2015年08月17日

近藤ようこさんサイン会&『アックスVol.106』見本出来!

 16日、午後1時半に近藤ようこさんと神保町駅改札で待ち合わせして書泉グランデさんへ。午後2時からサイン会スタート! お集まりいただいたファンの皆様と談笑しながら、一冊一冊丁寧にサインを入れていただきました。
 「親子共々ファンです」「アマゾンにレビューを書きました!」と仰る方、若くて可愛らしい女の子が「『見晴らしガ丘にて』も大好きです」と微笑んだり、旧版のサイン入り『仮想恋愛』を手に「30年来のファンです」と仰ってくださったり、お子様連れで、また成田や横浜から駆けつけて下さったりと、さすがファン層が厚いですね。
 なごやかなやりとりがとても楽しくて、印象に残るサイン会でした。『コミックビーム』の藤井さん、ビリケンギャラリーのミミ子さん、お越し頂きありがとうございました!
 終了後、近藤さん、志村クンと喫茶店「古瀬戸」で食事。近藤さん、どうもありがとうございました&お疲れ様でした。
 なお、書泉グランデ「青林工藝舎サマージャンボフェア」は31日まで開催してます。近藤さんのサイン本、欲しかったな、という方のためにフェア用にサインを入れていただきましたのでお店でゲットして下さい!

CA392012.JPG
黒い着物を着こなす近藤さん、赤い花のアレンジと対照的でステキでした。


 本日、午前中は皆で掃除。結構汚れてました。
 昼過ぎ『アックスVol.106』の見本が到着。106号の巻頭特集は「単行本『暖かい日陰に』刊行記念・神村篤インタビュー」です。47歳でデビューし、50歳で初の作品集刊行、という遅いスタート切った神村さんがマンガ家を目指した切っ掛けや、多大な影響を受けた小説やアニメ、音楽など、さらに現在どのような生活をされているのか等を語っていただきました。お気に入りの場所や部屋などの写真も事前にたくさん撮っていただいたので、誌面でお楽しみ下さい。
 また、堀道広さんの人気連載「俺は短大出」、大山海さんの新連載「東京市松物語」もゲゲゲとスタート! 他に藤宮史さんの木版漫画、新人では工藤正樹さん、てらだこうじさんも掲載。人気上昇中のわだちずさん、岡田衛さん、藤田みゆきさんも登場。もちろん「ほっかほっか通信」「蛭子劇画プロダクション」もキレッキレッで誌面を賑わしています。他豪華執筆陣もりだくさん! 発売は今月24日予定ですのでよろしくお願いします。

ax106.jpg


 ◎アックスストアで近藤ようこさんの『仮想恋愛』お名前入りサイン本をご予約いただいた皆様、本日サイン本が到着しましたので発送いたしました。お待たせいたしましたがもうすぐお手元に届きますので、お楽しみにお待ち下さい!

 で、本日の夕食は、時間がなかったのでとりあえずご飯だけ炊いて、あとはスーパーで買った納豆、コロッケ、キャロットサラダ、以上で済ませました。みそ汁もパス!でカンベンな、でございました。(手塚) 

CA392017.JPG
朝からあんちゃん留守のため、ご飯に食べずにただひたすらスネまくってたらっちゃん…。そんなにあんちゃんが好きか!?
posted by 青林工藝舎 at 22:42| 日記