2014年07月25日

トマトにとうもろこしだの、『家作(casa-cue)』グランドオープン!だの、「放電しました」だのと…賑わってます

 24日午後、テープ起こし。魔法にでもかかったかのようにひどい睡魔に襲われ何度も舟を漕ぎ続け、ついにガマンできなくなりちゅんこ部屋で仮眠30分ほど。ちょっとスッキリしました。
 今日も暑かったですね。暑い日には夏野菜をとるといい、ということで、夏になるとよくトマトジュースを作ります。良く冷やしてから一口大に切ったトマト3コ(ほぼ5人分)と塩2つまみぐらい、そこに氷と水少々を入れてミキサーでガガーッとやれば出来上がり。これ飲むとね、市販のトマトジュースなんてまずくて飲めないよ。形が不揃いで安売りしてるトマトを見つけちゃぁ、購入して作ってます。おすすめですよ!

CA390607001.JPG
簡単にできるので是非試してみて下さい。


 本日もご来社ありまして、このところ連日出社の根本さんが午後イチで、3時過ぎに齋藤裕之介さんが原稿を持って、7時前には作業のため永井ミキジさんと中野シズカさんがご来社。猛暑の中、みなさんご苦労様です。そして今日ご来社の皆様は実にラッキーでもありました。
 昼頃、南魚沼郡で農業を営む我田さんから、ゆでとうもろこし(ゴールドラッシュ)が12本と、インゲン(ケンタッキーワンダー)とキュウリの三五八漬が! 毎年送ってくださるのですが、とにかく美味しいの! その美味しすぎるとうもろこしと三五八漬をお裾分け致しました。そして今、12本あったとうもろこしは一本も残っておりませんがな。あらまー、とうもろこし好きの川崎(タカオ)さん、残念でした!

CA390605.JPG
我田さんが有機農法で育てたとうもろこしです。甘くて美味しい!





 アックスストアのメールマガジンやツイッターでお知らせしましたが、根本さんのプライベートブランド「家作」の公式サイトが本日オープンとなりまして、いよいよ本格始動! 一年前からコツコツと準備を始め、時には取引していた業者が夜逃げし、とかまあビックリするような出来事の連続を経てのグランドオープンです。打ち合わせや作業の場所提供などでずっと見守ってきましたが、ラストスパートが素晴らしかった! 最初からコンセプトがしっかりしてたので、着地大成功でした。おめでとうございます!(「家作」は海外でも売り出す予定で、すでに一部の商品はイタリアで販売されてます)。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【特殊漫画家・根本敬<自家>アパレルブランド『家作(casa-cue)』が本格始動!】

◎根本敬作品を中心に、日本のオルタナティブアート、アール・ブリュット作品を、イノセントなスパイスのある世界観で女性向けのアパレル商品として展開。第一弾として、Tシャツ・靴・鞄・i-phoneケース等をラインナップ。日本の職人さん達と協力し、日本のアートシーンや文化を世界に発信して行くため、製品は全てMade in Japanにこだわりハイクオリティな“ものづくり”を目指します。

idx-04.jpg
モデルはラッキーのお友達のこたおちゃん!


◎〈家作−我が家−〉という空間に各分野のアーティストや職人達が集い、セッションのように作られた商品やウェブサイトには、今回、代表の根本の他、漫画家/POPアーティストである蛭子能収、写真家の谷本 恵、ミュージシャンの黒沢秀樹(L⇔R)、甘茶茂/勝又啓太、モデルのこたお、ヘアメークアーティストの寺田ペレイラゆかり、サイケデリックシルクプリンター/グラフィックデザイナーの葉朗86がアーティストとして参加。
 今後の活動としては、マルセイユの『LDC』での販売(10月中旬〜)を中心に、海外を視野に活動。日本ではウェブサイト/オンラインショップにて商品を販売するとともに、取扱店を随時拡大予定です。
 また、次回の参加アーティストとしては、オルタナティブアーティスト・市場大介を予定しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 この意外な展開に驚かれた方も多いと思いますが、何をしでかすか分からない、それが「ガロ」〜「アックス」作家の凄すぎる得意技でもあります。
 本秀康さんもレコードレーベル「雷音」を立ち上げ、7inchのアナログ・シングル盤を専門に着々とリリースしています。(もちろん全てのタイトルのジャケットは本さんの描きおろしイラストレーション!)
 これに続くように……おっと先はまだ秘密だけど、みんな面白いこと考えるし、それを実行してしまう底力にはあらためて脱帽であります。「でもやるんだよ!」はものすごく大変なことなんだよ、でも…やるんだよ! マンガ界のコロボックル達の活躍はこれからなんだよ! だからこっちも潰れるわけにはいかないんだよ! というワケでどうか末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※webアックス「放電横丁」に池田ハルさんの「ハルさんちのハンドメイド〜大きな手小さな手」第8回を放電しました! 今回はアップリケのスカートやTシャツなど、かわいいもの満載です! また、高山和雅さんのSF超大作「天国の魚ーパラダイス・フィッシュ」第三話も放電しましたので、是非お立ち寄りを!!

※明日26日、第3回「両国フリマ天国」@両国RRRに出店致します。品切本サイン本など若干数出しますので、是非お越し下さい!(手塚)

CA390603.JPG
頭隠してシリ隠さずのコイツのポストカードも売るかも!見かけたら買ってね。売上はらっちゃんのエサ代になるので、よろしくです!

posted by 青林工藝舎 at 23:35| 日記

2014年07月23日

怒濤の一週間で藤の花も狂い咲き!?

