.JPG
10月6日、いかにも怪しげな風貌の河井克夫さんが、怪しげな秘密の仕事を編集部で…。一体何の仕事なんだ?

posted by 青林工藝舎 at 22:38| 日記

2015年09月20日

山田花子墓参り〜ル・デルニエ・クリ|ポスター展ツアー

 19日。午後2時過ぎに旧「ガロ」編集部のじゃまのい(山ノ井)さんご来社。1時の約束だったのが、その前に教え子が優秀賞を受賞したという「東京ゲームショウ2015」に出席していて時間が押してしまったとの事。会場の幕張メッセから汗まみれになって到着するや、香田さんの位牌に手を合わせ、あまりゆっくりする間もなくあたふたと手塚さんと3人で山田花子の墓参りに。霊園がある高尾に着いたのは4時前…。高尾は遠い。
 無事に墓参りを済ませ高尾駅で食事をしたのち新宿へ。山ノ井さんは今晩泊めてもらう知人との待ち合わせ場所へ、手塚さんは近藤ようこさんの個展「物語る絵」のオープニングで青山のビリケンギャラリーへ、そして私はル・デルニエ・クリのポスター展第3弾の会場、大久保のART SPACE BAR BUENAへそれぞれ向かう。シルバー・ウィークの初っ端はなんとも慌ただしい一日となりました。
 
 大阪から東京・麹町、そして大久保へと短期間で引越(アートだから…)をするル・デルニエ・クリのポスター展。この度の大久保会場は急遽決まったライブで幕開けです。出演はYvko Under、ヘドロメルヘン(市場大介+吉田恭淑)、伊東篤宏の各氏。三者三様のノイズがデルニエ・クリのポスターから聞こえてくるみたいで楽しかったー。とりわけ、Yvko Underさんの演奏と店内のモニターで流れているル・デルニエ・クリのアニメ作品「邪眼SAVAGE RELIGIONS」の動きとが妙に合っていたうえ、ビデオと演奏の終わりが同時だったので自己満足感高まりました。
 というわけで、ル・デルニエ・クリ主宰のパキート・ボリノ氏は会期中毎日在廊しています。また展示のポスターや書籍は購入も出来ますので、この機会にぜひ足をお運び下さい〜。(高市)

【ル・デルニエ・クリ|ポスター展ツアースケジュール】
▼9/23(水祝)まで。 19:00 – 24:00 ※月曜定休
場所:大久保「ART SPACE BAR BUENA」
入場無料(要1ドリンクオーダー)
http://buena.tokyo/

▼9/26(土) - 27(日) 13:00 - 21:00
場所:埼玉・秩父《音楽フェス「4D」》ノイズステージ:スナック「スポットライト」
入場無料
http://4d.multipletap.com/

LDC01.jpg
実験フォークノイズバンド「ヘドロメルヘン」の時は
ロンゲのヅラとサングラスを装着する市場大介さん


LDC03.jpg

LDC02.jpg

LDC04.jpg
展示の様子。お酒やソフトドリンクを飲みながら展示をゆっくりご覧になれます。


LDC05.jpg
右から、今回の来日で日本の友人たちと再会し、極右政党からの攻撃により疲労困憊した心身に英気を取り戻すパキート・ボリノ。次号アックスvol.107にてル・デルニエ・クリが巻き込まれた騒動についてご寄稿頂く予定のタコシェ・中山亜弓さん。ハードワークが続いて半分幽霊化している今回のポスター展ツアー企画者の一人、アート倉持さん。
posted by 青林工藝舎 at 19:55| 日記

2015年09月18日

「ル・デルニエ・クリ ポスター展」へ&神村篤著『暖かい日陰に』遂に発売!&「ロマンガロン」放電!

 16日夕方、雨の中高市ぴいこと一緒に、麹町のギャラリー「ANAGRA」で開催中の「ル・デルニエ・クリ ポスター展」へ。既にタコシェの中山さん、アップリンクの倉持さん、友沢ミミヨさんと愛娘のこたおちゃん、HAMADARAKAの絵留ちゃん、絵夢ちゃんの姿も。行く前に、西岡兄妹の智さんから送っていただいただだ茶豆を茹でて持って行くね、と連絡してたので、ミミヨちゃんとこたおちゃんが「豆、待ってました! さっきまでしりあがりさんも待ってたんだけど、腰が痛くなった、って帰りましたよ」とニコニコ。あれまっ、しりあがりさん、ごめんなさい!

