2016年04月10日

「孫悟空と怪物展」そして「ミャオ族の刺繍とデザインー刊行記念展」へ。

 曇りだけど心地良い感じですねの本日昼過ぎ、高市ぴいこと一緒に西池袋のブックギャラリーポポタムへ。8日から展示されている『ミャオ族の刺繍とデザイン』刊行記念展では、中国西南部に暮らし、綿花や麻、蚕を育て、糸からつむぎ、農作業の合間をぬって、何年もかけて作り上げた服を身につける習慣のあるミャオ族の伝統工芸である、刺繍がほどこされた服飾品を展示。素晴らしいデザインと目を見張るような細密な刺繍はすごい! 元々刺繍に興味があり、実際に針を刺すのも好きなんですが、この超絶技巧の手作業には思わず唸ってしまいました。
 その後ポポタムの大林さんと雑談。暫くぶりでおじゃましたら新しいグッズや作品もずいぶん増えてて、最近こんな物が売れてますよ、とかいろいろ教わりました。勉強になったな、ありがとうございます。

 順番が逆になってしまいましたが、昨日も高市ぴいこと一緒に、昼過ぎ南青山のビリケンギャラリーへ。『孫悟空と怪物』と一風変わった企画展で、DMにイラストが使われている花輪和一さんや逆柱いみりさん、田中六大さん、森雅之さん、英之助さん等々、総勢17名の作家の力作を堪能。ここにおじゃますると雑談を長々としてしまうのですが、音楽や業界の新情報もゲットできるのでありがたい。昨日は三原のとっつぁんが「森雅之さんがCDジャケ描いた、スカートってバンドが今人気あるらしいよ」と教えてくれました。へぇ〜、知らなかった…。
 また、余談ですがビリケンギャラリーの近所、骨董通りにある木村屋というパン屋さんのパンがものすごく美味しい。青山という土地には珍しい町のパン屋さん≠チて感じ。昨日もそこでパンを買ってギャラリーの近所にある公園で食べました。手作りパンで種類も豊富、しかもそこらへんにあるパン屋さんよりも安い! 夕方になるとほとんど売り切れているので、お昼時を狙って行くといいですよ。

 この時期、原画展が多いですね。阿佐ヶ谷のギャラリー白線の【宮西計三展『単眼母子 合ワセノ鏡』】と、渋谷・ポスターハリスギャラリーの【追悼 「合田佐和子ポスター展」】もあるので、こちらも楽しみであります。(手塚)


〈ミャオ族の刺繍とデザインー刊行記念展〉

自然や生き物をモチーフにデザインされた刺繍。シンメトリーが多く、ビッチリと布に糸が通っている。これが手作業とは信じがたいほど細かいです。布目から邪悪なものが入ってくる、と考えるミャオ族なので、こうして布目が見えなくなるくらい細かい刺繍を施しているそうです。…そうか、だったら私らはもう邪悪に占領されているかも知れません。緻密な刺繍は写真で。

CA392856w.jpg

CA392851w.jpg

CA392852w.jpg

CA392855w.jpg

CA392858.JPG


◎おまけ

KIMG0510w.jpg
ポポタムへ行く途中にある目白庭園では、しだれ桜がちょうど見頃でした。しかし、高市ぴいこがご自慢のスマホで撮った写真はボケボケ。フォトショでシャープをかけるもこのザマで、せっかくのしだれ桜が…、と言ったら「幻想的に見えていいんじゃないですか」だと。なんだその開き直りは。ボケはボケじゃ!


CA392844w.jpg
そして昼間から夢見るらっちゃん。

posted by 青林工藝舎 at 19:00| 日記

2016年04月09日

一ヶ月分の、ご飯ですよ!

 大変ご無沙汰しています。ずいぶん更新してませんでしたね。年明けからずっと仕事詰めでした。3人体勢だと一人にかかる仕事量がすごくて、なかなか休むことが出来ません。ブログも更新しなければ、と気にはかかっているのですが、気が付くと遅い時間になってしまい、なかなか書けない。とかいいながらも、夕食の献立だけはメモしてます。
 最近、世間様ではより健康志向が強くなり、炭水化物はあまり取るなだの、グルテンフリーだのとうるさいこと言ってますが、炭水化物だろうがグルテンだろうが口に入れば何でもありがたい。以前、某女性経済評論家の方が「低所得者は炭水化物を多く取るので太る」とか、鬼の首でも取ったかのようにのたまってましたが、そんなことは言われなくても低所得者が一番よくわかってんだよ、バーカ! と言うわけで、朝昼の食事は仰るとおりほとんど炭水化物なので、せめて夕飯だけでも野菜やタンパク質を取るように、ギリギリ心がけています。
 とにかく安くあげなければならないので、昼飯を買いに出たときに、スーパー2件と八百屋と100円ローソンを偵察して何は何処が一番安いかを確認し、それでだいたい献立を決めてます。さらにどの手順でやったら短時間で出来るのか、そーゆーことを考えるのはわりと好きな方なので、半分は楽しんで息抜きと思って作ってます、ハイ。あ、人数は少ない時は3人、多いときで6人ぐらい。また、連日レコジャケイラスト作業で根本さんがご来社のため、根本さんの差し入れ多いです。ありがたい! さらに、お米は農業やってる従兄弟から激安で分けてもらってるから、低所得者のくせして毎日美味しいお米を食べることが出来るので、これまた非常にありがたい! では、せっかくメモしておいたので、献立ズラリと発表します。仕事関係の話は、また後で。なるべく書くように心がけます。(手塚)

 
3/3 茄子と鶏肉のみぞれ煮(大葉のせ)、炒めにんじんのバタータラコ和え、サラダ(ブロッコリー、ハム、味付ゆで卵)、味噌汁(キャベツ、ジャガイモ、油揚げ)、ヨーグルト。

3/4 根本さんの差し入れ(コロッケ・小アジの南蛮漬け・卯の花)、野菜炒め(モヤシ・キャベツ・ソーセージ)、新玉葱のタラコマヨネーズ和え(+大葉)、豚汁(豚肉・小松菜・ニンジン・長ネギ・豆腐・油揚げ)、ヨーグルト。

3/7 この日は人数が少なかったので手を抜いて惣菜のとんかつ、サラダ(温キャベツ・新玉葱・インゲン・胡麻・おかか)、トマトコンソメスープ(トマト・レタス・チーズ)、ヨーグルト。

3/8 ジャワカレー(豚肉・ニンジン・玉葱・ジャガイモ)、サラダ(温キャベツ・インゲン・新玉葱・シラス)、ヨーグルト。

3/9 キャベツと海老と椎茸と長ネギと厚揚げのオイスターソース炒め、ジャガイモとゆで卵のサラダ、納豆、味噌汁(茄子・長ネギ・油揚げ)、ヨーグルト。

3/10 コンビーフ入り野菜煮(キャベツ・ニンジン・玉葱・ジャガイモ)、焼き魚(秋ジャケ)、味噌汁(白菜・厚揚げ)、ヨーグルト。

3/14 根本さんの差し入れで和牛ハンバーグ(大根おろし+大葉+醤油ポン酢)、若布と温キャベツ、ポテトサラダ、ピーマンとエリンギの醤油炒め、味噌汁(ニラ、油揚げ)、ヨーグルト、以上。