 いつの間にか一週間たってしまいました。すいません。昨夜も東京は熱帯夜でしたが、扇風機とアイスノンがあれば暑さもしのげます。それにしてもアイスノンの威力はすごいですね。首にあてるだけでスヤスヤ眠れる。朝は窓とドア、開けられるところを全部あけてるので少しでも風があると意外に涼しいもんです。というワケでここ数年家でエアコンは使ってません。

 で、ここ一週間の出来事を。

 16日夕方、「安部慎一原画展」初日ということで阿佐ヶ谷のギャラリー白線へ。書店営業してから行ったら、すでに末井昭さんと湯浅学さんがいらしてました。お二人とも安部さんから買った原画を提供されているのでした。しばらくするとこの原画展を企画した浅川(満廣)くんがきたので4人で立ち話。そこへ8月13日から原画展を行う夏目けいじさんが。やはり安部さんならではのメンバーが集まったようで楽しかった。油絵もいいんですが、やはり漫画原稿「美代子阿佐ヶ谷気分」は圧巻! 保存状態も凄く良くて堪能できました。
 そのあと末井さんと浅川クンと飲み屋へ移動し一杯ひっかけて雑談。この年齢だと、悲しいかな話題はどうしても健康の話になっちゃうんですよね。

CA390566.JPG
末井さんと湯浅さん。お二人とも田川に出向いて安部さんにインタビューしてます。


CA390565.JPG
企画者の浅川クンと3人でパチリ。新作のイラストが描かれている大学ノートをのぞき込んでます。


 小一時間ほど飲んだあと、よるのひるねに寄って門田さんと営業関係の打ち合わせ。永六輔著『悪党諸君』を急遽再版したので、久しぶりに書店営業を手伝っていただくことになりました。よろしくね。
 遅い時間に会社に戻ると、根本敬さんが作業に、清水さんがバッジ制作を手伝ってくれてました。ご苦労様です。

 18日、17日に引き続き根本さん作業で午後から出社。ネームを持ってきた鈴木詩子さんが持ってきてくれた麩まんじゅうをみんなでいただきました。夏の和菓子ですね。すごく美味しかった、ごちそうさまです。で、そのあと詩子さんにもバッジ制作を手伝ってもらいました。助かるわぁ〜。というワケでノルマの840コ、無事終了! 手伝って下さった作家の皆様、ありがとうございました!!

 19日午後、有隣堂ヨドバシAKIBA店へ。丸尾末広さんのコーナーを作っていただけるとのことで、複製原画(モノクロ1点・カラー2点)を届けに。もうコーナーが設置されていると思いますので、アキバへ行かれた際には是非お立ち寄り下さい。ヨドバシの7階です。秋葉原から神保町の東京堂書店へ。再版したばかりの永六輔著『悪党諸君』の注文をいただきました。ありがとうございます。

 久しぶりの神保町なので、古本屋街をブラブラ。音楽書、楽譜が揃ってる古賀書店で楽譜を買おうかどうかさんざん財布と相談したあげく、やめた。その前に岩波書店の上にある京都便利堂(美術ハガキギャラリー)で絵はがきと栞を買っちゃったんでね。…お金、ほしいなぁ。
 と思いつつ、電車賃がもったいなので会社まで歩いて帰ろうと思い、だったらこのさい遠回りして神楽坂経由でいくか、と普段の運動不足を補うべく頑張って歩いたものの、その神楽坂でゲリラ豪雨にあいやもなく地下鉄に乗ってしまいました、ちっ。

CA390573001.JPG
ゲリラ豪雨で提灯の灯りも霞んで見えました。


 21日、午前11時半『アックスVol.100』の巻頭座談会収録のため、志村クンと一緒に吉祥寺の喫茶店(カフェっていうらしいよ)へ。座談会メンバーは女子抜きでアックスの野郎共、英之助島田虎之介田中六大の各氏。もちろん皆さんアックスからデビューされた方々ですが、マンガのこと、アックスでデビューしたことについて、今現在の仕事のことなど様々なお話を伺いました。これからテープ起こししてまとめますが、お話が面白かったのでまとめるのが楽しみです。
 終了後、シマトラが参加してた30人のマンガ家によるTシャツ即売会「30T」の会場に皆でおじゃましましたが、ものすごい繁盛で場内はごったがえし! そこに毎年この企画展に訪れているという中野シズカさんが「島田さんのツイッターみたんで、絶対みんなここにきてると思った!」といいながら会場に入ってきました。意外なところで皆久々の再会で、いいねぇー。

CA390575-01.jpg
Tシャツ即売の会場に行く途中にあった武蔵野八幡宮で。向かって左から、英之助、田中六大、島田虎之介の各氏。もちろん「アックス」でデビューした異才たちです!


 22日、朝全員で掃除、午後からアックスストアのTシャツとトートバッグの発送とかいろいろ。午後3時過ぎ、根本さん、河井克夫さんがご来社。根本さんはいつものように作業。河井さんは、島尾伸三さんとのユニットでアックス連載中の「ピーセフル・ガジェット」のラフの件で志村クンと打ち合わせ。お疲れ様です!

