2015年02月10日

最初から最後まで笑っていた「赤瀬川原平さんを偲ぶ会」

 2月6日夜、帝国ホテル光の間で行われた「赤瀬川原平さんを偲ぶ会」に出席しました。

CA391452 2.JPG


 受付が始まるとドヤドヤと関係者が集まりだし、始まるころには会場はほぼ満員状態。
 生前の赤瀬川さんの素顔が伺えるような奥様の尚子さんのごあいさつ。そして南伸坊さんの献杯の挨拶「赤瀬川さんが笑えるような会にしたい」という合図と共に、楽しい偲ぶ会の始まり始まり! 縁の深い方々の壇上での挨拶もパフォーマンスや冗談交じりの思い出話で会場を沸かせます。その横ではスクリーンに映し出される在りし日のおだやかな、楽しげな赤瀬川さんの姿が…。
 そして会場は…もう賑やかなんてもんじゃない。現代美術、小説、路上観察、美学校、写真時代、そしてガロ、等々生前、多彩な活動をされていた赤瀬川さんの会だけあって、あちこちで同窓会さながらの盛り上がり様! 一同に多様なジャンルの方々がこんなに大勢集まるのも近年では珍しいかも。南さんの言葉通り、最初から最後まで笑える偲ぶ会でありました。
 これも全ては赤瀬川さんの最後のプレゼントだったのかもしれません。楽しかった!としか言いようのない、忘れることはないであろう偲ぶ会の様子は写真でどうぞ。(手塚)

CA391414.JPG
ニコニコ顔で「楽しくやりましょう!」と挨拶される南伸坊さん。このあと壇上では、松田哲夫、山下裕二、秋山祐徳太子、呉智英、久住昌之、篠原勝之、藤森照信、嵐山光三郎、糸井重里、山口晃、会田誠、阿川佐和子の各氏、他多数の豪華メンバーのごあいさつが続きました!


CA391412.JPG
白夜書房の古株、岡部佳枝さんと井上則人さん。井上さんは「写真時代」の本文レイアウトを担当していたので岡部さんとはもうン十年の仲。


CA391413.JPG
これはこれで珍しいスリーショットかも。糸井重里さん、末井昭さん、そして神蔵美子さん。


CA391421.JPG
久しぶりに再会を果たした南さんと平口広美さん。そして井上さん。


CA391426.JPG
喫煙ルームでも談笑が絶えません。手前から二番目は林静一さん。


CA391428.JPG
こちらもかなり貴重な平口さんととり・みきさんのツーショット!


CA391430.JPG
「ガロ」同窓会か? 向かって左からサン出版の櫻木徹郎さん、林静一さん、呉智英さん、一番右が上野昂志さん。手前は70年代前半旧「ガロ」編集部に在籍されていた澤井憲治さん。すごいメンツであります!


CA391433.JPG
おみやげにいただいた胸章と特製ノート。胸章の柄は何種類もありましたが、私が頂いたのは「漫画主義」のイラストでした。社宝に致します!
posted by 青林工藝舎 at 22:26| 日記