2014年09月17日

本日もご来社多数&予約受け付け開始が2つ!

 昨日は何してたんだっけ、と思い出せないまま午前中アックスストアの発送作業。10時半、池田ハルさんが、webアックス「横放電丁」で連載中のコラム、「ハルさんちのハンドメイド〜大きな手小さな手」の個展で売販売予定の缶バッジ作りでご来社。我が社の缶バッジマシーンで35個作りました。ちなみに個展は11月1日から、渋谷区富ヶ谷のパン屋さん「ル・シャレ」で開催です。詳し事はまた追ってお知らせします。

CA390861.JPG
ビンも可愛いハンドメイド。夕食後のヨーグルトにかけていただきましたが、すごく美味しかったです! ハルさん、ありがとう。


 午後、筒井ヒロミさん、高橋宏幸さんが原稿を持ってご来社。筒井さんのwebアックス「放電横丁」で連載している「もちが焼けたよ」第四話からはカラーになりますよ。色が入るとまたちょっと違った雰囲気にも見えてくるので楽しみです。

CA390865.JPG
黒部峡谷に観光に行った筒井さんのお土産に雷鳥のカードが入ってました、これかわいい。そして秋田を旅行した高橋さんのおみやげは「ぷれすdeなまはげ」、プレスして乾燥させたなまはげ! でなくて魚のハタハタでした。ありがとう!


 夕方、根本敬さんご来社でいつもの通り「レコジャケ展〜9月場所」に向けて作業部屋で制作。

CA390864.JPG
手に持ってるのは完成したジャックス「からっぽの世界」、テーブルの上に見えてるのはNico「Chelsea Girl」とPeter Ivers「TERMINAL LOVE」。


 そんな本日の夕食は根本さん、清水さんも一緒に、根本さんのおみやげの餃子、カボチャ煮、サラダ(フルーツレタス・枝豆・アボカド・生ハム・貝割れ・じゃこ)、冷や奴(茗荷+じゃこ)、みそ汁(玉葱・若布・油揚げ)、ヨーグルトに池田ハルさんの手作りブルーベリージャム! おいしかったぁ!! 

 ちなみに、16日の夕食は根本さんも一緒に、麻婆茄子、肉団子、蛸入りさつま揚げ、サラダ(大根・キャベツ・玉葱・アスパラガス・じゃこ)、白菜の浅漬け、みそ汁(大根・若布・油揚げ、豆腐)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎予約受付始まりました!

★トークショー【「ガロ」と長井勝一、誕生から50年、「ガロ」が生んだカルチャー】
日時:10月11日(土)14時開場 14時半開演(予定)
場所:ふれあいエスプ塩竃 エスプホール
出演者:林静一×南伸坊×呉智英(聞き手:手塚能理子)
マンガ家、当時の編集者、マンガ評論家の3名が、60年代〜70年代の「ガロ」及び当時の長井さんについて語ります。お時間のある方は是非お越し下さい! なおトークショーは予約申込みが必要です! 
定員:180名(先着順)
予約申込み開始:9月16日(火)より 受付時間10:00〜18:00
※電話またはエスプ事務室に直接お申し込み下さい。
 電話:022-367-2010(ふれあいエスプ塩竃)
・お申し込みの際、ご住所・ご氏名・年齢をお知らせ下さい。
・お申し込み希望人数は2名まで可。
・定員になり次第締め切らせていただきます。

CA390851.JPG


アックスストアでは現在高山和雅著『天国の魚ーパラダイスフィッシュ』のサイン本予約受付中! 予約された方にはお名前入りのサインが入りますので是非ご予約を!(ご予約は会員の方のみとなります。会員手続きは無料ですのでこの機会に是非!)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
P1010024.JPG

P1010022.JPG
丸尾末広さんからメールで届いた最近のイワン。手のアップがたまらん!
posted by 青林工藝舎 at 23:16| 日記

2014年09月16日

まどの一哉 「ロマンガロン」第5話放電!

webアックス「放電横丁」にまどの一哉氏の連載ロボットマンガ「ロマンガロン」第5話を放電しました。なぜ八王子ばかりが狙われる? 謎が謎を呼ぶ、ロマンガロンの秘密って一体!?  「放電横丁」では只今続々放電中! 是非お立ち寄り下さい。

romangaron.jpg
posted by 青林工藝舎 at 16:57| 日記

2014年09月14日

高山和雅さん、須川善行さんご来社&「フィギッシュ」重版出来!

