2009年10月16日

「アックス71」と「サメ叩き」見本出し!

 16日午前、諸々の打ち合わせ光栄印刷さんへ。帰りに神保町のお弁当屋「めんとく」で弁当購入。ここのお弁当はものすごくおいしくてしかも安い! 神保町で働いていたころから贔屓にしていたので、もうかれこれ30年、めんとくの弁当を時々食べているワケだ。故・長井さんはここのサワラ弁当がお気に入りで、よくお遣いにいかされたもんだった。うまいなぁ、のり弁。ちなみに高市ぴいこはボリュームたっぷりの鶏の唐揚げ弁当。
 本日は「アックス71」と齋藤裕之介氏の初の単行本「サメ叩き」の取り次ぎ見本出しで、午前中から志村クン、水村クンは取り次ぎへ。お願いだから売れますように!
 午後、11月4日からトランスポップギャラリーで行われるアックスグループ展のDM素材で、参加作家さんの画像選び及びプロフィール制作。意外と時間がかかってしまい四苦八苦してると、あらいあきさんが原稿を持って来社。これからまた精力的にマンガを描かれるとのこと。期待してまっせ!
 入れ替わりで、「サメ叩き」の見本を受け取りに齋藤裕之介さん来社。やりましたねぇ、初の作品集。こうしてまた新しい作家さんが本格的にマンガの世界に足を踏み入れるワケで、不況に負けずどんどん活躍の場を広げて欲しい。こちらも期待してまっせ、ホイ!
 
 ところで、なんだか風邪っぽい感じ。少し前から体調を崩している浅川クンも多分どうやら風邪っぽい。ぴいこも微熱が出てるし、こら本格的に社内で風邪流行の兆しが…。ダメだダメ〜ッ! ここで風邪引くわけにはいかないぞ。今日も川崎タカオさんにいただいたうどんや風一夜薬の生姜湯を飲んで寝るとしよう。ということで夕飯作りはお休みして新宿に出たぴいこに箱鮨の鯖鮨(バッテラ・四百円)を買ってきて貰った。ここの鯖鮨は美味しいよ〜。(手塚)

◎写真
上/これからもガンガン原稿描きます、と宣言したあらいあきさん。
中/新刊を手にピースサインの齋藤裕之介さん。
下/原稿と一緒に送られてきたひろせべにさんの可愛いポストカード。

arai.jpg

saitou.jpg

beni.jpg
posted by 青林工藝舎 at 19:18 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32963247

この記事へのトラックバック