CA392190.JPG
ル・デルニエ・クリの親玉、パキートとタコシェの中山さん。マルセイユでは右派の政党団体に不当な弾圧を受けてるパキートが、フランス語OKの中山さんに詳しい事情を説明中。


CA392188.JPG
友沢ミミヨさんとこたおちゃん。こたおちゃんも高校一年生になったよ! 芸術系の高校で油絵を専攻。驚くほど上手い、らしいので今学校に展示されている作品を見に行く予定。


CA392186.JPG

CA392189.JPG

CA392191.JPG

CA392192.JPG

CA392194.JPG
展示されてるシルクスクリーンのポスター。アックス作家多数!


CA392197.JPG
パキートとHAMADARAKAと倉持さん。この展示は今後下記の場所で展示されます。


【ル・デルニエ・クリ ポスター展ツアー】
▼9/19(土)〜9/23(水祝)※月曜定休日
場所:BAR_Buena
入場無料(要1ドリンクオーダー)
連日19:00〜25:00
http://buena.tokyo/
*初日9/19(土)は市場大介、伊東篤宏、Yvko Underのライブあり!(投げ銭制)

▼9/26(土) - 9/27(日) 13:00 - 21:00
場所:埼玉・秩父《音楽フェス「4D」》ノイズステージ:スナック「スポットライト」
入場無料
http://4d.multipletap.com/


 17日午後3時過ぎ、逆柱いみりさんがご来社。「ル・デルニエ・クリ ポスター展」のため、わざわざ上京されたのでした。年内にビリケンギャラリーで個展を控えているいみりさんですが、とてもお元気そうで何より。

CA392212.JPG
高速バスで上京するも、疲れも見せずラッキーと戯れる逆柱さん。



 本日は神村篤さんの初の単行本『暖かい日陰に』が取次搬入となりました(トーハンのみ24日)。早いところではすでに店頭に出てると思います。中野・タコシェ、新宿・模索舎にサイン本を置かせていただいているので、ご希望の方はお早めに! また、アックスストアでは本日18時『暖かい日陰に』サイン本の受付を終了させていただきました。たくさんのご予約ありがとうございました! 現在神村さんは次号アックス掲載予定の新作『Creep・3』を執筆中。まずは原稿を仕上げていただき、終わり次第サイン本に取りかかる予定ですので、ご予約いただきました皆様、発送までしばらくお待ち下さい!

CA392217.JPG
ここにご予約者のお名前が入ります!


 さて、明日からシルバーウィークが始まるらしいですが、アックス107の入稿が近付いてるしイベントもあるしで、休めないかも。連休明けには原稿が仕上がる予定の作家さん多数で、怒濤のご来社ラッシュになる予定。なので、今のうちに出来ることやっておかないとエライ事になりまっせ! てなワケなんですが、明日、故・山田花子の墓参りに行きます。「香田さんのお骨に手を合わせてから、どーしても花子ちゃんの墓参りに行きたいんで」とせがむじゃまのい<Rト、旧「ガロ」編集部に在籍してた山ノ井くんが福島から上京してくるので、高市ぴいこと三人で行きます。その後、ビリケンギャラリーで明日から始まる近藤ようこさんの個展におじゃまする予定。楽しみだな!

★ webアックス「放電横丁」に、まどの一哉 「ロマンガロン」第12話を放電しました! ロボットの中身はこんなことになっていたのか!? これまでのナゾが少しずつ解明されていくような、しかし深まっても行くような、不思議な展開になってきた「ロマンガロン」、必読です!!

ロマン12-010.jpg



 で、15日の夕食は根本さんも一緒に、おみやげのコロッケ、大豆の煮物(+ニンジン・ちくわ・かんぴょう)、ホウレン草のお浸し、松前漬け、みそ汁(なめこ・豆腐・カイワレ)、ヨーグルト、以上。
 16日の夕食は出かけるので早めに、大根と黒酢肉団子の煮物、さつまいものレモン煮、松前漬け、みそ汁(ニラ・油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。
 17日の夕食は、具沢山豚汁(豚肉・長ネギ・白菜・大根・ニンジン・小松菜・豆腐)、シシャモ、以上。
 本日の夕食は、高市ぴいこと二人だけだったので、冷凍海老ピラフと野菜スープ(トマト・キャベツ・玉葱・ニンジン・ジャガイモ)、ヨーグルト、を食べようとしたら根本敬さんが突然ご来社されたので、3人で食べました。以上。(手塚) 
posted by 青林工藝舎 at 22:54| 日記