 おとといの明け方か? 2度も部屋にこびとが出まして。といっても2回ともうたた寝してハッと起きた瞬間に見たので、多分寝ぼけてたせいだと思うのですが、身長30センチくらいでテレビのヘリにつかまりながらこちらをジッとみているのです。しかも、何故か顔がナニワのモーツァルト、キダタロー。2回とも顔のデカいキダタロー…。なんで?なんでうちだけキダタローなんだ!? もしこれがコロボックルだったとしてもだ、なんでキダタローかい? というワケで、今度出てくるときにはアホの坂田の連れてくることな!

 12日午前、アックスストアの発送作業やたまってたメールの返信。今後のイベント関係や入稿の日程確認。頭の中がグチャグチャになっててすぐに忘れてしまうので、ちょっと脳内整理。

 午後、台湾のmangasickに送る荷物をチェックして箱詰めし、国際郵便用紙に記入し、無事台湾に船便で発送の手続き終了。

 夕方から遅れ気味の「放電横丁」の作業をしてたら、何やら英語のメールが届き、覗いてみると中国にあると思われる会社からのドメインについての問い合わせ。内容は「中国内でオメーんとこと同じドメイン取ろうとしてる奴がいるんだけど、どーすんだ? つきましては…まっ、連絡くれや」みたいな内容。えぇ〜っ!? なんじゃこりゃ、スパムか? とそこで高市ぴいこがネットで調べたらやっぱし詐欺のスパム。ネットは怖いですねぇ、でもすぐに調べられて便利ですねぇ。しかし、こういうことでロスタイムをとられるのはホントにムカつく! 結局「放電横丁」作業深夜まで、トホホ。

 13日午後2時過ぎ、高山和雅さんと元ユリイカ編集長で現在はフリー編集者の須川善行さんが「アックス101号」に収録予定の『天国の魚・パラダイス・フィッシュ』記念インタビューでご来社。ずっと高山さんの作品を評価し続けてくださってた須川さんにインタビュアーをお願いしたのですが、今回の新作を読んで「これは間違いなく傑作ですよ!」とSFに精通している須川さんも興奮気味。高山さんの声が表に出るのは多分これが初めてなのでとても貴重なインタビュー、必見です!
 終了後、レコジャケ展の作業中の根本(敬)さんともちろん初のご対面! 高山さんは80年にガロデビュー、根本さんはその一年後にデビュー、と1年違いなのですが、かれこれ33年経ってからの初対面、というのも感慨深いものがあるようで、しばらくお二人で話し込んでました。以前、菅野修さんが「友とは30年に一度会えばいい」と名言を発したことがありましたが、まさにその通り。高山さんの描き下ろしの分厚い新刊見本を手にした根本さんは「これを読んで『未来精子ブラジル』完結へむけての勢いにしよう」としばし眺めてました。
 すでに奇蹟の大作!の声もチラホラと聞こえ初めだした『天国の魚・パラダイス・フィッシュ』は今月22日取次搬入の予定ですのでよろしくお願いします!

401-0b.jpg
カッコイイカバーです! デザインは高山さんの大ファンでもある井上親方


 本日は午後から出社。ふれあいエスプ塩竃で10月4日から始まる、長井勝一漫画美術館主催の原画展の準備あれこれ。展示関係の仕事って割と多いのが我が社の特徴でもあり、こまごまとした仕事が多く結構時間がかかるのであります。なので、ギャラリーや美術館の展示を見ると「これは準備が大変だったろうなぁ」とか、そういうことを真っ先に考えてしまう。でも毎年楽しみにして下さる方もいらっしゃるので、ギリギリまで頑張りまっす!