BtI26.jpeg
フランスで展示する蛭子さん黄金期(70年代〜80年代半ば)の原画を見ながら「この頃の蛭子さんは本当に凄かった」と頷き合う根本さんと河井さん。


 本日朝、いつもより少し早めに家を出て都営新宿線に飛び乗ったら「手塚さ〜ん!」という声が聞こえたので驚いて見ると、井上デザインの井上親方が。「あれ、今日は早いね」というと「今家のリフォーム中で仮住まいが近くなったから」っていうけど、親方も年取って早起きになったに違いないよ、きっと。ははは。
 午後から来客ラッシュ! スケッチオブデザイン勝又さんと根本ブランド「家作」のデザイナーとスタッフと根本さんがちゅんこ部屋で打ち合わせ、編集部では10月に発売予定の画集の件で市場大介さんが高市ぴいこと打ち合わせ、その間、光栄印刷の宮ちゃん、シナノ印刷の福田さんがご来社で打ち合わせ。これだけ人が出入りすると部屋の温度も上昇。なので、28度に設定してあるエアコンを27度に。夕方、打ち合わせの合間にチャリで四ッ谷三丁目の銀行に入金&スズメっこたちのエサを買いにいったけど、暑すぎて頭がグワングワンしてきたので、チャリ止めて冷えたオロナミンCを一気飲み! 生き返った〜! 今夜も熱帯夜だね。会社の窓から見える藤棚に藤の花が5コ狂い咲き…。自分も狂い咲いてみたいもんだ。

CA390582.JPG
久々に対面した根本さんと市場大介さん。お二人はずいぶん昔からの知り合いです。付き合いながいよねぇ。


で、日々の夕食は…、
17日の夕食は、ジャワカレー、サラダ(温キャベツ、ホワイトアスパラ、アボカド、塩昆布)、ヨーグルト+桃、自家製トマトジュース、以上。

18日の夕食は、根本さん、鈴木詩子さんも一緒に、根本さんの差し入れ(さめても美味しいコロッケ、玉葱と蛸のマリネ、イカのウニ和え、蕨漬け)、茄子の煮浸し(小松菜・舞茸・油揚げ入り)、冷や奴(茄子の塩もみ+茗荷・大葉・貝割れ大根)、味噌汁(ジャガイモ、インゲン)、ヨーグルト、以上。

21日の夕食は、茄子と鶏肉とピーマンと舞茸の炒め物、ニラのお浸し(茗荷・大葉・じゃこ入り)、味噌汁(キャベツ・ジャガイモ・油揚げ)、以上。

22日は、根本さんと一緒に、根本さんの差し入れ(ざるそば!)、かき揚げ、焼き豚、ジャガイモフライ、油揚げのごま油辛炒り、枝豆腐、味噌おにぎり、ヨーグルト、以上。

本日は、根本さんと一緒に、根本さんの差し入れ(餃子とザーサイ炒め)、カボチャ煮、海鮮サラダ(枝豆、水菜、ブロッコリー、アスパラガス、蛸、海老、サーモン、塩豆腐)、ジャガイモとキャベツの味噌汁、ヨーグルト、以上、毎日夕食にありつける幸せ…ごっつあんです!(手塚)

KIMG0420.JPG
雷におびえるいつものらっちゃん。これからは地獄の季節です。
posted by 青林工藝舎 at 23:10| 日記

2014年07月15日

ヘルタースケルターな日々!

 今後の販路のことで打ち合わせ多数、アックスストア関係、放電横丁の作業等々細々とした「工芸」作業も重なってちょいと忙しいので、ここ最近の出来事を写真と共に…。

10日午後、堀道広さんご一家と佃美奈江さんがご来社。堀さんの愛娘、麦ちゃんとやっと会えました! 最初ちょっと泣いたけど、すぐに慣れてずっとニコニコ、かわいいなぁ〜。また連れてきて下さいね。

CA390512.JPG
抱っこも板についた堀さん、似てるよ!


CA390513.JPG
ラッキーと初の対面。最初じーっと見つめてたけど突然泣きだしちゃった! ここに来た赤ちゃんは、ラッキーとの初対面でほぼ泣きます。でもラッキーは赤ちゃんの匂いが大好きなのでした。 


CA390549.JPG
13日夜、引っ越したばかりのお東陽片岡先生の部屋へ。webアックス「放電横丁」で連載中の末井昭さんの小説『流れる雲のように』の挿画、〆切から3週間過ぎてやっと拝受。今回ばかりはあったまにきて、怒り心頭で部屋にはいったものの、いつもより増してイラストの出来が素晴らしいので、怒りは瞬時にひっこんじゃった。で、お東陽先生の新しい部屋は、窓がたくさんあって赤坂方面の夜景も一望できる、しかも間取りがすごくいいところで家賃も想像以上に安い! 「いい部屋だねぇ〜」と感心してると「これからはね、ワタクシ、アーバンライフに突入ですよ」とか小憎らしいことをいうので、やっぱり一発殴りたくなった! ちなみに「流れる雲のように」第7話はもうすぐ放電します!


CA390554.JPG
14日、筒井ヒロミさんが「放電横丁」での四コマ連載『もちが焼けたよ」のラフを持ってご来社。構成力を付けるための修業として始めた四コマですが「難しいです!」と四コマの恐ろしさをヒシヒシと感じてる様子。で、その後時間が空いてる、とうので、大量注文が入ってる缶バッジの制作を手伝って貰いました。ホント助かった、筒井さんありがとう! そんな筒井さんの『もちが焼けたよ』の第2回目が本日放電されましたので是非ご覧下さい!


CA390558.JPG
14日夜、根本敬さんご来社で作業中、PCがぶっ壊れてしまったので原稿をスキャンさせて欲しい、とお東陽先生ご来社。すぐ入稿しなければならないイラストだ、つーことでスキャンして私のMacから出版社にデータ送信! で、お二人が連載する予定だったエロ本が掲載を待たずに休刊とあいなりまして、そんなところまで息がピッタリの根本さんと東陽さん!


