2011年11月08日

古屋兎丸さんと丸尾末広さんの対談&蛭子「脳」収!?

 午前中、クリハラタカシさんが11月末発売予定の新刊『ラッキー・ボギー』の本文青焼き校正で来社(夕方にはカバー色校正で再び来社でした)。ものすごくかわいいカバー絵です! また、本日はしりあがり寿著『新装版・ジャカランダ』の見本出しで志村クン、水村クンが取り次ぎへ。発売は14日の予定です。新装版では並製に落とし、定価もちょこっとお安くなってますのでそこんとこよろしくです。

 午後、丸尾末広さんからOKを頂いた『DDT』のカバーレイアウト、細かいところを微調整。明日入稿予定です。装いも新たに書店さんに並ぶのは11月末ぐらいかな。お楽しみにお待ちを! 
 あ、それから、丸尾さんと古屋兎丸さんの対談が発売中の『マンガエロティックス・エフ Vol.72』の巻頭特集「古屋兎丸の現在」に収録されています。丸尾さんの大ファンである古屋さんが、ずっと丸尾さんに尋ねたかったたくさんの話が満載。グランギニョール時代のことや、短編から長編作へと移行する過程や「ハライソ」以降の事などが詳しく語られていて、お二人のファンにとってはかなり嬉しい対談。古屋さんの質問はファン目線、作家目線が入り交じっていてツボ押さえまくり! 読み応えありますよ。またお二人によるピンナップも付いてるので、これは買いです!



 来月5日、ロフトプラスワンで行われる大イベント『けもの道』で販売する「けもの道」Tシャツの柄レイアウトを高市ぴいこにやってもらいました。Tシャツのデザインとかどうしたらいいのか全然分からないので、こーゆーときは人に頼んだ方がいいに決まってる。ちなみにイラストはデリー・ジョンスン氏です。カッコイイので当日会場で是非ゲットして下さい。

 先日、物忘れが激しくて「病気かも」と心配されてた蛭子さんですが、今日検査結果が出るときいてたので、ちょっと心配になり電話してみると…。「オイの脳はね、どっこも全然悪くないってさ。物忘れは年のせいだって。でもそんなことで電話してきたの?」「だって心配だったんだよ、根本さんも心配してたよ」というと「え、根本さんが!? それは違うよ、何処か悪かったら絶対ネタにしようとしてたんだよ、へへへへ」「そうかもしれないけど、でもホントに心配しててさ、蛭子さんの検査結果が気になるって福島からメールきてたよ」「いや、ネタだよ、ネタ!」と相変わらず元気そう。…てぇことはだよ、脳にあるギザギザって生まれつきだったのかな。そのギザギザがこれまでの蛭子さんの行動を全て司ってたのかもしれないよ。ってこれすごいネタじゃん! ということで、次号アックスの「蛭子劇画プロダクション」をお楽しみに!!

 で、本日の夕食は、青梗菜とボイルホタテと椎茸の牡蠣油炒め、ソーセージボイル(粒入りマスタードをつけて)、高菜明太炒め、金時豆、キャベツと油揚げと椎茸の味噌汁、ヨーグルト、柿、以上。(手塚)

CA390320003.JPG
クリハラタカシさんからおみやげにいただいた、墨絵にぴったりすぎる柿! おいしかったです、ごちそうさまでした。


P1010020.JPG
このブログではすっかりお馴染みとなった丸尾さんちの愛猫イワン。メールに時々イワンの写真を添付して送ってくれます。大きくなったなぁ、イワン。
posted by 青林工藝舎 at 20:49| 日記