 さて、ツイッターではすでにお知らせしましたが、永らく品切れとなってました大越孝太郎著『フィギッシュ』の重版出来です! しばらく店頭から姿を消していましたが、久々に返り咲き! 
 今年になってからさらに劇的に本の売り上げが減少、というような話を先日も某版元の方と話したばかりですが、そのためなかなか重版まで手が回らないのが現状です。重版のお知らせをしても思うように予約がとれず、動きたくても動けない、という常に忸怩たる思いを抱えているのですが、そこを何とか打破したい、と日夜奮闘中。次の重版に繋げるためにも是非お買い求めをお願いします。

ookosi.jpg
このカバーを書店で見かけたら即ゲット!


 この間夕食は12日のみで、肉ジャガ(ジャガイモ・ニンジン・玉葱・豚バラ肉・蒟蒻)、キュウリとミョウガの塩もみ漬け、納豆、みそ汁(大根・見ぬサヤ・油揚げ)、ヨーグルト、赤肉メロン(4分の1カットで50円だった!)以上でした。(手塚)

CA390837.JPG
上から写してみたらっちゃん。


CA390841-2.JPG
値がはるので年に3度ぐらいしか買ってもらえない、大好物の鳥のアキレス腱を乾燥させたおやつに釘付け! ちゃんと味わってね。
posted by 青林工藝舎 at 23:09| 日記

2014年09月11日

【Web版アックス/放電横丁】わだちずデビュー2作目を放電!

 第16回アックスマンガ新人賞南伸坊賞を受賞したわだちずさんの「透明ランナー」を放電しました!デビュー第2作目は切り絵のカラーマンガです。不思議な世界をぜひ覗きにいらして下さい。(高市)
放電横丁→ http://houden.net/

wada_hoden.jpg
posted by 青林工藝舎 at 14:11| 日記

2014年09月10日

『ラスト・ワルツ』再発&ねこはいカレンダー発売!

 午前10:30、某駅の改札でシマトラ(島田虎之介氏)と落ち合って、喫茶店で打ち合わせ。ずっと品切れだった『ラスト・ワルツ』を新装改訂版で再発することになり、表周りやら増頁の台割のことなど1時間半。シマトラは10月3日よりビリケンギャラリーで初の個展を開催する予定で、11月下旬には小学館IKKIコミックから描き下ろし単行本『九月十月』も発売の予定。新装改訂版『ラスト・ワルツ』は、その新刊に合わせての発売、と決めていたので、そろそろ準備に取りかからないとね。初版ではまだアナログ入稿だったんだけど、今度はデジタル入稿となるので、原稿を全部スキャンして入稿データを作らないといけないため、少し余裕を見ての進行です。
 別れ際「ここの美味しいんですよ」と和菓子屋さんでお土産をかってもらっちゃいました。ホントに美味しかった! ありがとうございます。

CA390826.JPG


 午後、3時過ぎ、根本敬さんが到着するやいなや雷雨! で、ゴロゴロと鳴り始めたら、例の如くラッキーが怯え始め、抱っこ地獄だ。その様子は写真でどうぞ。

CA390820.JPG

CA390824.JPG

CA390825.JPG
ガタガタブルブル震えっぱなし。雷が鳴るとわざわざ耳をすまし、そしてまたさらに震えるらっちゃん。


CA390822.JPG
どうしようもなくなって机下にもぐると、恐怖のあまりナント放屁! くっさいのなんのって、たまらん!


 アートプリントジャパンより、南伸坊さんの『ねこはいカレンダー2015』が発売されました! 書籍『ねこはい』がそのままカレンダーになっててかわいい! 来年は「ねこはい」と共に楽しい一年を過ごしたいですね! アックスストアでも少部数ですが販売の予定です。

CA390797.JPG


 今月はご招待いただいてるパーティが二つありますが、洒落た服を持っていない私としてはこーゆーとき大変困るわけで、会場で知った方とご挨拶するにも引け目を感じてしまいます。以前招待状に「当日は平服でおいで下さい」とかいてあったので、ああよかった、と普段着で参加したのですが、確かに皆さん平服だったんだけど、その平服ですらかなり差がついたものになってて、基本レベルが下の下だったことを思い知らされたのでした。やーねー、もう…。(手塚)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎今日の根本敬さん。


CA390827.JPG
「人生劇場~勝新太郎・古賀メロディーを唄う」裏ジャケ(九割五分出来上がり)とMichael Jackson「Thriller」(五割出来上がり)です!「根本敬レコジャケ展・9月場所」まであと少し。
posted by 青林工藝舎 at 22:58| 日記

2014年09月09日

台湾(台北市)のオルタナ系マンガ喫茶「Mangasick」がスゴイ!