 本日午後2時、ヴィレッジヴァンガードオンライン店の井上さんがご来社で、グッズ関係の打ち合わせ。いろいろ面白いことになりそうな気配…。


CA390563.JPG

CA390559.JPG
本日夕方、東京キララ社の中村さんの車でまたまた原画が入った段ボールを運び込んだ根本さんは本日も仏で展示する作品のチョイス!


CA390562.JPG
そこに根本班映像担当の清水さんが来社。ラッキーを散歩に連れてってくれた後、缶バッジ800コ制作で悲鳴を上げてる高市ぴいこに「ね、清水さん、お願い手伝って!」と泣きつかれ、ほぼ強制的に作業に参加。その前にバイトのハッチがずいぶんてつだってくれたんだけど、でも800コなのでまだまだ終わらんわい。今月、缶バッジ制作は何と1000コ以上になるんだよ、これで。青林の「工藝舎」的仕事、繁盛の兆しか? なんちゃってね。


CA390561.JPG


CA390560.JPG
で、毎回出てくる仏行きの荷物ですが、今雀の間だけでもこんなんなってますがな。土曜、日曜と来社して梱包作業を黙々とこなしていたタコシェの中山さん、本日朝10時には運送会社の見積もりにも立ち会いで、なんと3時間もかかってました。中山さん、連日ホントにお疲れ様です。倒れないでね!


 で、そんなここ3日間の夕食は…。
12日は、ジャワカレー、サラダ(温キャベツ、ホワイトアスパラ、アボカド、塩昆布)、ヨーグルト+桃、自家製トマトジュース、以上。
13日は、中山さんとお手伝いに来てくれたアーティストの塙さんも一緒に。ナスの田舎煮、特売の刺身!、味噌汁(割り干し大根、茗荷、豆腐)、ヨーグルト、以上。
本日は、根本さん、清水さんも一緒に。メカジキの照り焼き、ジャガイモ揚げ、ニラのお浸し(茗荷・小女子・貝割れ大根入り)、ダダ茶豆の豆腐、刺身蒟蒻、味噌汁(キャベツ・椎茸・豆腐)、以上でした。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 23:05| 日記

2014年07月11日

夏の新作Tシャツ&トートバッグ発売開始!&「悪党諸君」重版決定!&画賊「帰ってきたみやげ物」展

 なかなかブログ更新の時間がとれず、またご無沙汰してしまいました。現在、編集以外の仕事(グッズ関係、営業、仏展覧会等々)が目一杯状態で、そのため連日ご来客も多く、夕飯を作る時間も全然とれない! そういう時もあるね、重なるときは一気にたたみ込んでくる。というワケで、お知らせは箇条書きで。それから本日からブックギャラリーポポタムで始まった画賊「帰ってきたみやげ物」展の様子は写真でご紹介致します。

夏の新作Tシャツ&トートバッグ発売開始!!
 詳しくはアックスストアトップページのバナーをクリックしてご覧下さい。どれもこれも欲しくなるステキな商品が勢揃いです。第一弾のメンバーは、つげ義春、丸尾末広、堀道広、ひろせべにの各氏。第一弾が売れたら第二弾に進めるので、お買い求め頂ければ嬉しい限りです!よろしくお願いします。

永六輔著「悪党諸君」重版決定!】
 先週日曜日の朝日新聞のブックコラム「思い出す本 忘れられない本」で、早川義夫氏が大きく取り上げて下さり、連日問い合わせ多数のため急遽重版決定! 新聞が出た時点でほとんど在庫がなかったので、早川さんから重版のチャンスをいただきました。ありがとうございます! 本書は、永六輔さんが刑務所で行った慰問講演をまとめた一冊。全国の刑務所にかたっぱしから電話をかけて、その講演記録テープが残ってるかどうか問い合わせ、何カ所かで保管されていたものをお借りして編集したとても貴重な本です。娑婆では絶対聞けない抱腹絶倒の、そして人間として持つべきものは何かを教えてくれる、面白くてためになる本ですので、是非ご覧下さい。重版出来は22日の予定です。全国の書店様、どうぞよろしくお願いします!

【これは業務連絡ですが…】
 今秋、仏・マルセイユ及びセトの美術館で行われる「ヘタうま展」に出展されるアーティストで、まだこちらに作品が届いてない方がいらっしゃいます。船便の手配が迫ってますので至急こちらまでお送り下さい。日本統括のタコシェ・中山さんが仕事の合間をぬってご来社され、100点以上にのぼる作品のチェック及び一点一点の書類作成、完全梱包作業で四苦八苦状態です。明日、明後日も中山さんとこちらでは休みを返上して作業を続けます。早く船便の手配をしないとオープニングまでに間に合わなくなります。お願いですから早く送って〜〜〜!
 というワケで、工藝舎内は今100号キャンパスやら落石を思わせるような巨大オブジェ等の作品で、雀の間・資料室・通路が埋め尽くされています。

CA390515.JPG
フランスに送る原画を届けに来てくれた蛭子さん。最近再び売れっ子になり大忙しで本日やっとご来社。ちょっと痩せたかな?


CA390516.JPG
蛭子さんと入れ違いでご来社の根本さん。こちらもフランスに送る原画をピックアップ。その後蛭子さんの原画についてもまかされてるのでそちらもピックアップ。猛暑の中、みなさんご苦労様です!


