2013年04月30日

「自由自在(蛭子能収)と臨機応変(根本敬)の勝敗なき勝負ーやり直し展」ついにオープンで本領発揮!!

 29日夕方、高市ぴいこと一緒に会社を出て、神宮前のgalaxyー銀河系へ。この日いよいよオープンした「自由自在(蛭子能収)と臨機応変(根本敬)の勝敗なき勝負ーやり直し展」の今宵はオープニングカーニバル!! ということで19時より蛭子能収×根本敬×平口広美トークショー&上映会! 久しぶりに顔を揃えた3人は付き合いも30年以上であうんの呼吸だよ。1983年頃に撮影した秘蔵映像(監督・脚本:平口広美/助監督:根本敬/主演:蛭子能収)のテープが最近発見され、宴として上映。蛭子さんが無言で豚の臓物をバケツから入れたり出したりとか、ナイスな選曲で次々に映し出される死体写真、平口家で裏ビデオ鑑賞、といった映像が延々と続くかなりアヴァンギャルドな仕上がりですが、これは期間中会場で連日19時から垂れ流し的に放映されてますので、ご覧になりたい方は是非会場へ! で、写真をたくさん撮ったので、オープニングの様子は写真でどうぞ。(手塚)
0429-00.jpg
ある意味日本マンガ界の最強トリオ! ちなみに蛭子さんは無条件で平口さんに従います。理由は「殴られると痛いから」


0429-01.jpg
早くから会場に集まりだしたお客さん。トークショーが待ち遠しいですね。


0429-02.jpg
控え室での根本さんと平口さん。平口さんは介護の仕事を始めてから6sも痩せたそうで。「エロやってた人って何故か介護に行くよね」といったら「そうなんだよ。ウンコの処理とかうまいんだよ。だから年寄りに大人気!」だそうです。


0429-03.jpg
トレイ入り口にもビッチリと展示物が。オシッコをガマンしてご覧下さい。


0429-04.jpg

0429-05.jpg

0429-06.jpg
上の3点は蛭子さんと根本さんの共作の一部。今回はちゃんと展示されているので隅々までよく見られます。欲しい!と狙ってるお客さんも結構居るみたいなので、御希望の方はお早めに!


0429-07.jpg
こちらは蛭子さんの作品の一部。小さく見えますが壁が広くて高いので実際見ると大きいよ。


0429-08.jpg
競艇の「エビス杯」で作ったという海老のはりぼて。これも売り物、何でも売るぞ!の精神だそうです。


0429-09.jpg
こちらは秘蔵映像上映後、当時を振り返ってのトーク。かなり衝撃的な映像なんだけれど、「よく覚えてない」「何でこんなことしたんだろう」と放り出し状態。その後話題は蛭子さんの好みのタイプに飛び、木嶋佳苗と林真須美はOKで角田美代子はダメなんだそうで。でもなんでみんな犯罪者なんだ!? まあこのメンバーだったそうなるか、わははは。


0429-10.jpg
美女(後藤友香さん・鈴木詩子さん・佃美奈江さん)と記念撮影。モテモテだね!


0429-11.jpg
我が社の資料室ドアに貼ってある魔除け、平口さんの写真のコピーも何故か展示。持ってるのは根本さんの映像担当、清水さん。


0429-12.jpg
フランスで出版されたばかりの蛭子さんの短編コミック集。編集・色付はフランスのアーティスト、ステファン・ブランケ。


0429-13.jpg
根本ブランド「家作」の第1弾商品、バレーシューズ「タケオ」と「私はバカになりたい」の見本。予約は会場で受付中、試し履きできます!


0429-14.jpg
終了後、ギャラリー近くのフレッシュネスバーガーで食事。もちろん蛭子さんのおごりでね。ごちそうさまでした! …しかしまぁ、オッサレ〜な原宿の遊歩道通りでまさかこんな展覧会が開催されているとは…ショッピング中の人はまず気付くまい。その間に地下の方からジワジワと浸食していくってーのがこれまたステキ。「自由自在」と「臨機応変」はやっぱりこうでなくちゃね、やり直しでやっと本領発揮! というワケであります。


posted by 青林工藝舎 at 23:17| 日記