2015年05月09日

村岡マサヒロ個展「ピエーポ ! 2015」へ。

 本日お昼過ぎ、出社前に目白駅で手塚さんと待ち合わせ、ブックギャラリーポポタムで昨日から始まった村岡マサヒロさんの個展「ピエーポ ! 2015」に行ってきました。

m00.jpg

 ギャラリー入り口ではためく特製ピエーポ幟は発注後1日で届き、しかもお手頃価格なんだとか。すごいな今どきの印刷技術…。

m01.jpg

 高知在住のマンガ家・村岡マサヒロさん。入って左側の一番広い壁一面を埋める「裸眼ドローイング」の前で記念写真。この作品はド近眼の村岡さんが矯正器具なし・利き手と逆の手(←反対語がわからない)で描くシリーズです。元ネタと並べた写真がファイリングされているのですが、全然別モノに変換されてるので元ネタを推理するのはかなり難しい。

m02.jpg

 こちらは「いやな場面にスポットをあてたオリジナル50音しりとりかるた」。最後の文字が次のかるたの頭の文字になっていて、なかなか難易度の高い縛りが設定されてますがどれも面白いーー。ですよ!ちなみにパッと見でプリンタの出力だと思いながらよくよく見ていると、版画みたいな風合いのもあったりで着色したようにも思えてきて、これ出力ですか?と尋ねると、出力なんだけどもアレコレ手を加えているんだそうです。伺ってみてなるほどーなデジタルに見えなくする加工法、勉強になりました。

m03.jpg

 マンガのネームコーナー。ペン入れまでしてあるので本番原稿かと思ってしまった。このスペースは重ね貼りしてたりで無造作な感じの展示なのですが、前述の2箇所はピシーーッとキレイに揃っていて設営力高いなーと感心していたら、村岡さんに楽々設営出来る優れモノを教えて頂きました。
コレです→http://osu.pw/afeaa
(村岡さんのツイートより)
 レーザー光線でアタリをとる機械! 天蚕糸なんかを張ってアタリとったりするとたわんで斜めになっちゃったりするんですよね。これは便利だ。

 さてさて。そんな楽しい「ピエーポ!2015」展の会期は5月12日(火)まで。村岡さんは会期中毎日在廊とのことですので直接質問なども出来ますよ。どうぞお見逃しなく!
 ちなみにポポタムのshopスペースには、3月にフェアを開催して頂いたル・デルニエ・クリのシルク印刷本が少数ですが引き続き置いてあります。そして根本敬さんの自家ブランド「家作」コーナーも! 他にも可愛い楽しい面白い本・雑貨がたくさんあって充実の一時を過ごせます。ぜひ足をお運び下さい〜。(高市)
popo01.jpg

popo02.jpg


◎村岡マサヒロ マンガ・ドローイング展「ピエーポ ! 2015」
場所:ブックギャラリーポポタム
東京都豊島区西池袋2-15-17
03-5952-0114(電話のみ)
http://popotame.net
会期:5月12日(火)まで
時間:12:00〜19:00
会期中無休、入場無料、作家毎日在廊予定
muraokaDM.jpg
posted by 青林工藝舎 at 22:04| 日記