 ものすごく久々に小学校低学年の頃の夢をみたのですが、同級生の「絹子ちゃん」という女の子が出て来たことを目覚めたときに気づきビックリしました。ま、夢の中身はどうでもいいんですが、当時からこの「絹子」という名前が個人的に大好きでした。能理子ではなく絹子がよかった、と何度思ったことか…。
 今はキラキラネームとかが流行ってて、何処の国の子供だかわらないような名前がはびこってるけど、やはり私は「子」がつく名前が好きだな、と何となく思った朝でした。
 ところで、自分は子どもの頃から夢は総天然色で見ていたのでみんなそうだと思ってたんだけど、多くの人に「え、モノクロだよ」といわれてビックリした。モノクロの夢は見たことないので、どんな感じなんだろう…、一回見てみたい。

 さて今日は台湾のマンガ喫茶をご紹介します。台北市にある「Mangasick」というお店なのですが、品揃えがとにかくすごい! 日本のオルタナ系コミックが鬼の如く揃えてあるんですね。2012年6月にアックスストアをオープンしたときから、時々中国名の黄さんという方が大量に買って下さってて、でも住所を見ると日本になってる(後から知ったのですが黄さんの友人宅でした)。留学生かなぁ、と思っていたのですが、今年になって「実は台北でお店をやっているので、取引できませんか」と、とても流暢な日本語のメールが届いたのでした。店長も副店長も日本語がとても上手で、先日は手紙まで頂きましたがそれも奇麗な日本語の文字で書かれていました。
 工藝舎のフェアや原画展もやってみたい、と意欲満々で頼もしい限りです。今年10月には駕籠真太郎さんの個展を開催するそうです。来年には市場大介さんの個展も企画したいとのことで、台湾で唯一のノイズミュージック系のレコードレ―ベル「Kandala Records」の主宰者と市場さんのライブも開催するのが夢だとか。きましたねぇ、台北! というワケで台北でも弊社の本やグッズが買えますよ! 台北に行ったら是非立ち寄ってみて下さい。
Mangasick日本語twitter

◎写真は黄さんが送ってくれた「Mangasick」の棚の様子です。弊社のブログを読んで下さっている方ならば、説明など要らないくらいオルタナ色濃厚、トクとご覧あ〜れ〜!!


s1.jpg

s2.jpg

s3.jpg

s4.jpg

s5.jpg

s6.jpg

s7.jpg

s8.jpg

s9.jpg
ここは日本か、と思えるくらいの品揃えにホレボレ! 今この棚にない書籍もご注文いただく予定でMangasickの棚はますます充実!


s10.jpg
グッズコーナー。市場さんの商品、そして弊社の缶バッジ等も。近々このコーナーにつげさんや丸尾さんのTシャツ、トートバッグも並びますよ!


s11.jpg
ここは貴重本コーナー、おっと佐伯俊男さんの本も!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★今日の根本敬さん!

CA390818.JPG
両国RRRレコジャケ展・9月場所」の展示レコジャケ制作、本日は、John Coltrane、Michael Jackson、勝新の3枚を同時進行で。手に持ってるのはPolice! 勿論今現在も制作中であります!!


 で、本日の夕食は根本さんも一緒に、鯖の味噌煮缶と野菜(玉葱・ピーマン・しめじ)のチーズ焼き、大根と鶏肉と厚揚げとさつま揚げの煮物、サラダ(ホウレン草・ホワイトアスパラ・パルメザンチーズ)、沢庵、みそ汁(ジャガイモ・絹さや・油揚げ)、ヨーグルト、パイナップル、以上でした。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 22:35| 日記

【Web版アックス/放電横丁】磋藤にゅすけさん初登場!