【画賊「帰ってきたみやげ物」展はこんな様子です!】
本日よりブックギャラリーポポタムで始まった画賊「帰ってきたみやげ物」展、前回よりパワーアップして帰ってきただけあって、楽しさ倍増! 兎に角写真を見て下さい!

CA390539.JPG


CA390517.JPG


CA390519.JPG


CA390522.JPG


さらに写真は続きます…。続きを読む
posted by 青林工藝舎 at 23:22| 日記

2014年07月05日

鹿島幸恵・後藤友香二人展「自由無碍」

 4日。夕方、鹿島幸恵・後藤友香二人展「自由無碍」のオープニングでヒロマート・ギャラリーへ。
 今回の展覧会は武蔵美時代の同級生、鹿島幸恵さんと新作のペインティング作品を発表。2002年に武蔵美を卒業した後も親交が続いているお二人の作品は、カラフルな色彩感覚と発想のブッ飛び方は共通しているけれど、後藤さんは画面の中からエネルギーを放出させ、鹿島さんは発酵させている印象を受けました。タイトル通り、二人とも自由自在に空想の世界を飛び回っている楽しい展示です。会期は8月10日まで。ぜひ足をお運び下さい!(高市)

◎鹿島幸恵・後藤友香二人展「自由無碍」
会期/8月10日(日)まで。※月・火休廊
営業時間:13時〜19時
会場/Hiromart Gallery
東京都文京区関口1丁目30-7 三村ビル1階
電話:03(6233)9836
hiromartgallery.com/


0705-01.jpg
主役のお二人。左:後藤友香さん、右:鹿島幸恵さん。


0705-02.jpg
オープニングにいらしていた鈴木詩子さん(左)と
川崎タカオさん(右)。
「後藤さん寄りすぎ!」と川崎さんに突っ込まれていた謎のポーズを決める後藤さんはかなり酩酊していたご様子!?
後藤さんの在廊日は後藤さんのHPをチェックして下さい。
posted by 青林工藝舎 at 21:35| 日記

2014年07月04日

馬酔木春氏『放電横丁』デビュー&今夜はパーティだ!

 会社の近所に一戸建ての建て売り物件が2棟、只今絶賛発売中なんだけれど、これがまったく売れる気配無し。訪れる見学者もほとんどなく毎日常駐してる社員もヒマそ〜にしている。この物件のお値段が7千万弱なんだけど、窪地の上に兎に角小さい。狭い土地にむりやり二階建てを2棟たてたもんだから、ステキなベランダが隣の家の壁ギリギリで日当たりゼロ。約7千万円も払って一生日の当たらないベランダに洗濯物を干すことを考えたら…悲しすぎるだろ。もうそこまでして一戸建てが欲しい、という時代でもないんじゃないかと思う。

 さて、今月は結構時間に余裕があるのでは、と思ってたのですが読みが甘かった。すでに予定がつまってしまい、そーするとまたアックスの入稿に影響が出てくるな、とだんだん心配になってきました。次は100号なのでちょっと大変か?
 6月末から「放電横丁」と「アックスストア」にかかりっきり。しかも何だのかんだのとアイデアが出て来て、それを実現するためにはと考え始めると頭の中の整理が付かなくなる。あっ…やべー、これはまずいな。と思い、予定とアイデアを書き出して頭の中を整理整頓! できたか?

 本日夜はしりあがり寿さんの紫綬褒章受章パーティにベンチウォーマーズの皆さんと一緒に出席。身内規模でやるそうです。昨日「なんか一言お願いしますね」としりあがりさんから連絡があり「あ、私でよければ」と軽くうけたものの、歯肉炎だとおもうんだけど、急に右ほっぺがぶわっと腫れた! なんでこんな日に!! バチが当たったか? 今必死で冷やしてるんだけど、もうあきらめて皆様に笑って貰うか、それとも号泣すればいいのかな?


 同じく今夜ヒロマートギャラリーでは後藤友香さんの二人展のオープニングパーティ。こちらは高市ぴいこがおじゃまする予定。雨、降らないといいですね。

 webアックス「放電横丁」に、第16回アックスマンガ新人賞佳作受賞者、馬酔木春さんの読み切り新作『ファ王』(44頁)を放電しました。無人島に漂着し、孤独に苛まれる男が創り上げた妄想世界、しかしその結末は…、その先は読んでのお楽しみ、是非ご覧下さい!


 で、30日の夕食は、ジャガイモと豚挽き肉とスナップえんどうの甘辛煮、カジキマグロ醤油漬け焼き、味噌汁(茄子、玉葱、油揚げ)、ヨーグルト、以上。

 7月2日の夕食は、マグロ納豆丼、茄子の塩もみ即席漬け(茗荷・大葉入り)、豚汁(豚肉・大根・ニンジン・椎茸・長ネギ)、ヨーグルト、以上。

 7月3日の夕食は、ジャワカレー(ジャガイモ・ニンジン・玉葱・豚肉)、キュウリと蒲鉾とチーズの梅肉マヨ和え、ヨーグルト、自家製トマトジュース、以上でした。(手塚)


CA390492.JPG
中野シズカさんも大好きな夏の和菓子! 麩まんじゅう。タコシェの中山さんからいただいたお土産です。ごちそうさまです!


CA390493.JPG
ラフを持って来社された和田キジコさんいいただいた近江屋のケーキ! 帯のイラストも可愛いよ。ありがとうございます!