3/15 煮物(鶏肉、大根、ニンジン、里芋)、空豆の豆苗と穂先メンマ炒め、大根と大根葉の塩もみ、味噌汁(かき菜、若布、油揚げ)、ヨーグルト。

3/16 青梗菜とハムの牡蠣油炒め、カボチャ煮、昨日の煮物の残り、味噌汁(かき菜・豆腐)、ヨーグルト。

3/17 塩ピラフ(鶏肉、玉葱、ピーマン、エリンギ)、ポトフ(キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、玉葱、ハーブ入りソーセージ)、ヨーグルト、いちご、。

3/23 きんぴら(ゴボウ・ニンジン)、ナスのバター醤油炒め(長ネギ、舞茸、ウインナー)、味噌汁(ニラ、油揚げ)、ヨーグルト。

3/24 煮魚(カジキまぐろ)、きんぴら、温奴(ネギ+大葉+おかか+醤油ポン酢)、味噌汁(大根、キャベツ、モヤシ)、ヨーグルト。

3/25 根本さんの差し入れで宝舞の餃子、煮物(鶏肉、さつま揚げ、筍、ニンジン)、タラモサラダ(ジャガイモ+タラコ)、大根とキュウリの塩もみ+大葉、味噌汁(キャベツ、玉葱、油揚げ)、ヨーグルト、

3/31 特売のメバチマグロの刺身、黒酢あんかけ肉団子煮(厚揚げ+ピーマン)、大豆煮(ニンジン・椎茸・割り干し大根・油揚げ)、切り昆布とタラコの煮付け、味噌汁(若布・椎茸、長ネギ、豆腐)、ヨーグルト。

4/1 鳥唐揚げ(千切りキャベツ付)、ジャガイモとスナップえんどうの甘辛煮、ホウレン草のお浸し、昆布の佃煮、白菜漬け、味噌汁(豆腐・なめこ)、ヨーグルト。


4/2 根本さんの差し入れでウドと赤ネギとサンマの水煮缶をいただいたので…。ウドの牛肉煮、赤ネギの素焼き(おかか+醤油ポン酢)、サンマ水煮のチーズ焼き(チーズ、マヨネーズ、ピーマン)、昆布の佃煮、白菜漬け、トマトスープ(コンソメ・カリフラワー・スナップえんどう)、いちご、ヨーグルト。

4/4 根本さんの差し入れで宮古島新玉葱をいただいたので、宮古島玉葱と厚切りベーコンの塩コショウ炒め、ボイル紅鮭のトマトソースがけ(トマトジュース・塩コショウ・バター・醤油・ケッパー)、味噌汁(カブ・カブの葉・油揚げ)、ヨーグルト。

4/8 肉ジャガ(ジャガイモ・ニンジン・宮古島新玉葱・豚肉・しらたき)、ウドの柚酢味噌和え、カブとカブの葉の塩もみ、味噌汁(モヤシ、キャベツ。油揚げ)。ヨーグルト。

4/9 ジャワカレー(豚肉・玉葱・ニンジン・ジャガイモ)、ブロッコリーとトマトのサラダ、宮古島新玉葱のスライス(おかか+醤油ポン酢)、いちご、ヨーグルト、以上。

CA392832.JPG
どんなに忙しいときでもヌイグルミを咥えてきて「遊んで!」をせがむらっちゃん。無視すると、その後一日中ふてくされてしまうので、ちょっとだけでも遊んであげるんだけど、そんならっちゃんももう7才、人間でいったら48才なんだと。
posted by 青林工藝舎 at 22:48| 日記

2016年03月03日

丸尾末広氏がGUとコラボ!! ウルトラマンTシャツ 3月7日よりGUにて販売開始!!

ウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念して、GUとのコラボアイテムを展開! 日本初のクリエーターたちが描き下ろしたオリジナルデザインのTシャツが登場! 参加アーティストは丸尾末広氏の他に、中根ゆたか、宮村弦、ENLIGHTENMENT、GROOVISIONSの各氏。キッズTシャツやインナーアイテムも販売されます。ウルトラマンファン、丸尾ファンには見逃せない企画ですのでお見逃しなく!

GU×円谷プロ ウルトラマンシリーズ放送開始50年企画 
3月7日よりGUにて販売開始!
★特設サイト 
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/gu/ultraman/men/

ultra_release_final 2.jpg


・メンズTシャツ(全10柄/S・M・L・XL):¥790
・キッズTシャツ(全6柄/110〜150p):¥690
・ショートパンツ(全5柄/S・M・L・XL):¥990
・ボクサーパンツ(全10柄/S・M・L・XL):¥490

