2015年09月07日

林静一さんサイン会&神村篤著『暖かい日陰に』無事責了!

 昨日昼過ぎ、紀伊國屋書店新宿本店で行われる林静一さんのサイン会(「林静一美人画集」発売記念)へ。献本を頂いてるのですが、サインがどうしても欲しかったので頂いた本は会社の保存用に。そしてこの日購入したのは自分用。ということで2時スタートですが、私の整理券は73番だったので、まずは腹ごしらえとばかりに、地下にあるカレー屋モンスナックへ。久しぶりだな、モンスナックは。ここのサラサラカレーを初めて食べたのは35年ぐらい前か? 相変わらずの美味しさでした。
 サイン会場へ戻って並ぶこと30分ぐらい。達筆なサインと秋の味覚、栗の絵を入れて頂きました。もうね、見とれるくらいに美しいサイン。100人近くも並んだのに、ひとりひとり絵をかえて描かれてたみたい。さすが林さん、こんなサインを頂けるんだったら30分並ぶのも全然苦じゃないです!
 サインを頂いたら「控え室に行って待っててね」といわれたので向かうと、そこには内田春菊さんと次女の2ちゃんが。そのあとすぐにバロン吉元さんとマネージャーの娘さんが、そして林さんがパッケージイラストを描く、仙台名菓「萩の月」の菓匠三全の専務さんの姿も。戻られた林さんが店頭用のサインを入れ終わると雨の中焼肉屋に移動し打ち上げ。焼肉を頬張ったあとは池林坊へ移動して再び乾杯! ここでの話題は何故か少女マンガ! 特に里中満智子先生の作品が話題に。一口に少女マンガといってもジャンルはあるし奥も深い。勉強になりました。
 で、9時過ぎ、大雨の降る中お開き。林さん、お疲れ様でした。サイン本、大切にします!

CA392118.JPG
サイン会終了後、控え室で店頭用のサインを入れる林静一さん。


CA392119.JPG
美しいサイン、宝物です! 嬉しすぎ!!



 本日午前中は全員で掃除。先週パスしてたので、まあ汚れてること! 特に雀の間が凄いことになってる。今丁度ちゅんこもチーコも羽根の生え替わり時期で、羽毛があちこちに落ちてて歩くとフワ〜ンと舞ってね。この時期はダニも出てくるので、鳥籠やえさ箱を熱湯消毒。羽根の生え替わり時期は体力も消耗してるので、二羽とも警戒心マックスです。普段は部屋に入るとすぐに肩に乗ってくるのに、近付くと逃げてしまう。外敵に一番狙われやすい時期だからな。野鳥は常に環境に敏感なのであります。

 午後、根本敬さんご来社でいつものように資料室でイラスト制作。頑張りますねぇ。
 こちらはデスクワーク。webアックス「放電横丁」で連載中のまどの一哉 さん作品「ロマンガロン」の第12話のデータ作成。
 ちなみに「放電横丁」のデータですが、「ロマンガロン」のようなモノクロマンガ原稿の場合は、スキャニング→画像処理→二階調にしてインデザインに貼付→ネーム入れ→pdfデータに変換→これをフォトショで開き画像統合→トンボ線に合わせて画像切り抜き→解像度・ピクセルを調整して別名保存→フォーマットにコピペ→画像統合してjegで別名保存。これでアップするデータが出来上がりです。
 だがしかし、アップの方法が私だけまだ全然理解できず出来ない。志村クンも高市ぴいこも出来るのに私だけ出来ない。筒井ヒロミさんなんか、描き上げてきたデータを自分でアップしてしまうのに私は出来ない。説明書の一行目からもうワケが分からない。なんでだ? もしかしてバカ? と言うわけで、アップ作業はさきほどスケッチ・オブ・デザインの飯盛さんにお願いしてしまいました。毎度毎度申し訳ないです。

 夕食後の8時半頃、中央精版印刷の中川さんが、神村篤さんの新刊『暖かい日陰に』のカバー念校を持ってご来社。OKでございます! とてもキレイに仕上がりました。ありがとうございます。これでやっと責了だ! 見本は14日、出来上がるのが楽しみです。なお、お名前入りサイン本のご予約はアックスストアで絶賛受付中です。〆切は18日の18時ですので、ご希望の方はお早めに!

 で、本日の夕食は、根本さんのお土産・崎陽軒のシュウマイ、青梗菜とヒラタケとツナの牡蠣油炒め、ハナニラのお浸し(ポン酢+鰹節)、野沢菜漬け、みそ汁(茄子・玉葱・油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。(手塚) 

CA392121.JPG
夜の散歩から戻り、フリー編集者の並木さんにしこたまナデナデしてもらい、ゴキゲンのらっちゃん。


KIMG0118.JPG
向かいにある弁財天様の屋根に佇む白黒の野良猫。最近3匹の子猫を産んだばかり。3匹ともものすごく可愛くて、1度でいいから触ってみたい…。
posted by 青林工藝舎 at 22:11| 日記