CA390474.JPG
動かなければほどほどに涼しい、ということで、ダッチワイフのゴリ美と添い寝するらっちゃん。
posted by 青林工藝舎 at 16:23| 日記

2014年07月01日

「Z CHAN」30th Anniversary Party

 29日夕方。井口真吾さんの「Z CHAN」30th Anniversary Party会場にて、小社刊『改訂版Z CHAN−ロータス』を物販するため音楽実験室・新世界へ…出掛ける小一時間ほど前、凄まじい雷雨の襲来で一瞬停電(でもすぐ復旧)。会社に出てる手塚さんに「ラッキー大丈夫?」とメール送ったら「抱っこ→トイレ→今あんちゃん(※明月堂タコ社長)とこ」との返信。ラッキーに地獄の季節到来。耳が良すぎるのって難儀だ。家を出る時分には雨が上がってたけど念のため荷物をビニール袋でくるんでいざ六本木へ。

0630-03.jpg

さて、Zちゃんワールドへの入口はコチラから。


0630-01.jpg

 舞台にはオーガンジーの垂れ幕がかかり、Zちゃんのキャラクターたちやマンガのテキストが投影されている。VJは大野要介氏。

0630-02.jpg

 井口さんの誕生日でもある当夜のプログラムは(…写真撮れませんでしたが)技巧派・音響派ギタリストのシンヤ・サイトウ氏とマイカ・ルブテ氏(Vo,Key)によるニューポップユニットEAの透明感あふれるライブでスタート。続いて井口さんが作中の詩を朗読。客席から時折くすくすと笑い声がもれたりしながら皆さんじっくりと聞き入ってました。

0630-05.jpg

 チャイコフスキーのバレエ音楽に合わせてローズちゃんの世界をリアルで再現するダンスパフォーマー、演出家ハラサオリ氏の「ROSE DANCE」。可愛さと緊張感のバランスが絶妙。

 …またしても写真ないですが、バンロッホのぬいぐるみをプロデュースした「トウキョウトラッシュ」主宰、アート系NPO法人芸術振興市民の会理事のアートプロデューサー山口裕美氏と井口さんのトークで30年の歴史が紐解かれ、ラストはヒューマン・ビートボクサーReatmo氏による、リアルタイムで発した声を素材にループマシンを駆使した多重録音での人間DJで会場を圧倒!

0630-04.jpg

 最後に出演者全員が壇上に上がってフィナーレ。左からEA、井口さん、ハラサオリ氏、Reatmo氏、昨年刊行された絵本『VANROGH’s HONEY』の編集を手掛けた六耀社の藤川宏実氏、山口氏、写真の端が切れてて写ってまってませんでしたが(すいません…)『VANROGH’s HONEY』の装丁やBEAMS BOYのTシャツを手掛けたグラフィックデザイナーの真舘嘉浩氏。(藤川氏、真舘氏は当夜お二人でDJを務めてました)
来場者、出演者、スタッフ一同からの祝福につつまれたあっという間の3時間余りでした。

 1984年に『ビックリハウス』誌上にて誕生したZちゃんはマンガ、小説、絵本、キャラクターグッズ、美術などなど、様々な表現方法で発表されつづけています。その30年の間、Zちゃんの世界が現実の世界とシンクロする現象が多々起こり、作者の井口さんがすっかりハマったまま今日に至るのですが、仮想世界(ロータスヘヴン)と現実世界(ローズヘヴン)を行き来する果てしのないこの物語が、2000年以降、インターネットの普及で仮想と現実との境界が曖昧になってきているこの時代とどうシンクロしてゆくのか?これから先のZちゃんの展開が楽しみです。
 なお会場には『ビックリハウス』の元編集者でZちゃん誕生の母親的存在であり、青林堂版『Z CHAN−ローズ』に解説をご寄稿頂いた上村悦子さんがいらしていて、「井口さん、相変わらずイカレてるね!このままずっとトンガっててほしいなー」と笑ってました。上村さんがZちゃんの成長をなにより喜んでおられるのでは、と思います。てなわけで、井口さんZちゃん、30周年おめでとーございます!(高市)

※井口さんのインタビューが掲載されている「LOAPS LOOKER」でZちゃんについて詳細に解説されてますのでぜひご覧下さい!
http://wpj01.bek.jp/modules/looker/index.php?id=27
posted by 青林工藝舎 at 14:27| 日記

2014年06月26日

またひとつシワが増えた!?

 朝起きたときは涼しかったのに、会社についたら四方からぬるい湯気をあてられてるみたいでムシムシしてて気持ち悪い。しかもだるくて眠い! インスタントで作ったアイスコーヒーを飲んでも、お腹が膨らむばかりで全然眠気がとれません。40を過ぎた辺りから、疲れが時間差で来るようになり、そしてこの年になると「今日のこの疲れは何時の何だ?」と振り返ってみないとわからない。考えることすらおっくうになり「もういいや、どーでも」となるんですね。こうして不本意にもシワが増えて行くんだと思います。

 本日は原稿スキャンと画像処理をずーっと。午後も眠気がとれず、途中何度舟を漕いだことか…。しかし『アックスVol.100』の編集に入る前に終わらせておかないと大変なことになるので眠気と格闘しながらMacにかじりついてました…。

 午後2時過ぎ頃、小口十四子さんご来社で志村クンとちゅんこ部屋で打ち合わせ。紫蘇ジュースを出したら「美味しい!」と飲み干してくれました。暑い中ご苦労様です。

 夕方からアルバイトのハッチ(八谷さん)が来てくれたので、これ幸いと作業をバトンタッチ。ハッチはまだ20代、背が高くてヒョロヒョロと痩せていて昔の高市ぴいこを思い出させるような体型。イラストレーター志望で、普段は病院内にあるコンビニで働いてるのですが、シフトを調整しながら月に何度かこちらにアルバイトに来て貰ってます。苦しい家計をやりくりしながらも若いのでオシャレには気を遣ってるみたいで、今日は水兵さん調の洋服。かわいいですねぇ。