 磋藤にゅすけさんが「ヘンコちゃんになりたくて」以降久々の新作「プレゼント」で放電横丁に初登場!一挙46頁放電しました!閲覧無料です。ぜひお立ち寄り下さい。(高市)
放電横丁→ http://houden.net/

nyusuke.jpg
美人で優秀な恋人サエと付き合い何不自由ない大学生活を送るツトム。ただし、コイツさえいなければ……。
posted by 青林工藝舎 at 11:19| 日記

2014年09月08日

400点の美術品、本日フランスに向けてやっと出発!

 先日、神保町へ行く用があったのでランチをしました。ホントはハゲカレー(共栄堂)をたべたかったのだけれど、最近値上がりして高くなったので、懐かしのラーメン伊峡へ。ここは前「ガロ」編集部歴代メンバーが散々通ってたお店で私はここの野菜炒めライスが大好きす。で、この日も当然野菜炒めライス。味も変わらず美味しいかった! 通ってた頃は350円だったけど、460円に値上がりしてた。ま、20年もたてばそうなるか、でも安いよね。因みこの店の人気メニューは半チャンラーメン。ほとんどの人が「半チャンラーメン!」といいながら入ってきます。
 伊峡を出てからフンパツして喫茶店「エリカ」でブレンドコーヒー。今は店舗がひとつになっちゃったけど、相変わらず濃くてうまい! 一時期の喫茶店ブームでにわかファンがおしかけてきてたけど、今はゆったりとしながらコーヒーが飲めるのでコーヒー好きには至福のひととき。タバコも吸えるのでさらに至福でございますよ。

 本日は何と全員9時出社! というのも、結局またまた延びてしまったフランスへ送る荷物が今日朝っぱらからやっと搬出!! 陣頭指揮をとるタコシェの中山さんも9時前に到着。運送屋さんが頑丈な段ボール箱や段ボール板をたくさん持ってきて大小全てを梱包し、Sete行きとMarseille行きに分けて通し番号を貼り…と最後までやることが結構多かった! でもこれでやっと大荷物から開放! 伽藍となった雀の間をちゅんこが盛んに飛び交ってました。
 中山さんはお昼を食べてからキング・テリーこと湯村輝彦さんの事務所フラミンゴスタジオへ荷物のピックアップ立ち会いで出かけて行きました。中山さん、ホントにお疲れ様! 打ち上げしたい気分ですよね。

CA390811.JPG
さらに頑丈な梱包は運送屋さんがテキパキとやってくれました。


CA390808.JPG
どんどん荷物が仕上がってきます!


 午後4時頃根本さんご来社で、今月26日から三日間、両国RRRで行われる「レコジャケ展 9月場所」にむけての作業。かなり頑張らないと壁が埋まらない、というわけで今夜も遅くまで頑張る予定。
 5時すぎには雨の中本秀康さんがご来社。本さんのプライベートレーベル「雷音レコード」の〈まえのまつり〉の応募状況(宛先は弊社)を確認したい、とのことで応募封筒の入った段ボール箱を渡すと「えっ、こんなに来てるんだ」と驚く本さん。数えたら360通もありました。毎日毎日立て続けにとどいていたもんな。すごいな、雷音レコード!

CA390813.JPG
根本さんが描いたレコジャケ「TROUT MASK REPLICA」を見て「これ、ヤバイですよ、ヤバイですよ!」と興奮する本さん。


CA390814.JPG
忙しいからすぐに帰ります、といってた本さんもついつい音楽談義に花が咲き、ずいぶんと話し込んでました。


 さて、フランス行きの荷物も片付いたので、今度は台湾だ! 台北市にある「Mangasick」というお店から、グッズと本の大量注文が入ってきたので、今週中にシーメールで発送の予定。なんて書くと一見国際的に見えるけど、でも中身は何処まで行っても土着の我が社であります。

 というワケで、本日の夕食は、根本さんの差し入れのコロッケ(個人商店で作ってるすごく美味しいコロッケだよ)、麻婆茄子、ニラのお浸し(茗荷+じゃこ)、サラダ(空心菜の芽・ひよこ豆・キュウリ・じゃこ)、大根のたまり漬け、味噌汁(玉葱、椎茸、若布、豆腐)、ヨーグルト、以上。