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎丸尾末広氏の絵柄はこちら。

【ウルトラマンVSゼットン】メンズT

G16H-34-272788-00A 2.jpg


G16H-34-272788-08A 2.jpg


G16H-34-272788-66A 2.jpg


【ダダ】メンズT

G16H-34-272786-00A 2.jpg


G16H-34-272786-57A 2.jpg


G16H-34-272786-69A 2.jpg


【ウルトラマンVSゼットン】キッズT


HP-10-272441-00A 2.jpg


HP-10-272441-08A 2.jpg


HP-10-272441-62A 2.jpg


コピーライトマーク円谷プロ
posted by 青林工藝舎 at 15:57| 日記

2016年03月02日

「アックス109 特集:追悼水木しげる」編集のちょっとした顛末記

 久々の更新です。ずいぶんと間が空いてしまいましたが、お陰様で『アックスVol.109』は大好評でして、ホッと胸をなで下ろしています。とにかく編集の時間が少なかった。他の仕事もどんどん入ってくるしイベントもあるし、そんなときに限ってグッズの展開やら電子書籍がどのうこうのでと打ち合わせも多かった。水木さんの追悼特集ではご寄稿いただいた方々の人数も多く、原稿もギリギリまで待って…。ということで、特集の台割りが確定したのが確か入稿の2日ぐらい前でしたね。そこから原稿に合わせて図版を拾っていって、入稿前日から手分けして一挙にレイアウト!ってこれ終わるのか? 特集扉と目次は井上デザインの井上親方が、池上遼一さんと近藤ようこさんの対談、白土三平さんのインタビュー頁は担当してくれた浅川クンが、図版スキャニングと漫画再録「五円玉」の原稿復刻を志村クンが、残りの頁を私と高市ぴいこが怒濤のレイアウト。途中でMacの調子が悪くなったりとアクシデントもあり焦りましたが、何とかギリギリで終了…。
 無我夢中だったので、終了してから「これ、ちゃんと追悼特集になっているんだろうか」と不安で不安で仕方ありませんでしたが、見本ができて関係者に送ると「すごく面白い!」という声をたくさんいただき、やっと安堵したのでした。
 編集に入る前から、入稿が終わってさえも、重要なパートを引き受けてくれた元社員の浅川クンとのメールのやりとりが膨大すぎて、しかも長文が多い。落ち着いてからメールボックスみたら、よくもまあこんなにメールしていたな、というくらい凄い量でした。
 「ガロ」創生期から執筆して下さった水木サンには、やはり格別の思いがあります。「アックス」でしかできない追悼を…。こればかりが頭の中をめぐり、昔の資料を引っ張り出しての編集はバタバタながらも楽しかったけど、正直プレッシャーもすごくてね。
 出来上がった本を持って水木プロダクションにお礼に出向き、代表の尚子さん、そして昔からお世話になっている松久保さんとお話したときには、感極まって思わず涙が出てしまいました。本をさしあげたときに、「わー、伸坊さんの絵、すごくいいですね!」と仰っていただき嬉しくなってしまいました。南さんに表紙のイラストをお願いしたときも、追悼特集が決まった時点で考える間もなく受話器取ってたし、南さんも「嬉しいな、いいよ!」と即答。南さんが描いてくださった『河童の三平』(兎月書房版)の一コマについては、後から松久保さんが仰ってたのですが、あのコマを南さんが好きだってことを水木サンは雑誌の記事で読んでて知っていたそうです。何か導かれてるんでしょうかね。
 それから今回の特集で、白土三平さんとお話したのもかなり久しぶりのこと。青林工藝舎を立ち上げて何ヶ月か経ったときに、白土さんが「資料でガロが必要だったら赤目プロに取りに来て下さい」と仰って下さったので、まだお元気だった香田さんに道案内していただき、私と浅川クン、レンタカーの運転で北園クンと一緒に出かけ、創刊号からカムイ伝終了の号まで、3セットぐらいいただいたのでした。その時とても貴重な原画も何点か見せていただきました。
 その後、元青林堂のことで何度か電話を頂いたことがありましたが、今回、本をお送りしてから電話でゆっくりお話しすることが出来ました。お年は取られてますが、相変わらず凛とした声は素敵でした。
 ご登場いただいた作家の皆さん、関係者の皆さん、編集大協力の浅川クン、水木プロダクションの皆様、読者の皆様、そして何よりあの世の水木サン、ありがとうございます! 心より感謝申し上げます。細かいエピソードはまた機会があったらブログか、またはメルマガで書こうと思います。


【水木しげるサン、お別れの会】


CA392663.JPG
1月31日、東京都青山葬儀所で行われたお別れの会には、たくさんの関係者、ファンの方々が参列されていました。私の席の斜め前がつげ義春さんと南伸坊さん、真後ろが赤田祐一さん、と偶然にもかたまっていました。京極夏彦さんの司会も荒俣宏さんのごあいさつもすごく良かった、そして面白かった! 真ん中で水木サンが微笑んでおります。


CA392666.JPG

CA392667.JPG

CA392668.JPG
懇親会に出された料理。水木サンのお別れの会にふさわしく、茶目っ気タップリのご馳走!


CA392670.JPG
参列者に配られた色紙です。ファンの方々には同じ絵柄のポストカードが配られました。プレゼントまでついちゃっての素晴らしい葬儀でした。前日には雨も心配されましたが当日はまさかの晴天! 水木サンらしいなぁ。


【京都・徳正寺本堂でのトークショー】


京都のギャラリー、メリーゴーランドで開催された「ガローアックスー長井勝一展」の初日(1月16日)に、徳正寺本堂にて長井さんの没20年と、香田明子さんの納骨の勤行、そしてトークショーが行われました。

IMG_8198.JPG
ご来場いただいたお客様と一緒に。お経は扉野良人氏。澄んだ声が響き渡ります。


IMG_8199.JPG
トークショー第一部は「ガロ」と水木サンの話を中心に。向かって右から呉智英・林静一・南伸坊の各氏。なおこのトークショーは『アックスVol.109』の「追悼水木しげる」に収録されています。面白いよ!


IMG_8207.JPG
第二部は「ガロからアックスへ」。向かって右は爆弾発言も飛び出した古泉智浩氏、そして島田虎之介氏。お二人のマンガへの拘りを語っていただきました。


IMG_8209.JPG
第三部は京都在住のマンガ家、ひさうちみちお氏と、ご来場されていた赤田祐一氏にもご参加いただき、やっぱり水木サンの話に。水木サンの話になると笑いが絶えないのであります。


IMG_8189.JPG
トークショー前夜、徳正寺での宴会の後、何やら絵とサインを描き始めた林さんと南さん、ひさうちさん。


CA392604.JPG
徳正寺の裏庭にある、藤森信照氏が設計した茶室「矩庵」。南さんや赤瀬川さんなど、路上観察学会の方々も参加して建てられた茶室です。



ーーーーーーーーーーーーーー
◎ブログさぼっていた間の夕食の記録です。

2/12 餃子(根本さんの差し入れ)、米茄子とベーコンのしぐれ煮、新玉葱スライス(おかか・カイワレ大根・しょうゆポン酢)、キュウリの塩昆布茶揉み(大葉・生姜)、味噌汁(大根・オクラ・長ネギ・油揚げ)、ヨーグルト、以上。

2/13 「アックス女子会」展オープニングパーティへ差し入れ分として。おにぎり(米4合分/枝豆・白ごま・生姜のみじん切りをまぜたもの)、大根とイカと里芋の煮物、薩摩芋の檸檬煮、柚リンゴ。

2/14 モヤシキムチ炒め(ニラ・豚肉入り)、茄子のレンジ蒸(胡麻・大葉・ポン酢)、キュウリの塩もみ(昆布茶入り)、じゃことクルミの佃煮、味噌汁(ジャガイモ、絹さや、油揚げ)、ヨーグルト。

2/16 焼き魚(秋鮭)、ニラ玉閉じ煮(ニラ、卵、舞茸、豚肉)、漬け物(山ごぼう・高菜と明太)、味噌汁(大根、インゲン、長ネギ、油揚げ)、ヨーグルト。

2/17 根本さんの差し入れでハンバーグ(大根下ろし+大葉・ポン酢)、ミニコロッケ、新玉葱と塩もみキュウリのおかか和え、ホウレン草のお浸し、コーンとベーコンのバター炒め、漬け物(山ごぼう・高菜と明太)、味噌汁(茄子、豆腐、油揚げ)、ヨーグルト。

2/18 ホウレン草とベーコンとウインナーのバター炒め、カボチャ煮、新玉葱のおかか和え、漬け物(たくあん・高菜と明太)、味噌汁(生わかめ、豆腐、油揚げ)、ヨーグルト。

2/23 焼き魚(北海道紅鮭)、蕗とさつま揚げ煮、アサリの佃煮、新玉葱のスライス(おかか・しょうゆポン酢)、ホウレン草のお浸し、漬け物(沢庵、高菜と明太)、キュウリの塩もみ(昆布茶入り)、味噌汁(椎茸、小松菜、豆腐)、ヨーグルト、以上。

2/24 回鍋肉(豚肉・キャベツ・長ネギ・絹さや)、かぼちゃ煮、小松菜と椎茸と油揚げの煮浸し、沢庵、山ごぼうのたまり漬け、味噌汁(茄子・大根・新玉葱)、ヨーグルト。