 創出版さんから雨宮処凛さんの新刊『命が踏みにじられてる国で、声を上げ続けるということ』が送られてきたので、じっくり読む前にまずパラパラと。雨宮さんはもともと山田花子さんや根本敬さんのファンで、イベントでも時々お見かけしてました。
 雨宮さんの書く文章はすごく分かりやすく頭にすんなりと入ってきます。最初に上梓された『生き地獄天国』について、当時みうらじゅんさんとの雑談で話題になったことがあり、結論が「この人、文章上手いよね」でした。現在は社会運動家としても大活躍ですが、自身が活動している内容を的確に伝えるためにはやはり文章の上手さは武器になります。これからもその武器を大いに活用してますますのご活躍を!






 で、本日の夕食は、冷やしうどん(茗荷・梅肉・枝豆・油揚げのごま油炒り)、筍と若布とさつま揚げの煮物、ヨーグルト、以上。
 ちなみに昨日の夕食は、ピーマンとじゃことウインナーの炒め、カボチャ煮、納豆、味噌汁(若布・玉葱・豆腐・椎茸)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

※油揚げのごま油炒り=油揚げを縦2分の1に切り、それを2〜3o幅に切り、ほんの少々サラダ油を入れたフライパンで炒めます。油揚げが乾いてきたらごま油を入れ、味つけは醤油とラー油で。油揚げがカリカリになるまで炒るようにして炒めればOK。今日は冷やしうどんにのせましたが、そのままご飯にのせても、またお弁当に敷き詰めても美味しいよ。他におかずがいらないくらいバクバクいけます!


CA390464.JPG
一昨日の雷で震え上がるらっちゃん。抱いてるのはたまたま遊びに来てくれた神馬さん!


CA390467.JPG
昨日の雷でさらに震え上がる弱虫らっちゃん、あんちゃんにしがみつく!


CA390458.JPG
それでも震えが止まらず、最後にはトイレに籠城するらっちゃん。汚いのですぐに段ボールを敷きましたが、こうなるとトイレにもなかなか入れずで困ったもんです。この夏、ご来社されたときもしラッキーがトイレに籠城してたら、オシッコしてるときに太股をペロペロとなめられるかも知れませんが、悪しからず。


CA390470.JPG
で、雷の恐怖を免れた今日は寝ころんだままおやつをクチャクチャたべる、行儀の悪いラッキー。まあ、可愛いから許すけど…。
posted by 青林工藝舎 at 22:03| 日記

2014年06月23日

「アックスVol.99」本日発売!&「こだま・古玉・木霊」第5号出来!

 本日『アックスVol.99』発売!! 巻頭特集:謎のアート集団〈画賊〉初登場!/高山和雅氏久々の新作「天国の魚−パラダイスフィッシュ」第1話30頁を一挙掲載!/他マンガ・読み物充実!/店頭で見かけないと言われますので見つけたら即ゲットして下さい。よろしくね!
 というわけで、午前中は『アックスVol.99』の発送、終了後週に1度の全員で掃除。

AX99H1.jpg



 しょぼい昼食後、チャリで銀行まわり。雲行きが怪しくなってきたので一応雨合羽を持ってでかけ、フルスピードでまわったけど結局雨は降らず。おかげで汗ダラダラ。

 夕方、菅野修さんから『こだま・古玉・木霊』の第五号が届きました。第五号の表紙絵はナント!中野シズカさん。菅野さんたってのお願いで中野さん、がんばりました! とても美しい表紙に仕上がってます。第五号は36頁と大幅に増頁。「ガロ」「夜行」に描いていた頃の話や、つげ義春さんとの会話の覚え書き、また「こけし時代」に連載中の漫画の話などなど、当時の写真も収録されて読み応えアリ! とりとめもなく書かれた文章から、菅野さんの作品のバックボーンが見えてくる、ファンにはたまらない一冊です。2、3日後にはアックスストアにアップしますので、ストアからご購入下さい。

こだま005.jpg



 近藤ようこさんの新刊『異神変奏ー時をめぐる旅』(KADOKAWA刊・メディアファクトリー/本体1200円)が送られてきたので一気読み。面白いなぁ。なんでこんなに面白く読めてしまうんだ! 近藤さんの描く悪人や妖怪って、なぜか憎めない。それは善人も悪人も平等に描いているからだと思うんですね。平等に描かれると、どうも自分は悪人≠ノ近いのでは、と思えてきてしまう。悪≠通して、ささやかな幸せを望む人間本来の姿を浮かび上がらせるストーリー展開は超絶技巧! 普通でいられる幸せの価値を物語で実感させてくれるのです。是非ご一読を!

CA390454.JPG






 以前ブログにも書きましたが、ル・デルニエ・クリ主催で今年10月、マルセイユとセトの二箇所で行われる仏日合同オルタナティブアート展の発送準備で高市ぴいこがてんてこ舞い。リストを作るにも、作品の初出はもちろん、ひとつひとつ重さを量り、指定されたひな形をみながら、一作品事に写真を撮り、その横に英語で詳細を記入、でもって梱包するにも箱に何が入っているのか解るように写真付き書類を作成したりと、まあ細かいこと細かいこと。仏国からの助成金を受けての展示らしく、それはそれでありがたいんだけれど、でもホントに細かくてテーヘンだよっ! 
 で、この展覧会の日本側総括者はタコシェの中山さん。本業も忙しいのに企画段階から動いて下さってて頭が下がります。日本のアーティストの作品集結所は我が社。大きい物は畳1畳ぐらいあるらしいけど、まあナンとか預かれそう。今度の金・土曜日に中山さんが来社され、ひとつひとつきちんと梱包されているか全部点検。こりゃ大変な作業ですよ。参加アーティストの皆様、〆切に間に合うよう作品の発送をお願いします!

