2015年10月07日

近藤ようこさん、つげ忠男さんの個展、他いろいろ!

 「アックスVol.107」の入稿も終わり、本日は初校をみっちりと。入稿時に何度も見なおしたはずなのに、誤植があったりね、毎回どこか直しが出てしまう。訂正データを作って再入稿。
 今回もギリギリでした。今度こそは、と最初は意気込むんだけれど、結局ヒーヒーいうハメに。ということで、4日は日曜にも関わらず会社に泊まり決定。気合いを入れるため、夜10時、高市ぴいこと一緒にチャリをぶっとばして弁天湯へ。薬湯にどっぷりとつかって生き返り、5日昼ぐらいにやっと稿了。しかし、ホッとしたのもつかの間、高円寺フェスの「アックス複製原画展」設営のため、夕方から全員で座・高円寺へ。スタッフの方々が先に始めて下さっていたので、7時前には終了することが出来ました。お疲れ様です。
 終了後、高円寺の行きつけの安い定食屋「赤城屋」で夕食。食べ終わったら途端に睡魔が襲ってきたので、久しぶりに早く家に帰りましたが、そのまま力尽き果て畳の上で朝まで熟睡。起きたらえっらい寒かったよ。

CA392313.JPG

CA392316.JPG
思ったより広いスペース!この壁の反対側にはカラー原画を展示。是非見に来てね!


 というワケで、ブログの更新もしばらくさぼってしまっていたので、これまでの出来事を写真と一緒に…。

9月19日、近藤ようこさんの『死者の書 上』(KADOKAWA刊)発売記念個展「物語る絵」のオープニングでビリケンギャラリーへ。その前に高市ぴいこと福島から上京した山ノ井君と3人で山田花子の墓参りに高尾まででかけてたので、高尾から直行しギリギリ間に合いました。絵は既に半分以上赤丸がついてて大盛況。でも数日後には完売したそうです。近藤さん、おめでとうございます!

CPUkB6uUsAAdr5U.jpg
「死者の書 上」にサインをいただいてるシマトラ! 近藤さんの個展の常連です。


21日、午後2時、藤宮史さんご来社。来春発売予定の彫り下ろし木版漫画単行本「或る押入れ頭男の話」の打ち合わせ、そして早々とカバーも仕上げてきて下さいました。もちろん木版のカラー! 細部まで拘る藤宮さんと造本まで打ち合わせ。木版画付きの限定50部もあるかも…。詳細はもう少ししたら決まると思いますので、それまでお楽しみに!

CPaH-d_UAAA1XXg.jpg
カバーに使用する版画です。カラーなので刷りだけでも4日かかったとか…。版画は想像以上に大変な作業なんです。


 ただただ迷惑なだけのシルバーウィーク、明けて24日朝8時、蛭子さんがテレビ収録でご来社。我が社の雀の間で撮影すること小一時間。このあと昼から生放送が入ってるらしく、終了後ゆっくりすることもなくバイバイ。相変わらず忙しそうだね。顔もほっそりしちゃってずいぶんくたびれた感じ。やっぱパンパンに太ってたほうが蛭子さんらしいや。

CPoBpbfUYAEATKj.jpg
いつもは犬にまったく興味を示さない蛭子さんなのに、この日は「この犬、おとなしいね、かわいいね」といったのでビックリした。何かあったのか?


 夕方、鈴木翁二さん久々のご来社。「ここに泊まり込んでさ、アックスの原稿と限定版「うみのきらきら」の付録を終わらせるからさ」と初日は大変意気込んでおられたオージ先生ですが、途中でライブをやったり、疲れて寝てしまったりで、3日目の最終日は徹夜、明け方新幹線で名古屋へと飛んでいきました。

CPq1kBAU8AA220n.jpg
初日の夜、この日ご来社だった根本さんも一緒にみんなで晩ご飯。「これから徹夜で頑張らないと」、とご飯のおかわりまでしたオージ先生ですが、お腹いっぱいになり明け方寝ちゃったそうです。


CP4yC-BUcAAwPOW.jpg
「ホントに終わるの?」「わかんないよ…」疲労が顔に出て来たオージ先生ですが、最終日は頑張って徹夜して何とか終わらせ、早朝に用意したおにぎり2コを懐に入れて旅立たれたのでした。ご苦労さん!


26日 大山海さんが、やっと仕上げた原稿を持ってご来社。部活の合宿もあり、このあと課題の小説20枚を2日間で仕上げなければならずで疲労困憊ぎみ。しかし、自分はいかにモテないか、という話でついつい盛り上がってしまい、帰るときには元気モリモリになってました。若いやねぇ。

CP0TGNcUEAAc1Lz.jpg
作業部屋でイラストを描いていた根本さんに特殊イラストの描き方(考え方を含む)を伝授された大山さん、いたく感動していました。


10月3日夕方、つげ忠男さんの個展「成り行き」のオープニングでビリケンギャラリーへ。ギリギリまで仕事して駆けつけたので遅くの到着でしたが、人が外まであふれかえるほどの大盛況! 満員のギャラリーに入ると、ナント、手前のテーブルでつげ義春さんがサインを、そして奥では忠男さんがサインを! とご兄弟でサイン会、なんだかすごい光景になってました。個展のためにたくさんの絵を描き下ろしされた忠男さんは、自ら絵の説明を皆さんにしてくださり、もう大感激! 会場では出来たてホヤホヤの新刊『成り行き』(ワイズ出版)が山積みされていたので、さっそくサインを頂きました。このあと皆さんは打ち上げに行かれましたが、まだ入稿作業が残ってるので、会社に戻り仕事。短時間でしたか充実したひとときでした。

CQY97V0VEAA6e3a.jpg
シマトラ、近藤ようこさん、まどの一哉 さんに絵の説明をされるつげ忠男さん。皆さん真剣に聞き入っています。


CQY-AtFUsAAneLD.jpg
末永史さんと歓談する近藤さん、お二人とも大人の女性って感じ。なんかいい雰囲気ですよね。


CQYdlKqUEAACLD8.jpg
つげご兄弟にお願いして記念写真! 素晴らしい並びです!


CQY-HzLUkAAb3oc.jpg
私も記念写真をお願いしてしまいました。義春さんが椅子からおりて一緒に並んで下さったのでビックリ。感激と緊張で固まってしまいました。



 で、本日の夕食は簡単に、切り昆布とタラコ煮、コロッケ、味噌汁(小松菜、大根、油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

そして、ここ何日かでご来社いただいた方の写真はコチラ。


CA392269.JPG
9月25日、筒井ヒロミさんと齋藤裕之介さんが原稿を持ってご来社。筒井さんにはweb関係の仕事を手伝って貰っちゃいました。ありがとうございます。


CQC7CsgUYAI5JbO.jpg
9月29日、駕籠真太郎さん、自転車でご来社。いつもフットワークが軽く、突然現れるような印象があります。


CQYzHhVUAAAHdUZ.jpg
10月3日、ラッキーの散歩にきてくれた川崎タカオさんとあきやまみみこさん。忙しいので助かりました! 帰り際、あんちゃんの小屋にひっこんじゃったラッキーをおやつでおびきよせようとするみみこさん。


CA392322.JPG
10月6日、いかにも怪しげな風貌の河井克夫さんが、怪しげな秘密の仕事を編集部で…。一体何の仕事なんだ?

posted by 青林工藝舎 at 22:38| 日記