2/25 根本さんの差し入れで宝舞の餃子40個!、新玉葱のスライス(おかか・しょうゆポン酢)、生もずく(生姜、しょうゆポン酢)、温奴(生姜、ネギ、おかか)、味噌汁(キャベツ、油揚げ)、ヨーグルト、以上。

2/27 ゴボウと豚肉と新玉葱の甘辛煮、大豆煮(割り干し大根、ニンジン、椎茸、油揚げ)、新玉葱と茗荷のおかか醤油ポン酢和え、沢庵、小女子、味噌汁(もずく・豆腐・アサツキ),ヨーグルト。

2/28 根本さんの差し入れでジャンボシュウマイ、ゴボウと白滝と牛豚合い挽きのきんぴら煮、温キャベツサラダ(じゃこ・塩昆布・昆布茶)、味噌汁(小松菜、油揚げ)、沢庵、ヨーグルト。

3/1 サバの味噌漬け焼き、ジャンボシュウマイ、大根と昆布と鶏肉の煮物、味噌汁(茄子、茗荷、油揚げ)、ヨーグルト。

3/2 大根煮(筍、若布、さつま揚げ)、キャベツの温サラダ(蒸しジャガイモ、塩昆布、昆布茶)、納豆、ゴボウのたまり漬け、沢庵、味噌汁(小松菜、油揚げ)、ヨーグルト、以上。
posted by 青林工藝舎 at 23:02| 日記

2016年02月11日

「アックスVol.109」水木しげる追悼特集の内容はコレ!

 久しぶりの更新です。去年11月辺りからかなりのハードスケジュールでぶっ飛ばしてきましたので、ちょっと疲れ気味。そんなワケで、このところ午後にはかならず15分ぐらい昼寝をしています。私は目を瞑ると即行で眠りに落ちてしまい、15分後には2、3時間寝たような、スッキリした気分で目がさめる、というお得な体質のため、昼寝は効果絶大であります。

 さて、次号『アックス109』は、ツイッターでも予告しましたが、水木しげる大先生の追悼特集です。水木サンの追悼、となると「私にも書かせて下さい」と手を挙げて下さる方も多く、当初70頁の予定が110頁まで拡大したので、思いの外ムチャクチャ時間がかかってしまい、2回の貫徹作業で脳味噌がジンジン痺れてしまいました。
 また、せっかく特集を組ませていただくのであれば「アックス」ならではのものにしなくては、と考え、時間を60年代まで戻し、水木さんと『ガロ』との関わりがより分かるような内容に重点を置き編集。そしてその内容は…。
ーーーーーーーーーーー
・対談:池上遼一×近藤ようこ
「おおらか、ユーモア、真面目さ、水木しげるを語る
・白土三平氏に訊く(聞き手:浅川満寛)「自由な発想を発表させる場として『ガロ』はあった」
・寺子屋講座「水木マンガの原点」呉智英  
・鼎談:林静一×呉智英×南伸坊 「幸福は80点、ゲーテ血中濃度80%のじっと待てない男」
・座談会:赤田祐一×足立守正×藤本和也「水木画のひみつ」
・寄り合い座談会:幻の名盤解放同盟(湯浅学・船橋英雄・根本敬)
「我々の使命は湯気の中のビンボーズ探求」
・水木しげるガロ掲載作品リスト
・再録作品「五円玉」解説/浅川満寛 109
・元アシスタントの証言/土屋慎吾・鈴木翁二・菅野修(マンガ)「昭和48年初夏」
・妖怪ポスト投函コメント
丸尾末広/みうらじゅん/蛭子能収/村上知彦/まどの一哉/久住昌之/内田春菊/しりあがり寿/杉作J太郎/東陽片岡/逆柱いみり/河井克夫?あきやまみみこ/井上則人/島田虎之介/中野シズカ/あらいあき/堀道広/具伊井戸夫/高室弓生/山崎春美/赤田祐一/並木智子/スケートシング/ジャン・ルイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上です。やはり特筆すべきは、『ガロ』創刊の意義を白土さん自ら語られたことと、水木サンとの出会いのシーンです。記事は10頁ですが、実は元社員で劇画史研究家の浅川クンが、白土さんとお酒を飲みながら12時間に及ぶインタビューを決行。今回はその中からガロにつての話を抜粋。浅川クンの説明・解説付きなので、マンガ史がよく分からない、という方にも読みやすい記事となっています。もちろん、どの記事も内容は深く、読み応えありの追悼特集となったと思いますので、どうぞお楽しみに!
 それから、当初つげ義春氏のインタビューを予定していたのですが、つげさん体調不良のためインタビューは延期。110号または111号でお願いしたいと思いますので、もうしばらくお待ち下さい。

ax109h.jpeg
「アックスVol.109」表紙イラスト/南伸坊 2月24日発売予定!


 というワケで、昨夜は久しぶりに8時間寝られたのでスッキリしてます。やっぱり睡眠は一番の回復剤だよ、ババアとしては! 
 京都・メリーゴーランドでの展覧会や、徳正寺本堂でのトークイベント、そしてあの世に旅だったスズメのチーコの話は、また近々、ということで…。

 明後日13日(土)から、南青山・ビリケンギャラリーで「春爛漫 アックス女子部」の展覧会が始まります。アックスの女性陣のみ、という初の試みです。フェロモンムンムン(ホントか?)の会場で、クラクラするのも良し、絵を買って下さればもっと良しで、約2週間お楽しみ頂けます。どうぞご贔屓に!

◎ずっと更新してなかったのですが、メモしておいた分の夕食献立は下記に通り。

1/20、大根とイカと里芋の煮物、湯豆腐(昆布だしで、醤油ポン酢+あさつき)、生もずく(タップリのすり下ろし生姜とカイワレ大根)、味噌汁(長ネギ、椎茸、若布、油揚げ)、柴漬けとすぐき(大山海クンのお土産)、ヨーグルト。

1/21、ナスと鶏肉とシメジのみぞれ煮、柴漬けとすぐき、根本さんのお土産で、卯の花、レンコンと湯葉の煮物、小女子と桜エビの佃煮、シマトラのお土産でちりめん山椒、味噌汁(ニラ、豆腐、油揚げ)、ヨーグルト。

1/22、ジャガイモと玉葱とコンビーフのコンソメ煮、キャベツの梅昆布茶あえ(昆布茶・梅干し・ちりめん山椒・ごま油)、味噌汁(大根、油揚げ、昼間の弁当の残りの千切りキャベツ)、納豆(刻みネギ・青のり)、ヨーグルト。

1/23、もの凄く寒かったので、クリームシチュー(ジャガイモ、玉葱、ニンジン、鶏肉)、トーストサンド(ツナマヨ、ハム、リンゴ)、ヨーグルト。

1/24は、麻婆豆腐、ツナマヨサラダ(ハム・塩もみ大根入り)、薩摩芋の檸檬煮、ちりめん山椒、味噌汁(キャベツ。油揚げ)、ヨーグルト。

1/25、豆乳胡麻鍋(白菜・長ネギ・ニンジン・水菜・油揚げ・がんも・えのき・豚肉)、カボチャ煮、ちりめん山椒、ヨーグルト。

2/9、ホウレン草と舞茸とウインナーのバター炒め、切り昆布とタラコ煮、ジャガイモのフライ、味噌汁(白菜、オクラ、豆腐、油揚げ)、ヨーグルト

2/10、キムチ鍋(キムチ・白菜・ニンジン・ジャガイモ・ニラ・長ネギ・エノキダケ・豆腐・豚肉)、キュウリの塩もみ(昆布茶・生姜・大葉)、根本さんの差し入れでクルミと小女子の佃煮、卯の花、ヨーグルト、以上でした。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 21:02| 日記

2016年02月10日

幻の名盤解放同盟「泥船人生相談」第5回を放電しました!