 因みに3日の夕食は、根本さん、清水さんと一緒に、茄子とエリンギと長ネギとベーコンのバター醤油炒め、帆立貝柱と青梗菜の牡蠣油炒め、ジャガイモとウインナーのチーズ焼き、キュウリの浅漬け、ヨーグルト、梨、以上。

 5日は、モヤシとキャベツとウインナーの醤油炒め、シシャモの唐揚げ、キュウリの浅漬け、白菜と豆腐の味噌汁、ヨーグルト、以上。

 6日は、根本さんも一緒に、肉野菜の牡蠣油炒め(白菜・長ネギ・豚肉・椎茸)、鶏肉のチーズ大葉巻、大根のたまり漬け、味噌汁(長ネギ・椎茸・絹さや・ベビー帆立)、ヨーグルト、以上でした。(手塚)

CA390779.JPG
先日の夜、編集部にカマキリが侵入。志村クンが捕まえて外に放そうとしたら、指を思い切りカマで痛めつけられてしまいました。「これ、かなりイタイですよ!」という志村クンの指に張り付いて攻撃するカマキリを撮ったら画面がボケちゃった、チッ、残念!


◎近頃のらっちゃんは…。


CA390807.JPG
近頃ダッチワイフのゴリ美にちょっとそっけない。今らっちゃんが抱きついているのはあんちゃんの足。あの小汚い足に負けた残念ゴリラのゴリ美です。


CA390793-01.jpg
昼間、このような大変無防備な格好で寝ているらき。


CA390798.JPG
そして場所を移動してはかなりジャマな位置に陣取ってまたお昼寝。


CA390791.JPG
こーゆー微妙な位置も大好きで、膝でゴリゴリされても起きないうちのぼっちゃんでした。
posted by 青林工藝舎 at 22:40| 日記

2014年09月05日

新刊「天国の魚(パラダイス・フィッシュ)」(山和雅著)もうすぐ出来上がります。

山和雅さんの新刊「天国の魚(パラダイス・フィッシュ)」ですが、先週印刷会社へ入稿、金曜日に本文校正の白ヤキが出て、今週月曜日にカバーなどの校正紙が出ました。校正紙をチェックして印刷会社に戻しましたのであとは印刷・製本されるのを待つばかりです。楽しみ。
9月22日取次搬入予定ですので、24日くらいには店頭に並ぶのではないかと思います。また、アックスストアでの会員限定・お名前入りサイン本の販売も予定しています。山さんのサイン本はめったに手に入らないです。募集期間など決まりましたらメールマガジンにてお知らせいたします。会員登録は無料ですので、この機会をどうぞご利用ください。
「天国の魚(パラダイス・フィッシュ)」第一話は「アックス」99号に、第二話〜第五話はwebアックス「放電横丁」に掲載されています。第五話で突然出てきたロボットにビックリしましたが、この後2030年から1970年にタイムリープした家族五人はどうなるんでしょう? 残りの第六話〜第十話を加えて320pの読み応えある単行本。是非みなさんにご覧いただきたいです。(し)

140905sk01.jpg

カバーには銀を使っています。カッコイイ!


140905sk02.jpg

「駕籠真太郎展」(GALLERYリトルハイ)会場にて駕籠真太郎さん。
posted by 青林工藝舎 at 14:10| 日記

2014年09月02日

赤貧工藝舎、社内も財布の中身も大型台風、のようなもので…。

 怒濤の来客が続いた8月もあっという間に過ぎ、デング熱感染に怯えながらの9月突入です。

 本日は久々に静かな一日、午後、描き下ろし単行本『天国の魚ーパラダイスフィッシュ』の著者校正のため、高山和雅さんご来社。発売予定は22日、いよいよですね! 先日インターシップで来て貰ってる日藝の小木さんがなかなかの読書家なので、勉強のためと白焼き校正をしてもらったのですが、読み始まったら夢中になってしまい「すごく面白いです、出たら絶対買います!」とのこと。高山さんについてまったく知識のない女子をも「おもしろい!」と唸らせた新作、是非とも売りたい!です。