 で、本日の夕食はジャワカレー(ニンジン・ジャガイモ・玉葱・豚肉)、温サラダ(ブロッコリー・インゲン・青じそ入り竹輪)、ヨーグルト、以上。
 ちなみに昨日の夕食は、カレイの煮付け、ニラのお浸し(おかか+小女子)、納豆、味噌汁(大根・椎茸・絹さや・油揚げ)、ヨーグルト、以上でした。


 さっきから全盲の老スズメ、チーコの様子がおかしいので今夜はちょっと心配です…。(手塚)


CA390451.JPG
らっちゃんの新しいお友達兼ダッチワイフの「ゴリ美」。さかりがついちゃって足にしがみついては腰を振るので購入! 980円也。


2014.619-01.jpg
こちらは散歩に来てくれた清水さんが撮ってくれた一枚。甘えた顔してます。

posted by 青林工藝舎 at 23:04| 日記

2014年06月20日

レコジャケ展無事開催&林静一さんが明日NHKに!

 先日、突然林静一さんから大きな段ボールが2箱送られてきたので「え、なに?」と恐る恐る空けてみると、林さんがプロデュースされた和陶器シリーズが一杯入ってました。…そうだった! 以前飲み屋にご一緒したとき「まだ使っていない食器がたくさんあるんだけどいる?」ときかれて「あ、来客が多いのでいります!」という会話をしていたのでした。箱の中には土鍋や大皿小皿、ご飯茶碗、小鉢大鉢とたっくさん入ってて、それぞれの箱に全部林さんのお名前がプリントされてました。
 いやぁ、助かります!これだけあったら20人ぐらいで宴会出来るかも! 土鍋もヒビ入ってたし、大皿も足りなかったし…。でもこれで買い足す必要が無くなりました。ありがとうございます!

 今日はラッキーのあんちゃんが出張で留守のため朝7時からラッキーの散歩。6時ぐらいから催促が始まってでも寝たふりしてたんだけど限界! 隣ではちゅんこに髪の毛をクチバシで引っ張られてもスカスカ寝ている高市ぴいこなので…やっぱり行くしかないか。メス犬の匂いをかぎながら散歩してうんちして、朝から実に元気であります。こっちは何も食べずにでてしまったので、途中で気持ち悪くなっちゃったよ。

CA390440.JPG
メス犬のシッコの匂いをしつこくかぎまくってるアホなラッキー。


CA390418.JPG

CA390437.JPG
今、紫陽花が満開ですが、気をつけてみてるといろいろ種類があるんですね。


 昼食後、これから発売するグッズの原価計算とデータの再確認。ちょっと間違えてたところもあって、やはり再確認して良かった、あぶねーあぶねー!
 終了後、webアックス「放電横丁」にアップする新人・馬酔木さん(第16回アックスマンガ新人賞家作入選)の読み切り44Pの画像処理を粛々と。目がショボショボしてきました。


CA390428.JPG
水浴びをしようとするも、外のスズメの声に気を取られ、なかなか水浴びが始められないちゅんこ。


CA390441.JPG
今日はチーコもよく囀ってました。全盲で目が陥没してますが…。


 昨夜、ギリギリまでレコジャケを作成していた根本敬さん、無事大阪について会場ではファンにサインのサービスをしていたそうで、まあとにかく何より! このところ個展のため連日我が社で夜遅くまで作業してたし、夕べは0時25分の終電ギリギリまで作業をこなし、道具を片づけながら「まだ終電、間に合うかな!」と大きな荷物を抱えバタバタしながら立ち去った根本さん。疲労回復の間もなく大阪出陣で明日明後日とイベントも入ってる! 蒸し暑さに負けず、ここはひとつ乗り切って下さい!

 だがしかし…昨夜その終電をのがしてしまった私達はといえば、ま、ラッキーの朝の散歩のこともあったし、タクシーで帰れるような身分でもないのでそのままお泊まり。こちらも少し疲労がたまってきたので、本日の夕食は、昨日の残り物ですませました。まあ、そういう日もあるね。ということで「描き下ろしROCK、SOUL、ぴんからレコードジャケット展」は25日(水)まで開催してますので、よろしくネ!(手塚)

【お知らせ】
明日21日(土)、林静一さんがNHK「ノージーのひらめき工房」(午前7時30分〜45分)に出演されます。「お絵かきコーナー」で描き方を披露されるそうです。朝早いですが是非ご覧下さい!


◎おまけ写真(ツイッターにはすでに貼り付けましたが…)


CA390436.JPG
「よしっ!」というまでは絶対に口を付けないおりこうならっちゃん。


CA390435.JPG
ヨダレをボトボトこぼしながらもジーッと待ちます。待ってる間は食べ物から目をそらし絶対に見ないのが不思議。


CA390434.JPG
「よし、ハイどうぞ!」というとガバッと食らいつきます。どんなにお腹が空いててもがっつかない、やっぱりおりこうならっちゃん!
posted by 青林工藝舎 at 22:48| 日記