 本日webアックス「放電横丁」に幻の名盤解放同盟「泥船人生相談」第5回を放電しました! 今回はどんな美人もブスに撮れてしまう“ブス撮り”カメラマンと犬の友達しかいない兄の行く末を心配する妹の相談です。
放電横丁へのアクセスはコチラ→http://houden.net/

dorobune.jpg
posted by 青林工藝舎 at 15:35| 日記

2016年01月20日

「蛭子能収 東京五輪エンブレムTシャツ」通販開始のお知らせ

 蛭子2年(※)元旦からパルコミュージアムで開催された「新春えびすリアリズム〜蛭子さんの展覧会〜」で販売するや、あっという間に完売した縁起物(?)「蛭子能収 東京五輪エンブレムTシャツ」の通販を開始しました!
 そもそもの発端は、東京五輪エンブレムパクリ疑惑がたけなわだった昨年9月、担当記者に促されるままササッと描いたイラストが『デイリースポーツ』紙のコラム「エビス流」(2015.9.17付/同年12月連載終了)に掲載され、ネット転載を機にテレビなどで話題となった代物。それをこの度根本敬氏が“仕掛け人”となり小社で商品化する運びとなりました。
 なお根本氏が制作背景を語った記事が『デイリースポーツonline』(2016.1.4)に掲載されてますのでぜひ併せてご覧下さい。冒頭※印「蛭子2年」の謂われも解明します。(高市)
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/01/04/0008693967.shtml

★ご注文はこちらから
【アックスストア】https://ax.ofthemall.com/
※約1ヶ月間の期間限定販売です。ご注文はお早めに!

ebisuT.jpg
posted by 青林工藝舎 at 18:35| 日記

2016年01月15日

これより京都へ向かいます。留守中ご迷惑をおかけいたします。

本日はこれよりスタッフ全員、京都に向かいますので、留守になります。御用の方、書店様はファックスで、または週明け12日にご連絡下さい。お急ぎの方は各担当の携帯までお願いいたします。ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございません。

 明日16日は「ガローアックス」展のオープニング及びトークイベントに、また、長井勝一没20年の勤行と、故・香田明子氏の納骨を行います。当日も受け付けておりますので是非のお越しを!

CA392580.JPG
あんちゃんと一緒にお留守番のラッキー。
posted by 青林工藝舎 at 14:17| 日記

2016年01月13日

風門のツボ?&絶賛予約受付中!&簡単!温奴の作り方

 年明けからずっとバタバタの日が続いています。仕事が重なり、新年の墓参り帰省は元日日帰りでした。2日から仕事始めでしたが、それでも間に合わない。今月末のアックス入稿までずっとこの状態が続くワケなので、絶対に風邪を引かぬよう、対策してます。その対策とは、webアックス「放電横丁」に連載中の、筒井ヒロミさんの『もちが焼けたよ』第14回の最終頁「ゾクッときたら風門≠フツボ」にある通り。これね、すごく効きますよ。皆さんもお試しあれ!

CA392569002.JPG
先日仕事で武蔵小杉にでかけたときに立ち寄った京浜伏見稲荷神社。何もかも派手すぎてまるで舞台のカキワリのようなココが、不覚にも初詣の場所となってしまいました。


 さて、16日から京都・メリーゴーランドで始まる「ガロ^アックス」展の準備も大詰めでして、本日最終便を発送しました。ガロ、アックスの70名を越す作家たちの作品が一斉に展示されます。壁中埋め尽くされ、まさに曼荼羅のような雰囲気になるのは、と今からワクワク。でも準備はまだ続行中。15日の午後、全員で京都に向かうのですが、会社を出るギリギリまでやってるんだろうな、多分。というワケで、15日(金)は、午後2時以降留守になります。
 16日には、長井(勝一)さんの菩提寺、徳正寺でトークショーが行われます。お寺の本堂でのトークショーだけに、あまり罰当たりなことは話せないな、と思いがちですが、トークショーのメンバを見れば、そんなことはお構いナシ!の方々ですので、どんな話が飛び出すのか今から恐ろしいワタクシ。長井さんのはなしにからめて当然水木さんの話も出てくると思いますので是非ご来場さい。現在絶賛予約受付中です!くわしくはコチラから。
 あ、そのトークショーが始まる前に、没20年になる長井さんの勤行と、この日やっと納骨を迎える故・香田明子さんの勤行もありますので、そちらも是非ご参加下さい。お待ちしております。

CA392575.JPG
安部慎一氏の「美代子阿佐ヶ谷気分」より。こんな貴重な原画も展示されます!


 もうひとつお知らせです。明日から国立市・ギャラリービブリオで【つげ忠男原画展「懐かしのメロディ 1969/2015」】が開催されます。傑作「懐かしのメロディ」の初出とリメイクの生原稿が全頁並列展示されますのでお見逃しなく!

ただお009.jpg
サイン本や希少本も並びますので、お早めのお越しを!


 次号アックスでの水木さんの追悼特集も着々と編集中でして、これから収録する鼎談やインタビューもあるのでさらにバタバタしそうですが、皆さんの水木さんに対する想いをかみしめながら進めたいと思います。

IMG_8138.JPG
こちらの写真は8日に収録した、池上遼一さんと近藤ようこさんの対談。水木さんの隠れたエピソードやマンガに対する貴重なお話をたくさんお聞きすることが出来ました。


 で、本日の夕食は、作業でご来社の根本さんも一緒に、寒いのでキムチ鍋!(キムチ・白菜・長ネギ・ニラ・大根・ニンジン・エノキダケ・豆腐・豚肉・キムチ鍋の素)、薩摩芋の檸檬煮、昆布煮、そして〆はキムチ鍋の汁でラーメン+とろけるチーズ、これ最高に美味しい! &ヨーグルトでした。
 ちなみに昨日の夕食は、ニラ玉とじ(ニラ・卵・舞茸・豚肉)、昆布煮、温奴(きさみネギ+生姜+おかか+醤油ポン酢)、味噌汁(ジャガイモ、絹さや、油揚げ)、以上。
【おまけ】
・電子レンジで簡単にできる温奴
木綿豆腐を器に出し暫く置いて水を切り、ラップをかけて電子レンジで熱々になるまで温めます。ラップを外してヤケドに気を付けながらもう一度水を切り、おろし生姜と大量の刻みネギ、おかかをのせ、醤油ポン酢をドバッとかければ出来上がり。湯豆腐よりもずっと簡単で身体も温まるのでお試し下さい。(手塚)