 さて、日にち遡って、8月31日、午後からタコシェの中山さん、根本班の清水さんが目前に迫った仏・美術館送りのための作業を。巨大な作品は広いスペースのある4階にすべてあげて作業。作品ひとつひとつ一旦梱包をといて、表裏の写真を撮り、作品概要と写真と通しナンバーを印刷した入ったシールを作って貼って、また梱包し直す、というやたら面倒な作業。全部で400点もあるので作業はもう一ヶ月以上続いています。こちらもラベル制作や撮影等仕事の合間に手伝ってますが、ホントに大変で、我が社でのラベル制作担当の高市ぴいこも、この2週間ぐらい、ほぼその作業に没頭。中山さん、フランスとのやりとり、及び運送会社、税関とのやりとりも含め、本当に御苦労さまでした。作家さんの作品の安全を第一に考えてこその中山さんの細やかで辛抱強い作業、見ていて脱帽です。
 また夜8時には韓国のアーティスト、ジャック氏(シン・イルソプ)と日本で活躍する絵本作家のソ・ミジさん、そして15年ほど前にジャックと根本さんを引き合わせてくれた、韓国文化(主にアングラ系)を研究している田中恵美さんもご来社で8人で夕食。賑やかでした!

CA390749.JPG

CA390751.JPG
都築響一さんが出品する見世物小屋の幕、12点を全てひろげてチェックする中山さんと清水さん。広い場所がないので4階を借りて撮影。


CA390753.JPG

CA390752001.JPG
ピコピコさんの巨大ヌイグルミ。これどうやって作ったんだろう?


jack.jpg
ジャックと根本敬さん。


CA390762.JPG
みんなで夕ご飯。翌日韓国に戻るジャックさん、みんなにお土産を持ってきてくれたので大荷物でのご来社でした。毎回ありがとうごさいます。


 9月1日、朝から銀行へ直行。残高を確認して冷や汗タラタラの心臓バクバク。四谷税務署で高市ぴいこと落ち合って第17期の決算書を無事提出&不本意ながらも納税(殺す気か!)完了。ああよかった! 午後からはまたまたご来社続々!

CA390767.JPG
ベンチウォーマーズ永井ミキジさんと成田敏史さんが、小物60点物撮りでご来社。この日はあちこちふさがってたので、編集部の打ち合わせテーブルを使っていただきましたが、物撮りの小物がすごく面白いモノばかりで、ついつい仕事の手を休めて見学!


CA390770.JPG
フランス行き作品チェックで手伝いに来てくれたHAMADARAKA・絵瑠ちゃんと絵夢ちゃんと皆で記念写真!


CA390768.JPG
で、これがHAMADARAKAの作品、デカイ! いつも二人で一枚の絵を描くんだそうで、やはり双子だとそういうことが出来るのかなぁ。これには根本さんも興味津々でした。


CA390772.JPG
その根本さんは、ひとり作業部屋で次回レコジャケ展の作品制作、終電近くまで。


Casacu.jpeg
こちらは根本さんのプライベートブランド「家作-Casa-cue」のノベルティグッズ。家作でお買い物するともらえるらしいよ!


 最後にお知らせです。すでにアックスストア会員でメルマガご登録の皆様には先にお知らせ致しましたが、ふれあいエスプ塩竈に併設されている長井勝一漫画美術館主宰で10月4日より「ガロ」誕生から50年を記念して特別展が開催されます。期間中、10月11日(土)には、林静一、南伸坊、呉智英の各氏によるトークショーも開催。こちらは予約が要りますので、HPイベントコーナーをご覧下さい。

 で、本日の夕食は、煮浸し(小松菜+えのき+油揚げ)、ニラのお浸し(茗荷のせ)、揚げジャガイモ、シュウマイ、味噌汁(長ネギ、椎茸、豆腐)、以上でした。

 今年の十五夜は8日だそうで。それにつけても金の欲しさよ! 8日の美しい十五夜お月さんが涙で霞んで見えなくなりそうな気配だよ…。(手塚)
posted by 青林工藝舎 at 21:59| 日記