CA392576.JPG
底冷えの朝、石油ファンビーターをつけたら、遠慮しがちな距離で暖まるらっちゃん。
posted by 青林工藝舎 at 23:19| 日記

2016年01月07日

後藤友香「狂いゆく男」第6回

 webアックス・放電横丁に後藤友香「狂いゆく男」第6回を放電しました!閲覧無料です。
こちらからどうぞ→ http://houden.net/

mad man#06.jpg
化け物に変貌したジェームズの追跡から逃れ、
ようやく耕一の祖父が営む温泉宿に辿り着いたミランダだが……
 
posted by 青林工藝舎 at 19:02| 日記

2016年01月02日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

CA392551 2.JPG
通常営業は5日(火)からとなります。


 というワケで、2016年は「新春 えびすリアリズム〜蛭子さんの展覧会〜」からスタート!

ebisu_realism_web_rgb_yoko.jpg


 昨年、もめ事多発だった東京オリンピック。2020年開幕ってホントに大丈夫なの?と誰もが心配する中、無謀にも蛭子さんデザインのエンブレTシャツをいきなり販売! これで全てうまくいく、ってホントか!? このTシャツは現在会場のみの販売となっていますが、のちほど弊社のショッピングサイト、アックスストアでも販売を予定しておりますのでお楽しみに!

CXiYUyhUEAAUECF.jpeg
これがモンダイのエンブレムTシャツ。いかにもやっつけ仕事といった趣がにじみ出てるので、パクる気すら起こらないシロモノとなっております。缶バッジのおまけ付き!


CXna3hFUoAAoNo-.jpeg
2016年のめでたい門出にと、きちんと列に並びサインをいただく根本敬さん。元旦から押さえるべきところはちゃんと押さえる、さすが根本さん!


 また、16日からは、京都・メリーゴーランドにて「ガローアックスー長井勝一」展が始まります。60名を越す作家の原画展示(販売有)、そして初日16日は徳正寺本堂でトークショーもあります。こちらは予約が必要なので、観覧ご希望の方はお早めのご予約を! 私達スタッフも伺いますので、1月は京都でお会いしましょう!!

CXdfmogUAAEOycv.jpeg
年末に届いた花輪和一さんの展示作品「セミの世界はイダイなり」。もちろん販売します!
posted by 青林工藝舎 at 15:24| 日記

2015年12月31日

年末のごあいさつ&楽しすぎだぜアックス忘年会!

 2015年も本日で終了。この一年、大変お世話になりました。皆様に支えられての一年でしたので、世界一の幸せ者だと思います。応援、ご支援いただきました作家の皆様、関係者の皆様、そして読者の皆様に心より御礼申し上げます。何かと騒がしい世の中になってきましたが、ブレることなく仕事が出来ればと思います。それでは良いお年をお迎え下さい!

青林工藝舎 スタッフ一同

ーーーーーーーーーーーーーーーー
 さぼってたブログネタ、やっと書きます。といっても全部は無理なので…。僭越ながら、今年還暦を迎えたワタシでありますが、誕生日の10月24日、そして暮れのアックス忘年会でと二度にわたり作家の皆様にサプライズ祝いをしていただきました。誕生日なんてこれまであまり意識していなかったので、びっくりするやらテレちゃうやらでドキドキでした。零細ながらもあたたかい心で支えて下さってる作家の皆様にお祝いしていただけるなんて、もんのすご〜く嬉しいです。皆さん、ありがとうございます! これであと100年は生きられるかもな、わははは。
 で、その様子は写真で(いっぱいあります!)。

◎10月24日のサプライズパーティ
 夕方過ぎ、「ほっかほっか通信の打ち合わせをするからちゅんこ部屋を貸して欲しい」と永井ミキジさん他大人数でドヤドヤとやってきて、ドアを締めてなにやらコソコソやってるな、と思ったら「ちょっとこっちにきませんか」と呼ばれてドアを開けるとそこには…。

DSCN4525.JPG
ビックリするくらい大きなバースデーケーキが!! これは中野シズカさんがB4の紙にびっちりと書き込んだ指示書をもとにつくられたもの。こんな立派なケーキ、初めてです。良く描かれてるし何より美味しかった! さすが中野さん!(アックス108のほっかほっか通信をご参照)


DSCN4528.JPG
みんなが持ち寄ってくれたご馳走。よく見ると私の好物ばかりでした。向かって左端にみえてる茶色い粒々は茹でピーナツ。もちろん大好物だけど、すごいリサーチ力!


DSCN4533.JPG
齋藤裕之介さんお手製の赤いちゃんちゃんこには刺繍も入ってました。ホントに器用だなぁ、どうもありがとう!(アックス108のほっかほっか通信をご参照)


DSCN4535.JPG
皆で記念撮影です。


DSCN4541.JPG
一斉ににクラッカーを鳴らしたら、その音にビビッたラッキーがしがみついてきました。


 堀さん、斎藤さん、ミキジくん、中野さん、後藤さん、詩子さん、小口さん、筒井さん、にゅすけさん、佃さん、志村くん、高市ぴいこ、どうもありがとう!

◎アックス有志による大忘年会!(12月19日・ネイキッドロフトにて)続きを読む
posted by 青林工藝舎 at 22:16| 日記

2015年12月30日

末井昭『流れる雲のように』 第14話、放電しました!

webアックス「放電横丁」に、末井昭『流れる雲のように』 第14話[自宅で出来て高収入]を放電いたしました。結局キャバレークインビーも止めてしまい、今度は自宅でできて高収入の緊迫貼り?…。これが今年最後の放電となります。どうぞお楽しみ下さい!

touyouirasuto.jpg
イラスト/お東陽片岡先生


年末年始、このビルに住んでるあんちゃん(明月堂書店タコ社長)が帰省するため、今夜別宅(元飼い主)に連れて行かれることを早くも察知してるのか、いつもと様子がちがうらっちゃん…。2日には戻れるから少しの辛抱だよ!

CA392545.JPG
どこか淋しげで、とにかく甘えてきます。


 さて、泣いても笑っても明日で2015年もおしまい。だけど笑わずに泣いてます。先週末に入稿したデータなんだけど、3色分解データまでは手が回らないので印刷所にお願いしてたところ、今週になって「今さらなんですが、うちでは難しくて出来ない」と言われちゃって「ええーーーっ!」…。しかも1色頁の修正が、というか、一応修正は終わったんだけど、プリントしてチェックしたら、濃いアミが潰れてて、60頁もやり直しが出ちゃった。ウッソでしょ、って感じ。間に合わないと思ってスキャン頼んだんだけど、いきなり二階調で戻って来ちゃってアミの調子がよくわからなかったしな。結局社内でやった方がマシだったって、ガックシ…。3色分解についてはもう絶体絶命的に間に合わないので、昨日井上デザインの井上親方に泣き入れて面倒見てもらうことになりました。ホントにすいません!
 というワケで、帰省して墓参りは元日日帰り。あとはひたすら仕事、というスケジュールになりました。ま、それで進むんだったらいいか。これが終われば次の仕事に入れるしな、と気を取り直してお仕事お仕事。
 1月は水木さんの追悼特集編集、それに京都で行われる「ガロ・アックス・長井勝一展」の準備、とこれまたハードスケジュールでの幕開けとなるので、とにかくこれ以上引きずらないように、正月休みを有効に使いたいと思います。それにしても「人生60から!」てホントだったような気がする年末であります。ま、「それもまたよし」とするか。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 22:54| 日記

2015年12月28日

通常営業は本日でオシマイ

 2015年の通常営業は本日でオシマイです。波瀾万丈で低空飛行の1年でしたが、何とか持ちこたえました。ご支援いただきました皆様ありがとうございます!

 というワケで今日は朝から3階フロア住人全員で大掃除。隅から隅までグチャグチャになっていたので、終わるのか?と不安でしたが、根本敬さんと後藤友香さんという二人の助っ人とアルバイトのハッチも参加で、何とか終了しました。片付くと気持ちが良いですね。これでまた来年頑張れる! というものです。
 とはいっても、年明けに入稿があるので、仕事はまだまだ、暮れまで続きます。貧乏ヒマなし、ってうまいこと言ったもんだよな、と思いながら、もう少し頑張ります。ので、暮れのご挨拶はもうちょっと先にいたします。溜に溜めたブログネタも放出しておかないと、年越しになってしまうのでちょっと焦ってしまいますが、まあ何とかなるだろう、と開き直ったりもしてます。スイマセン。(手塚)


CXTl9U0UQAEqJ5B.jpeg
今年一年、レコジャケ制作で作業部屋に通い詰めた根本敬さんが、お世話になったので、と手伝いにきてくれました。約3時間かけて作業部屋を掃除。ありがとうございます。


CXTlu7GUoAAlXsf.jpeg
「放電横丁」の連載原稿を収めに来た後藤友香さんも、大掃除に参戦!雀の間のちゅんこたちのフンを拭き取ってくれたり、隅っこを拭いてくれたり(隅をきれいにすると運気がアップするそうです)大活躍でした。ありがとう!


2015.12.28sushi.jpg
そしてお昼は、一年に一度の楽しみ、恒例のちらし寿司を皆で。津野裕子さんから送っていただいた詰め合わせ、蒲鉾とにしんの甘露煮も頂きました! 津野さん、ありがとうございます。おいしかったわぁ! 因みに歯の治療で抜歯した私だけ、コンビニのグラタンとトマトジュース…、くやしかったぁ!
posted by 青林工藝舎 at 23:49| 日記

2015年12月07日

鳩山郁子さんトークショー&具伊さんご来社

 6日、塩竈の長井勝一漫画美術館で、鳩山郁子さんのトークショーが開催されました。朝、東京駅に鳩山さん、特別ゲストの中野シズカさん、そして弊社スタッフが集合し、10:20発の東北新幹線で仙台へ。仙台から東北・仙石ラインで塩釜駅へ向かい、12:34に塩竈駅到着。
 まずはふれあいエスプ塩竃の事務所で昼食。東京ではなかなか口に出来ないような新鮮なネタのとっても美味しいにぎり寿司をご馳走になりました。漁港の町なのでホントにネタがちがう。「海老が甘い!」「帆立がぷりぷりしてる」と騒ぎながら全員完食!ごちそうさまでした。
 その後、お二人は長井勝一漫画美術館を見学し、私達は物販の準備。鳩山さんの手作りのグッズや原画も出るので、すでにファンの列が!
 14:00にスタートしたトークショーでは、長井さんとの思い出話、デビューの頃のことやマンガ制作秘話、またマンガ家稼業をどう捉えているのか等、普段滅多に聞けないようなお話をたくさんしていただきました。鳩山さんを師と仰ぎ、敬愛して止まない中野シズカさんとの軽妙なやりとりも、ファンにはたまらない時間だったと思います。
 サイン会時では、みなさんから「今日は貴重なお話がきけたので、来てよかったです」「感動しました!」という言葉をたくさんいただきました。こちらこそ、お越し頂きありがとうございます。皆さん、幸せそうな表情で帰られて行くのを見て、「今日はとても良いトークショーだったんだなぁ」と改めて思った次第です。
 鳩山さん、中野さん、そしてふれあいエスプスタッフの皆様、どうもありがとうございました!
 そして打ち上げは港近くのイタリアンレストランで。ワインで乾杯し、美味しいピザをいただき、爆発しそうなくらいお腹いっぱいに! トークショー以外、なんだかずっと食べていたような気もしますが…(笑)。
 塩竈は海産物が有名ですが、実は和菓子、洋菓子もおいしいお店が揃っています。お茶請けにだしていただいた和菓子もぜ〜んぶ美味しかったし、お土産に頂いた藻塩のショコラもとても美味いスイーツでした。
 他に味噌ジェラートやお取り寄せグランプリで優勝したオレンジシャーベット、軽い食感の松島こうれん、餅米粉と塩竈名物の藻塩を使った和菓子「志ほがま」など、美味しい物がたくさんあります。酒好きにはもちろん浦霞! 口当たりが良くて最高! 
 また、塩竈桜で有名な塩竈神社、この日は日帰りのため時間がなかったので立ち寄れませんでしたが、エスプからタクシーで港に移動する途中、神社前まで寄っていただき、その荘厳な姿を拝見し手を合わせました。鳩山さんはずっと塩竈神社が気になっていたらしく、改めて時間をかけて訪れたい、と切望!

 仙台駅でお土産もしっかりゲットし、20:54発の新幹線で一路東京へ。22:56着。みなさん、どうもお疲れ様でした! バタバタとしてしまいましたが、とても楽しい一日でした。そしてご来場いただきました皆様、あらためて、ありがとうございました!

IMG_8111.JPG
仙台から塩釜駅に向かう車中で彩雲≠発見! 鳩山さんによれば、滅多に見られない現象で幸運をよぶ雲だとか。それをきいた途端、これは幸先良いじゃありませんか! とばかりにワイワイ騒ぎながら写真撮りまくり! ちょっと色がキレイに出てませんが、オパールのように虹色にかがやいていて、見事な雲でした。彩雲に飛行機雲の影が映ってるのもスゴイかも!


CA392490.JPG
サイン会では長蛇の列! お二人とも丁寧にサインして下さったので、1時間以上かかりました。


IMG_8125.JPG
お二人が長井勝一漫画美術館に寄贈した色紙、美しい!


 本日朝10時、アックス108号の念校校正、これでホントに責了! 発売は18日の予定です。
 午後、つい最近、広島から東京に引っ越してきた具伊井戸夫さんが原稿を持ってご来社。就職も決まり、すでに働き始めているそうです。そこへイラスト作業で出社?の根本敬さんが。お二人は無事初の対面を果たしたのでしありました。

 で、本日夕食は、生わかめとさつま揚げと長ネギのさっと煮、白菜と豚肉と塩昆布の牡蠣油炒め、温奴(ネギ+おかか+生姜+ポン酢醤油)、味噌汁(ジャガイモ、モロッコインゲン、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚) 
posted by 青林工藝舎 at 22:51| 日記

2015年12月03日

アックス108責了!&鳩山郁子さんのグッズ紹介!

 本日夕方、アックス108念校チェックしてやっと責了! 18日取次搬入予定、なんとかクリアできそうです。年末進行とはいえ、やはり3人態勢はキツイですね。編集中にも編集以外の仕事が突発的にどんどん流れ込んでくるので焦ってしまいます。もうすぐ最終入稿だというのに一日何も出来なかった、とか心臓に悪すぎ。ついつい「搬入日1日延ばすか?」と弱音まで出ましたが「いや、とにかく頑張ろう!」と気持ちを切り替え、何とか乗り切りました。ああヨカッタ!

 水木さんの訃報は瞬時にネットを駆けめぐり、多くの方が惜しまれていました。ご自身「百歳までいきる!」とおっしゃってたので、また誰もが「水木さんなら百歳は軽くいくでしょう」と信じていたので、やはりショックです。水木さんのエピソードは数えきれないほど有りますので、これからゆっくり思い出してまとめようと思っています。

 さて、いよいよ近付いて来ましたよ! 12月6日は、ふれあいエスプ塩竃&長井勝一漫画美術館で鳩山郁子さんのトークショー&サイン会が行われます。特別ゲストとして中野シズカさんも同行します。勿論サイン会にも参加して頂くので、この日は美人のお二人が並びます、ふふふふ!
 また、この日のために、鳩山さん自ら手作りのグッズ、それに小さいサイズの原画も特別価格で物販に並びます。数に限りがありますので、迷わずお早めのご購入を!
 トークショー入場ご希望の方はこちらから。

【鳩山さん手作りのグッズはこちらです】


CA392474.JPG
ポストカードセット+栞/ゆきしろばらべにカードセット/カケスの羽根のマフラー<Jード


CA392472.JPG
図書カード製ブックマーク


CA392471.JPG
丸形クリスマスオーナメント(色違い7種)


CA392478.JPG
夢見る潜水夫。OX


CA392479.JPG
スパングル<yーパーオーナメントBOX(ラメ入り)


CA392475.JPG
カケスの羽根<~ニ額画 


CA392477.JPG
額装画カケスの羽根のマフラー


現在、まだ制作中の物もあるそうで、当日は増えている可能性もあります。どれもこれおも美しい、素晴らしい作品です! 購入ご希望の方は是非塩釜まで!



 で、本日の夕食は、イラスト作業に来ていた根本さんも一緒に、ちんき堂の戸川さんから送っていただいたハム、ソーセージを焼いたりボイルしたりのハム盛り合わせ、カリフラワーとモロッコインゲンのサラダ、小松菜とさつま揚げの煮浸し、卯の花、味噌汁(キャベツ、大根、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。ちなみに昨夜はキムチ鍋を作りました。おいしかったなぁ。(手塚) 
posted by 青林工藝舎 at 23:20| 日記

2015年11月30日

水木しげるさん、永眠。

水木さん、まずは長い間お疲れ様でした。あの世ではハフッとお楽しみ下さい。

水木さん.jpg
posted by 青林工藝舎 at 13:10| 日記

2015年11月28日

鳩山郁子トークショー「鳩小屋通信 at 塩竈」で原画販売も決定!

 12月6日(日)14時より開催の【鳩山郁子トークショー「鳩小屋通信 at 塩竈」】もあと一週間後に迫ってまいりました。
 ここで朗報を2つ。まずは特別ゲストとして中野シズカさんも壇上に立たれます。読者の時から熱心な鳩山さんのファンで、マンガの師と仰ぐ中野さんにもご協力いただき、お話をすすめたいと思います。
 もうひとつ、ナント、当日の物販では鳩山さんの原画も販売決定! モノクロ中心の原画(カラーも多少出る予定)が、長井勝一漫画美術館主催、ということもあり、特別にお安め価格での販売となります! また、200〜300円のお求めやすいプチプライスのハガキやしおりセットから、版下に使った直筆ペン画(モノクロ)を額装したもの、紙のBOX入りペーパーオブジェのオリジナル作品なども販売予定。当日に間に合うよう、鳩山さん、密かに準備中だそうです。楽しみですね!

 まずトークショーに出演されること自体、それだけでもファンの皆様にとっては大変貴重な日となると思いますが、終了後、中野さんと一緒にサイン会、そして原画・オリジナルグッズの販売となれば、これはもう寒さなんか気にしないで、是非ご来場いただかねばなりません! 絶賛ご予約受付中ですので、どうかこの機会をおみのがしなきよう、当日、塩竈でお会いいたしましょう!
◎観覧ご希望の方はこちらをご覧下さい。http://bit.ly/1PKRy2U

※なお、サイン会での記念撮影はSNSにアップされないことをお約束いただければお受けいたしますので、撮影ご希望の方はサインの時にお申し出下さい。
posted by 青林工藝舎 at 18:51| 日記

2015年11月26日

福満しげゆき初期作品集「娘味」(福満しげゆき著)アックスストア会員限定お名前入りサイン本発送しました。

福満しげゆき初期作品集「娘味」/福満しげゆき著を アックスストア会員限定お名前入りサイン本でご注文いただきました皆様、本日発送いたしました。到着までしばらくお待ちください。1〜2週間程たっても届かないようでしたらご連絡ください。
151126.jpg
posted by 青林工藝舎 at 22:09| 日記

2015年11月17日

宮西計三の新バンドThe Hundred Devils、1stアルバムをリリース!

 孤高の絵師宮西計三氏がこれまでの画業、音楽、詩等の創作活動すべてを統合した集大成にして新境地の新バンドThe Hundred Devilsを結成! 来年1月に1stアルバム「Japanese Original Rock Style」がリリースされます。なおジャケット画は宮西氏の依頼でヘタうまの根本敬氏が手掛けました。対極の画風ながらも絶妙な均衡を生み出しています。勿論ライナーノーツには宮西氏ご自身の耽美的な挿画も。必聴盤です!(高市)


hundred_jk_p.jpg

The Hundred Devils「Japanese Original Rock Style」
レーベル:Pataphysique Records http://www.majutsunoniwa.com/pataphysique.html
品番:DD-013〜014
発売日:2016年1月30日(土)
定価:¥2800(税抜)
ジャケット画:根本敬
ライナーノーツ:遠藤ミチロウ

●The Hundred Devils
宮西計三(Vo、G)
ロイキ(G)
ルイス稲毛(B)

思いだすがいい!思い出すがいい!思い出すがいい!
百鬼夜行。
この批評を拒絶した宮西さんの呪いの歌(音)は知性を火傷させる。一度聴いてしまったら、もう手遅れだ。
(遠藤ミチロウ ライナーノーツより)

新生Pataphysique Records第二弾!
画家、ミュージシャンとして長く活動を続ける宮西計三の総てを統合した新バンドThe Hundred Devilsの1stアルバムを魔術の庭の福岡林嗣が全面的に録音、プロデュ–ス。
トータル約2時間20分に及ぶ降霊会の実況は、延々と続く反復の果て、貴方をこの世の果てへまで連れて行くだろう。
posted by 青林工藝舎 at 10:56| 日記